kaoriのコラム

マヤンカレンダー(マヤ暦ではありません。)で新年だった7月26日に

7周年目の方向性が、バシーー!と決まりました。

 

未病とか、不調を改善するとか、正直もう飽きた。

だって運動すればすぐ良くなるし。

 

健康の基盤でもある運動を、五体満足なのに

面倒くさがってしたがらず、楽してどうにかしたいと思っている人のトリートメントなんて、もうしたくないし。

※リハビリなどは別です。今後もやらせて頂きます。

 

私が本当にやりたいのは エステティック=美学・審美・耽美 なのですから

今後は エステティックの王道 を行きます。

 

 

・・・って書くと

日本ではエステティックの王道=痩身・小顔・脱毛 ってことになるのでしょうか??

 

もう何億回も書いているので、書く必要は無いと思いますが・・・・・・違います。

 

もう一度書きますが、

エステティック=美学・審美・耽美 という意味を持ちます。

 

また、フランスではエステティシャンと医師は同じ地位を持ちますが

日本では、全くそういう認識が無いので、そういう意識を持って学んでいるエステティシャンは、

本当に少ないのだと思います。

 

7周年目のテーマは

身体創りに 自分の美学を持つ。
です。
以下、リニューアルした理念を抜粋です。
※HPの更新は、私がずーーっとひらめきがこなかったので止まっていましたが、これから急ピッチで、リニューアルしていきます^^
 

 
エステティックという言葉は美学・審美・耽美という意味を持ち、
本来は学問の分野に入るもの。ですが今の日本のエステというものは、果たして学問と言われるに値するものなのでしょうか??

アンチエイジングという、年齢を重ねる事を否定するかのような浅はかな価値観や

未だに、敷居が高い。


お金持ちの奥さんが行く場所・・・・・・と思われているかと思えば

消費者センターへのクレームが多かったり。。。。

私は15年この業界におりますが、
日本のエステというもののレベルの低さは、自分が一番痛感していると思います。

 

また、私は高校時代から、皆同じが良い。という日本の未熟な風潮に甚だ疑問を抱いており

モテ・男ウケ・若く見える! 

と言った 他人軸で自分を磨こうとしている日本女性の精神の未熟さを、

一人の日本人として、とても恥ずかしく思っています。

若さは皆に平等に与えられたものであり、美しさではありません。

私には

成熟によって磨かれてきた、個性こそが 最も美しいのだ。という美学があります。

 

最近では、今の年齢を愉しめるようになってきましたが

30歳くらいまでは

若さ=未熟 という価値観の元、若さが一番のコンプレックスだ!という想いで生きていました。
FullSizeRender (55)
モテたくて、人に褒めて欲しくて。。
という他人軸で創られた身体は見る人が見れば、美学も意志も宿らない、マネキンと同じ物体なのです。
 

 

 

しかし、アスリートやダンサー・肉体労働の方々のように、

勝つため・自分を律するため・自分を表現するため

一つの事を継続してきた。といった生活の中で創られた自分軸の美学が宿る身体

本当に美しく、芸術の域だと思います。

 

 

 

そして現代は

全てがボーダレス化し、ジェンダーもフリーの時代。

ジェンダーフリーの時代になるということは、どういうことなのか??

これからは

自立と個性・・・・つまり 自分を持つ ということが

益々必要になるということだと、私は思っています。

 

 

他人軸で自分磨きをしている人で、幸せだったらそのままで良いと思います。

ですが

そろそろ辛くなってきた、

自分を見失ってきた、

いつまでたっても自信が持てない。

などど言うような人は、そろそろ自分軸を持つ時期なのかもしれません。

 

 

 

また

日本は、健康と美容を切り離して語られる傾向がありますが

美容というものは、健康の最も崇高なものであり、健康無くして、本来の美容はありえません。

 

健全な魂は、健全な肉体に宿る。という諺が示す通り

心と体が重なれば、自然治癒力は自然とUPしていくものなのです

現代は、他人軸で生きている人が多いため、心と体が分離している人が後を絶ちません。

 

心と体が分離している女性には、解剖学の技術で、癒着して硬くなった筋膜・筋肉をしっかり戻し、

まずは肉体から元気に。

その後、

東洋医学や心理学に基づいて身体を見ていき、その人に合った生活習慣をご提案致します。

体が元気になることで、心も引っ張られて元気になっていく。ということは、

15年の現場経験から、お客さまに教えて頂き、確信を持って言えることです。

securedownload そして

肉体が元気になって、心も元気に戻ると、余裕が出てきますから

人様のお役に立たせて頂きたい。 と自然と思えるように 人間は出来ているのです。

 

これが本当の 利他の精神なのだと 私は思います。

サロンの信条

今日よりも明日が、1ヵ月後が、半年後が、1年後・・・10年後のご自身が

より しなやかに強く、美しくあるように。

 

Salon KAORIはそういう想いでお客さまと向き合ってきました。

 

 

7年目は、今までどおり

きちんと目に見えて、お客さま自身が 変わった、改善した!!と実感して頂くエビデンスの取れた技術、

技術と同じくらい重要な、パーソナルに合わせた生活習慣のカウンセリングを進化させ

ワンランク上の芯のある美をご提案出来るよう易学も取り入れ、お客さまの持って生まれた資質を生かしながら、

ご自身が心からご納得出来る自分 で在れるよう

その方だけにしかない 美 を引き出し、美学にまで磨いていくお手伝いをさせて頂きます。

 

 

私のメンターは、お客さまです。

7年目も、どうかご指導・ご鞭撻のほどを宜しくお願い申し上げます。