kaoriのコラム

 

最近、新しい学びを始めたのですが

それが愉しくて、仕事のモチベーションがギュインギュイン上がっています🔝

 

今って頑張らなくても生きていける時代じゃないですか。

 

でも、

私は頑張る人が好きだし

頑張る人のためのエステティックサロンで在りたいと思っています。

 

頑張るの言葉の定義も今は色々ですが。。。

私の思う頑張るは、挑戦、向上心、成長とか、そういう意味を持ち

歯を食いしばってとか、悔しさをバネにとか、苦労が良いとか、そう言う根性論ではないです。

 

 

 

 

今行っている研修でも、ビジネスの中心都市

シリコンバレーからいらした講師(男性)が、色々気にかけてくださって

眼から鱗のたくさんアドバイスをくださるのですが、

ある日  こういう会話がありました。

 

「香織さんのサロンに行ったら、肌が綺麗になるとかで

お客さんはいらしているんですよね?」

 

私「肌が綺麗。。。。うーん、、、多分、私のサロンにいらしてくださっている方々は、

それだけが目的では無いです。肌だけ綺麗にするのは私じゃないくても出来ますから。。

よくお客様が仰ってくださるのは、

仕事を頑張るためとか、子供のためにいつも笑顔で居たいから、とか、

人生をより良く生きたいから。。と仰ってくださいます。」

 

講師「それってかなり崇高な目的ですね😳!普通のエステではあんまり聞かないけど、

相当お客さんの層が良いでしょ?」

 

私「普通のエステがそもそも普通じゃないのですが

私のサロンのお客様の層は、正直日本一じゃないですかね🤔。

地位とか肩書き関係なく、人間として向上心のある素敵な方ばかりですねぇ。。

むしろ、地位や肩書きをかざす人って、すごい面倒くさいから、私は予約を取らないです。

中途半端な有名人とか。」

 

 

講師「香織さんは最初エステに行った目的って、肌が綺麗になる目的とかで行ったんでしょ?」

 

私「・・・・・せんせー、、実は私、

エステの世界に入ったきっかけって、生活していくためだったんですよ笑。」

 

講師「正直で良いっ!!ちょっと香織さんには一般的な例え話が当てはまらないから

例題を変えますっ!」

 

みたいな会話でした。

一般的な例え話が当てはまらないってー笑。

 

こちらの先生も、以前

富裕層だけをターゲットにしたエステのコンサルをしていたそうですが

手を引いたそうです。

 

 

また、別の授業の先生も(お名前を出せないのが残念ですが😭)

エステのコンサルを頼まれたそうですが、やらなかったそう。

 

どんな内容のものだったか?と伺うと

それこそ、技術はそこそこで、ラグジュアリーな空間で

女王様扱いをしてくれるものとか

 

特殊機械で顔が一瞬で上がるとか。。。

 

 

まぁ、時代遅れの昔のエステですね。

そんなの、一回経験できれば

あとは別に無くても良いですしね。

 

 

 

私は

富裕層こそ、お客様にするには危険な層だと思い、今の形態にしています。

 

社会情勢に1番影響を受けるのが、そこの層ですから。

(富裕層だけ、、、と言っても日本でいう富裕層ってなんかミーハーですよね。

本当の富裕層って、世に出て来ませんし

実業家、投資家、資産家でもそれぞれ状況は違いますからねぇ🤔)

 

 

というか、本当の富裕層はそれぞれお抱えがいます。

 

 

富裕層と私では

生活が違うから、ご本人の気持ちを汲み取れないのが私の1番ストレスになりますし

技術だけ提供出来れば良いのだったら、

私は辞めています。

 

 

お客様と生活観が近く、その上で3歩先を行く発想力が重要だと

私は社会と密接な繋がりを持つエステティシャンには

とても大切な事だと思うのです。

 

 

今は起業する人は凄いと言われている風潮がありますが。。。

 

 

2020年には

6人に1人が個人事業主になっているというデーターもあるそうですが…。

 

日本の貧困は進むんだろうなぁ。。と思わされますね。

 

もちろん会社にぶら下がった人間は、もう切られて行きますが

 

日本を支えているのは、8割のサラリーマンなんです。

 

私のサロンのお客様も、6割の方がサラリーマン。

でも、皆さん休み返上や、遅くまで一生懸命働いていらっしゃいます。

 

でも、忙しい中でもご自身のメンテナンスでサロンにお越しくださることで

体が緩むことで、張り詰めた心が緩み

あのまま進んでたら取り返しのつかないミスなっていたけど、その大きなミスを防げたとか

 

営業成績が上がった。とか

自分軸に戻ったとか

自分に余裕が出てきたから、パートナーにも優しく出来て、より仲が深まった。とか

 

 

身体をきっかけに、

お客様の人生を幸せに好転していく きっかけの場となるのが

本来のエステティックの役割だと思うのですが

 

まだまだ

エステ=物売り

というイメージが根強いです。

 

生きていくためには必要ではないけれど

より良く生きていくために必要なものが、エステティック。

 

つまり より良く生きることに対して向上心がある人が行く場所が

エステティックという場所なのです。

 

少なくとも私のサロンは、そこを追っています。

 

なのでこれから、そういう想いの新しいエステティックカルチャーを、創っていこうと

只今 色々計画中です✍️😄

 

 

『この人、お客にこういうこと言うんだ。』とエステティックや美容の概念が覆された日。~お客さまの声>>

ホルモンの乱れからの不調を改善したお客様の声>>

お客さまの声②~【この一年間で自分のことを好きになりました。】>>

 

🔔現在の新規さま受付メニューはこちらをご参照ください>>