kaoriのコラム

 

 

 

月曜日・火曜日の予約のご希望がとても多かったので

4月より、

営業日:月・火・水・土・日

定休日:木・金

に変更になります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

また

ご予約や、コラムも、スマホで簡単に出来るようにしました。

左上のお花で囲んでいる三本線をタッチすると

FullSizeRender (74)
 

 

下記のように項目が出ます。※HOMEはまだ出来ていないです。

ご予約は、Contact お問い合わせ をタッチして頂くと、いつものご予約ページに飛びます。↓

FullSizeRender (71)
 

今までどおり、ご希望の日時を選択されたら、時間帯をお選びください。

枠も11:00~19:00に変更してもらったので、今までのように面倒なことはありません。^^

IMG_0083
 

 

コラムは、私の考え に移動しました。

FullSizeRender (72)
FullSizeRender (73)
私の考え をタッチすると、上記のように探したい記事をすぐに探せるようになっています。

Lead More From~をタッチして頂くと

IMG_0082
こうやってズラリと出てきますので、今まで以上に ピン!とくる記事がすぐにお読み頂けるようになりました。

ばんざーーーーい!!

 

hqdefault
さて本日は

若年性更年期障害で学んだ、女性ホルモンバランスを整える3つの方法。

 

①性器(ヴァギナ)との対話

②皮膚との対話

③自分のジェンダーアイディンティティの確立

 

その① 性器(ヴァギナ)との対話です。

さすがにタイトルにこの単語は入れれなかった。。。。。Googleに変なサイトだと思われる可能性があるからね。

 

この記事を読み進める前に、必ずここを読んでください。>>←クリック

 

 

 

 

読んでからじゃないと、時間の無駄になりますよ。

accheon
 

 

では参ります。

 

私の仕事は、体に関することなので、延長線として性のことは必ず通ります。

おかしいでしょう、体・恋愛・SEXを切り離して考えるなんて。

逆に不自然です。

 

ですが外部の人の大抵は

『西田さん、下ネタ多いよね。』です。

こういう人には

本当にセンスが無い、未熟な人だな。絶対SEXもつまんない人だな。と心の中で舌打ちします。笑

 

お客さまでも

パートナーとのフィジカルコミュニケーションや、体の愛称のこと

オーガズムに関してオープンに相談をされる方には、感覚だけではなく、きちんと体の仕組みからお伝えします。

ここに書くと色々な誤解を生むようなことがあるので詳細は書きませんが。

 

そしてお勧めの本として

41XvM-lPnXL._SX298_BO1,204,203,200_
を、ご紹介します。

これは、SEXの手引き本ではなく、自分の体や自分の心を知り、

パートナーとの愛を深めるための考え方が説かれた、全うな本です。

著者の自己満で終わっているような、自己啓発本やスピリチュアル本読むより100万倍ためになる。

ご購入はこちらから。>>

 

恭子さんが『ヴァギナは神が創ったとしか思えない芸術』と、一期一句同じではありませんが

こう仰っていて、最初は吹き出したんですが、

でもよく考えて、研究すると、そうとしか思えないんですよね。

 

恭子さんの発言は、考えが浅い人間には 宇宙人のように捉えられるようですが

この人は、ものすごーーく物事を深く掘り下げて、一つの哲学にまでしてしまう方なので

浅はかな人間には、恭子さんの言葉の真意は一生わからないと思います。

 

ここに、ヴァギナの鍛え方(?)も書いてあります。

結局は筋肉ですからね、鍛えれば発達していくんですよ。

 

オーガズムも、

自分の膣内をコントロール出来るようになれば、迎えることが出来ます。

股が緩い女は、オーガズムしにくいよね、膣も緩いから。

 

因みに、股が緩い女は、口もポカーンと開いて、顔に締りが無いです。

これは、精神面がどうというよりも、まずは姿勢が悪いから。姿勢に精神面は出るけど。。。

 

姿勢の大切さはここに書いています>>が、こういう所にも出るんですよ。

 

私、電車で股広げて座ってる女見ると、不快になるから席移動するもんな。

しかも隣に彼氏らしい男が居ようもんなら、この男は緩いので満足しているのか・・・・・とか妄想がとまらなくなるというのもある。

 

股開いてだらしなく座るくらいなら、立って内腿と骨盤底筋群や腸腰筋を鍛えればいいのにな。。。。と

ものすごい余計なお世話だけど。

Pelvic-Floor
下から見た骨盤底筋群↑

一番下の穴が、おしょう水するところ

真ん中が、ヴァギナ

上が、お尻の穴

です。

ココが緩むと、足も緩むし、子宮脱とか尿漏れを起こしやすくなります。

今 20代で多いんだってね。

 

今日は これらの筋肉の重要性ではなく、

 

ここまで読んで、ちょっと胸がつかえたり、恥ずかしくなってしまった方に

ヴァギナは自分の一部なんだ、ということを伝えたいのです。

 

こういう話をすると眉を潜める大人に限って、子供はたくさん産めとか

ちぐはぐな事言うんだよな。

 

日本は上記の馬鹿な大人の教育のせいで ここを汚い部分 として教えられた人が多いと思うので

アンダーヘアーや、ヴァギナのお手入れも、先進国にしては遅すぎますが

ここ数年でやっと公になってきました。

(発展途上国にも、デリケートウォッシュがコンビニに並んでるんだってよ。)

 

しかし

正しいお手入れをしている人は、まだまだ少ない。

 

そして何故、自分の一部なのに 汚い部分 なのでしょうか?

自分のジェンダーを司る、もっとも重要な部分なのに。

 

自分の一部を否定している時点で、自分を丸ごと受け入れていない状態ですから

受け入れていきたい。 と思うのであれば、先を読んで頂けたらと思います。

 

まず、デリケートゾーンのソープはたくさん出回っていますが

 

デリケートゾーン専用ソープを使えば安心

 

と、盲目になり、

ただ単に毎日の作業として、ちゃっちゃっと洗う人が多いと思います。

 

 

女性の場合、疲れたり、生理前だったり、体調を悪くすると、必ずヴァギナから臭いが出ます。

これは体調の変化を教えてくれているのですが、

 

ここでいつもと同じように洗うのが正解だと思いますか??

お顔の皮膚が、炎症起こしていても、同じことをしますか????

 

 

多分、しない。ですよね。

 

炎症を起こしていたり、乾燥がひどい場合は、スキンケアを変えるはずです。

 

それを何故、顔よりも繊細で柔らかく、それなのに老廃物を出して、体の健康を保ってくれる部位の

デリケートゾーンソープは、毎日同じケアなのでしょうか???

 

トイレで用を足した後、ティッシュだけだと、現代の女性は後述する理由で臭いがでるし、とても不衛生。

臭いの元は雑菌なのです。

しかも、アンダーヘアーを処理している人は、もっと繊細にならないと、肌へのダメージが。。。。。

IMG_0074
もはやこれは エチケットだと、私は思います。

デリケートゾーンが綺麗になると、気持ちもスッキリしますよ。

薬局でも手軽に買えるようになりましたし、ネットでも購入できる>>ので、

色々使って自分に合うのを見つけてください。

昔に書いた、アンダーヘアーのお手入れに関する記事>>

 

余談ですが あるSMの女王さまが

『女王は、無味無臭が鉄則!だから肉は殆ど食べない!!』

って言っていて、そのプロ意識に感動さえしました。

この方。>> 世界を股にかけて活躍されています。私はポリシーとか哲学とが好きです。

 

話がずれましたが、食事って ヴァギナの臭いに直結します。

男友達数名にに聞いたら、全員一致で 臭う女は食事が雑 って言っていましたよ。

 

食事が雑って、=生きる事が雑 って言われているみたいできっついわぁ・・・・・・。

 

また、体内の加齢が進んでいても、臭いが強くなります。

これは実年齢関係ありません。

20代でも臭う人は臭うし、女王さまのように生活習慣に気を配っていれば40過ぎようが無臭。

 

そして体内の加齢は、生活習慣もありますが ストレス が大きく関わってきます。

 

何故ならヴァギナは、第一チャクラ。。。。。。の場所

 

そうです!!!

ここで書いた>> 副腎の場所でもあるのです!!!!

353433_5
だいたい昔はデリケートウォッシュとか、膣トレとかなくても良かったんですよ。

何故こうなったのか??

 

昔の人

布ナプキンだったために、生理のときに膣を緩めると、漏れるから

普段から膣を締めて、トイレに行ったときに緩めて出していた。

食事も日本人に合った食事で、粗食だった。

物がない時代だったが、心が豊かだったため、ストレスにとても強かった。(どちらかというと忍耐かもね。。。)

 

 

今の人

ナプキンあるから大丈夫~♪で生理中でも膣は緩みっぱなし。

しかもナプキンの成分が駄目とかで、最近では布ナプキンにお金を出して買う時代に。

食事も欧米化し、変な病気も増えたけど、病院に行けば薬や治療で不健康に長生き出来る時代に。

便利な世の中になり、恵まれていることが当たり前になった世代は、忍耐なんて死語同然で

ストレスに本当に弱くなってしまいました。

 

どっちが幸せなんでしょうね。

 

 

あんまり年齢で分けたくないけど

やっぱり20代はストレスにかなり弱い人が多い。

 

もちろん、この年代でもストレスに強い人はいっぱいいますが。

ストレスに強い、というよりも、ストレスを楽しめる考え方を持っている人は、強いです。

 

ゆとり世代とか、関係ない。

 

ゆとり世代でも、しっかりしている人は本当にしっかりしているし

現に私にも、お客さまでもあり、プライベートでも相談を聞いてくれる姉のような女性は

今日で26歳か27歳になる、もろゆとり世代。

でもその辺の大人より、聡明でストレスを楽しむ力を身につけている。

 

こういう人は、やっぱり人生において自分はどう生きたいか?

を明確にして、ちゃんと計画を立てて、行動してる。

あと、人のせいにしない。

 

歳じゃないんだよな! とこの女性と話すといつもシミジミ思います。

 

話は布ナプキンに戻りますが

私は 布ナプキン は使っていません。

 

布ナプキンは、

・冷え改善

・デリケートゾーンのムレや痒みの軽減

・子宮に優しい故に 生理痛の軽減

 

など、メリットしかないことはもちろん知っていますし

市販のナプキンは、臭いやかぶれ、くすみの元になることも承知しています。

 

 

でも!!!!!

605f074bff8d200e25e3713874bf24ef_400x400
 

あれを手で洗うとか、ありえない!!!

老廃物だぜ???

いくら自分から出たものだと言っても、う○こを洗面所やお風呂で手で洗うようなものでしょう???

手もそうだけど、洗面所やお風呂に不衛生だし、絶対無理!!!

img_0 (1)
 

っていう話を、布ナプキン最高!!!と仰るお客さまに話したら

『そしたら綿100%やシルクの布を、ナプキン形に切って、ナプキンの上に敷いて

トイレ毎に捨てて変えればいいですよ~♥』

 

と優しく教えてくださった。

やっぱりモテル女はこんな対応にも優しくてしなやかだなぁ~!!とその方の対応に感動したな。

16cQv-Ev
 

それからは、そのお客さまのアドバイス通りにしていますが

骨盤底筋群の強化のため、ナプキンは敷かず、布のみにしています。

バレエのお稽古で、骨盤底筋群を始め、この周りの筋肉をがっつり鍛えるから、出来るんですよ。

 

私の中で布ナプキンにお金出すって、自分の中でしっくりこないので、

少々手間はかかりますが、綿やシルクを切って常備しているのですが

その綿は、夢二の着物柄の綿100%の布。もうトイレに入るたびに、うっとり・・・・笑

こういうところでも購入できるみたい>>

ibe-yumeji-kanban
 

因みに、バレエをやっている女の子の体は忘れられない。。。。って男性はとても多いです。

やっぱり、使う筋肉が普通の人と違うからでしょうね。

 

では最後にまとめます。

・ヴァギナは自分の一部であり、生活習慣の良し悪しが臭いとして反映される場所。

・顔よりも柔らかで繊細で、なのに雑菌が一番繁殖しやすいか弱い場所

・第一チャクラの場所

・副腎(ストレスと関係する)と繋がっている→詳細はこちらをご参照ください>>

・経皮吸収を一番する場所。(次が頭皮)

 

最初は躊躇するかもしれませんが、白鳥麗子のように鏡でしっかり見ることを繰り返していくと

本当に健気で愛しくなってきますよ。

 

私は若年性更年期の頃、ここへの意識は全くなかったので

とっても粗雑に扱っていました。

 

だけど、綺麗にしよう! と自分でWAXでお手入れやパックをしていくうちに

嘘だと思うかもしれませんが、生命力が湧いてくるんですよ。

 

私はここで、本当にチャクラってあるんだな! 

と目に見えないチャクラのエネルギーを知ったのです。

08311555_50405fd7ad2aa
画像はこちらのサイトよりお借りしました。>>

 

 

目に見えるものしか信じない人間なんて、私は傲慢で視野が狭い、無知な人間です。と言ってるようなもの。

人間は、エネルギーで出来ているということは、スピリチュアルではなく

物理や科学でも もうすでに言われていることなんですから。

しかも最初に言い出したの、アインシュタインですからね。

 

 

デリケートゾーンが綺麗になると、デカパンとか履きたくないし、

ちょっとセクシーなレースのパンティなんか履いてみたくなるんですよ。

履いたら、アンダーヘアーがないから、レースのパンティとかが本当に映えるんです。

それを鏡で見たりして、見えない部分にも手間をかけている自分に満足感を感じてくるはずです。

image
そういう気持ちが湧いてきたら、回復に向かっている証。

あと少しだから、諦めずに、自分が高揚することをドンドン自分に与えていきましょう。

 

もちろん、取り掛かるまではおっくうです。

でももう、そこで感情入れてぐだぐだやってても、何も変わらないのはわかっていたので

面倒くさいと思う一歩前に、WAXを塗っちゃうんです。

そしたら、やらざるを得ないでしょう??(今はもうレーザーで処理してしまいました。)

 

それでもやる気が湧かないという方は、

一旦 落ちるところまで落ちてしまいましょう。

 

これは見放している訳ではなく、落ち方が中途半端だから悩むのです。

 

底まで落ちたら、悩むとかいう贅沢な選択肢はなくやるしかないから

そこまで自分を休ませてあげましょう。

 

中途半端に落ちて、中途半端に取り掛かっても

長期戦になるし、周りにも中途半端に迷惑かけて、誰も幸せにならないからね!

 

 

====

♥人気記事:心と体を繋げる基本は、自分の女性ホルモン周期を知り尽くすこと。~女性は一ヶ月で、性格が4回変わるというのは本当か??2016年3月24日>>

====

女性ホルモン・更年期・更年期障害 記事まとめ①=2016.3.1~3.21>>

====

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>