kaoriのコラム

Q&A よくある質問>>を更新しています。

 

オリンピックに全く興味が無い私ですが、入ったラーメン屋さんのTVで閉会式を知りました。

そんな私でも、羽生くんの演技は胸にくるものがありました。

SPIRIT OF JAPAN!!って感じ。

 

年齢も性別も違いますが、山口小夜子さんの再来を感じさせます。


さて

常々コラムにも書いているし、お客さまにもお伝えしているのですが

私は、エステティックというものの 価値 がわからない。

 

理由は お勉強も兼ねて散々、色々なサロンに行きましたが、

バキバキに固まった体、肉体疲労の私に

オイルで撫でられるようにマッサージされても、その時は良いのですが

体は表面の血流だけが良くなっているので、帰る時に凄くだるい。

カウンセリングも、ありきたりだし。




因みに、知らない技術者が多くてびっくりするのですが、西洋人と東洋人は骨格が違います。

西洋人は、骨格上 肩こりとかないので、優雅なトリートメントで良いのですが

東洋人は、狭い肩幅に、顔も肩幅に対して大きいので、肩こりなどといった症状が起きるのです。

私が行っているのは、完全に東洋人にむけたもの。

西洋の方がいらした時は、全く違うトリートメントを行っています。が それを東洋人に行うと

満足度はガタ落ちです。




 

上辺のエステやマッサージ後って、だるくないですか??ぼーっとなって。

肌はつやつやしてて良いんだけど、表面だけだから、二日後には戻っているし

なんせそんなトリートメントに、2万とかは、私には高すぎる。

 

だから私は、トレーニング派なのです。

トレーニングは、筋肉をダイレクトに緩めるし、腰痛予防にもなるからね!

 

というか、筋肉は美容に深い関わりがあります。

筋肉が通常より衰えている人は、美容以前に健康上まずいと思います。

 

ただ、トレーナー達は、女性ホルモンが如何に女性のパフォーマンスに影響を及ぼすか?

知らない人が多いので、あくまでもトレーニングは体づくりの場。

 

私は本当に神経質で、

触られることが好きじゃないので、美容師さんもトレーナーも、全部決まっています。

 

よく、ホットペッパーとかで美容室とかエステとかマッサージ屋さんを

点々としている人がいるそうですが、私的にはもう価値観が違いすぎて

その考えがわからない。

 

自分の決まったスペシャリストが居ない。というのは

それこそ、人生への意識が違うので、会話も噛み合わない。

 

私のエステティックトリートメントは、人体ヲタクのパイセンにやってほしいのですが、

パイセン 大阪に行っちまったしな。

 

 

なので、私は定期的にきちんとお越しくださっている会員様に

『いつもきちんと来ていただいて、本当に有難うございます。』とお伝えするのですが

 

お客さまは

『別に西田さんのために来てないから😂自分のために来てるからそんなに言われても!』

と仰るのです。笑 とてもありがたい事。

 

で、私は自分がエステティックのトリートメントの価値を、自分が経験したことがないため

わからないので

この日も、よりよいサロンワークのために、会員さまに伺っていたのです。

 

何で定期的に来てくださるのですか??

と。

(私のサロンは、90% 会員さまの声で成り立っています。)

 

そしたら

西田さんのトリートメントを受けて、こういう事か!とわかったことがある。

と、教えてくださったのです。

 

『変なこと言いますよ、でも誤解しないでくださいね!

ココのトリートメント後って、技術がぜんぜん違うのはもちろんなんで、体も相当変わるのですけど、、、

だからなのか、ホルモンの関係なのか、空間とかもあるのか

体が正常に戻るからか、、、したくなるんですよ。。。ランジェリーとかも、見直すようになる。』

 

 

いいなぁー!!なにそれーーー!!私も受けたいーー!!

もう私の魂の叫びです。

 

 

したくなる。

がわからない人は、相当

のアイディンティティが枯れていると思われる・・・・。

 

私 つい最近まで、事務関係が立て込んでて、感情を捨て切って理性で動いていました。

だから完全に男になってたから、終わったら・・・

と思っていたのに・・・・・・・

全くそんな氣が湧かない・・・・・

 

 

完全に ホルモンが興奮モードに・・・・・。

 

話を戻して。

これを聞いて、思い出した💡

そう言えば 先月お越しくださった新規さま。

 

いらした時は、ちょっと男勝り感というか、

ガサツな感じというか、男と張り合ってる感があったのです。

まだ40代なのに、女を謳歌していないというか、性が目覚めていないというか。

 

でも次にいらしたときとか、シフォン系のパステルカラーをお召になっていて

表情も、メールなんかも、なんか女性らしいのです。。。

(メールだけでも、その人の状態がわかりますよね。波動だから。)

 

なんか有りました?

と、伺うと、特別何かあったわけでもないし、

特に変わったことはありませんが、以前よりとっても幸せです!

と、一言。。。。

 

脳?腸?

人体って一体何なのでしょう???

本当に不思議です。

 




今度人体の不思議展が上野で開催されますね!

専門家達は、要チェック!!




 

 

そのお客さまは おそらく、今まで自分を大事にすることを怠っていたため、

毛羽立っていた心が、

自分に意識を向けられる時間を持たれた事で、心が滑らかになられたのだと感じます。

 

肌に触れる接客っていうのは、上辺の接客じゃないため、

全部わかってしまいますからねぇ・・・。

 

私、昔から綺麗な女性の言うことだったら何でも聴いていました。

今でもこの基準は変わっていません。

 

洗練された自己プロデュースをされている方って、内面も洗練されていますが

綺麗にしているつもりでも、磨かれていないと言うかなんというか、垢抜けない人は

やっぱり内面も垢抜けない。(人との距離感のとり方とかね。)

 

人は外見に全て出ますが

スッピンでも お綺麗な方はお綺麗です。

ですが、ちゃんとしているのに 何か違うなこの人。。。って言う人もいます。

正義を振る舞わす人とか、やっぱり見た目も野暮ったい。自分への余裕がないからだと思うのですが。

怒っている人は、いつも正義を振りかざす人だなぁ。と。

 

着飾っているから良いとか悪いとかの話じゃなく、内面は外見に全て出る。

生き様を全てひっくるめて、美意識。と私は言っています。

 

これを書いてて、あるマダムのお話をご紹介したいな。

と思いました。

 

そのマダムは、以前の高級サロンのお客さまで、当時で48歳だったかなぁ。。。

だから今は58歳くらい。

 

身長も170cm以上あって、スタイルも良く

いつも明るく光り輝いていらっしゃいました。何より、涙が出るほど愛溢れる方で、優しかった。

 

私がマダムのシャネルのバックが綺麗で、

私もお金貯めて買おうかな!と言ったら

『若いうちから高級ブランドを身につけるのは、品がないから止めたほうがいいわよ❤』

と、教えて頂いた方。

 

私はその時に、上質とは何なのか?が 少しわかった気がします。

 

バツイチで、

再婚相手の旦那さんは、スタッフ三千人以上いる会社経営者。

銀座で飲食店とかされてたな。

フェラーリとマセラッティに乗られてて、私もマセラッティに乗せて頂いたことがあり

そこから高級車の素晴らしさや、美しさを知りました。

 

そこだけ見ると、もう羨むところしかないのですが

実は、一回目の離婚後は、相当きつかったらしいのです。

 

まず、昼は家庭教師、夜はレストランで掛け持ちでアルバイト。

夜は店の人に、セクハラまがいのことを言われていたらしい。

 

お金がなくて、お金落ちてないかなぁ、、と 下を向きながら歩いていたり

スーパーで、古くなって安くなった野菜を省きながら

上手く調理していたと。(料理の腕は最高でした)

 

マダム『でも、ここ(当時の高級サロン)だけの投資は続けた。』

私『えっ?!何でですか?!?!?!』

マダム『だってこれって、自己投資じゃない?』

私『普通の人は、まず美容から削りますよ。なくても生きていけますし。』

マダム『私はそういう女になりたくなかったからね❤だからお金はなかったけど、私は夢は持ってたわよ(^o^)

だから毎日、私は夢を見ていきていたわ!』


 

美しい人は、強さが違う。

 

私がこのお話を聴いたのは24歳のとき。

今も胸に突き刺さっているのです。

 

旦那さんは、マダムにベタ惚れでしたが結婚の経緯も素敵でした。

 

そんな感じで、辛い時でも夢を持って明るく綺麗に生きていらっしゃったマダム。

 

誤解しないでほしいのは、若さに執着など全くされていませんし年相応の品のある美しさでしたし

自己対話を とてもされていました。

 

あるビジネスセミナーで横になった人が、旦那さんになる人でした。

 

旦那さんが奥さんに一目惚れして、お茶に誘い、そこから逢瀬を重ねて

マダムのお誕生日に、大きいケーキに指輪を隠してサプライズでプロポーズ。

マダムは泣いてしまったそうです。。゚(゚´Д`゚)゚。🌟🌟

 

因みにそのケーキは、居合わせた周りのお客さまに配られたそう。

 

なんだそれ!って感じでしょう?!

 

ご自宅に招いて頂いたこともあるのですが、

夫婦というより、恋人みたいなお二人でした。

旦那さんも、コロンとかつけて、レディーファーストで、いつもスマートでした。

 

でも私の周りのご夫婦って皆そうで、こういう話はよく聞くのです。

 

僕は生まれ変わっても、また妻にプロポーズする。とか

妻以上に凄い人はいない。とか

普通に言う男性陣ばかり。

 

逆に奥さんを卑下する男の人とは、何故か 私は縁が続かないのです。

その逆もしかり。(旦那さんを悪く言う女性とは、縁が続かない。)

 

もちろん、そんな旦那さんの奥様は、やっぱり魅力的。

そしてやっぱり美しい!

 

そんなふうに、大事にされる奥様の共通点は

自分を大事にされている。

ことです。

 

 

最後に

マダムに教えて頂いたことをシェアします。

 

私『マダムは何故、旦那さんにこんなにも愛されるのでしょうか?』

マダム『そうね。。先ず、素直なこと。私は私が大好きだから。

そして次にお料理だと思う。彼は鮨と天ぷら以外は私の料理が美味しいからって、まっすぐ帰ってくるからね。』


 

 

24歳の小娘に、この意味はわかりませんでしたが

今になって、これがどういうことなのか???

 

若くしてこういう話を聞けていたことが、私の人生恵まれているなぁ。。としみじみ思います。

 

 

 

・初めての方へ>>

・エステティックメニュー>>

・エステティシャン養成講座>>