kaoriのコラム

 

生理前とか、病明けとか、日焼け後とか疲れているときに効果的面の、生のビタミンC美容液。

私これ、最高に好きなんです。

FullSizeRender (69)
 

毎日使う基礎化粧品こそ素晴らしいエラバシェですが

最近のエラバシェは、ブラックラインばかりに力を入れて、完全に素人向けの化粧品ブランドに成り下がった。

 

だから、使うの止めようと思って、違うブランドを探していたのですが

4月から一新する基礎化粧品がやはりとても良かったので、また継続することにしました。

 

プロ専用の化粧品なんだから、日本のメーカー側には日本の素人文化に合わせた売り方じゃなくて、

毎日のケアがとっても重要なんだという、マダムエラバシェのポリシーを貫いてほしいよね。

今の日本のエラバシェの宣伝は、素人寄りで、堂々と使ってるって恥ずかしくて言えないもんな~。

 

FullSizeRender (63)
 

さて今日は前回の続きです。→ジェンダーアイディンティティの確立が脳と体を繋げる。

~その①副腎ホルモンが枯渇状態になると免疫系・神経系・ホルモン系に異変が出る。>>

ここで書いた、ボディ・マインド・スピリット のマインドって何ですか?

と質問を受けました。

 

マインド=価値観です。

 

ボディ・マインドが スピリットに重なったときに、眩しいくらいに輝いた自分になりますよ。

IMG_6673
 

 

今日は、私が若年性更年期障害になったときに、身をもって学んだ効果的な美容法をご紹介します。

女性ホルモン・更年期・更年期障害 記事まとめ①=2016.3.1~3.21>>も合わせてお読みください。

 

・恋愛が億劫

・性に対する拒否感が強い(低俗な性ものは、完全に幼稚すぎてう○こ以下なので、芸術性の高い官能ものです。)

・自分のお股をしっかり見れない。(恥ずかしいもの、汚いものと思ってしまう)

・おっぱいに、元気がない。

・日常を雑に過ごしている。

・男と張り合う

・花や植物を見ても何も思わない→これ、重症。

 

など、上記に当てはまるものがある方向けです。

 

 

 

私が女性ホルモンバランスを崩し、若年性更年期障害になったころは、

完全に女としての自分が嫌で、男だったらどれだけ楽だっただろうと、毎日毎日思っていました。

 

男を完全に論破して、男に勝つ女がカッコイイと思っていましたし、

とにかく中途半端な女たちが大嫌いでした。

完全にやばい。笑

 

毎日毎日 自分の性を否定=自己否定 している訳ですから、前回の記事>>に書いていますように

過度なストレスで私の場合は生理不順 として表面化されました。

ちなみに 周りの人=自分 ですから周りを否定してばかりの人も、自己否定していることと同じです。

12214255_1050405068339024_580529798_o
ストレスによる不調は、人によって自律神経に出たり、免疫低下でアトピーやアレルギーとして表面化しますが

性 に関しての心のストレスは、体ではホルモン系に出るな。と今なお私は仮説を立てて検証しています。

 

私が若年性更年期障害になった最初の頃は、なんだか日に日に気力がなくなっていく感じがありました。

でも、このままじゃイケナイと、頭(理性)ばかりがうるさいので、

無理やり、学びに行ったり、本を読んだり、人に会ったりしていました。

 

本音は、

この負の連鎖から早く抜け出たい、誰かに何とかして欲しい。答えが欲しい。

と言ったところでしょうか。

 

その時は、美容の師でもある 小林照子先生にも思い切って相談しました。

先生は、女性ホルモンに特化された美容家なので。

 

先生から頂いたお返事は、

『自分が気持ち良い!と思うことをいっぱいして、自分を愛してあげてね♥』でした。

 

当時の私は頭だけで考えて生きていますから

こんな簡単なことじゃなくて

もっと具体的なやり方が欲しい。すぐに良くなる方法が欲しい。と思った記憶があります。

 

完全に他力本願でした。

 

美容にも健康にも自己啓発でも、商売でも

何にでも言えることですが

 

凡人は、簡単で単純なことを継続することを軽視し、特効薬ばかりを捜し求めます。

 

でも、そんなものは無いと、断言します。

急な治癒は、急な悪化を招きます。

鋭角に上がったものは、鋭角に下がるのがこの世の法則。

ここにわかりやすく書いてあります。>>

 

 

今は、照子先生が仰っている事が、一番的確だと身をもって確信しています。

 

だって、その人の気持ち良いとか、心地よさ、とか幸せ感といった感じるもの

その人にしかわからないから、他人がこれしろあーしろって、言うことじゃないんですよね。

それは、本人の成長の阻むもので、本当に思いやっていないと私は思うのです。

 

赤ちゃんが歩こうとして、転んだら可哀想だからと歩かせなかったり

自転車に乗る練習をしている子に、サドルに足をのせて、お腹に力を入れて・・・・とか頭でわからせようとしたりしているのと

全く一緒のことをしていることになるんです。

 

その人の 行動して感じて考える という、人生において最も大切な行為を奪っている。

しかも相手はいい大人なんですから、自分で出来ないって、ただ甘えてるだけでしょう。

FullSizeRender (70)
↑叶恭子さんも言ってるよ。

 

仮に他人に指示されたことを、やったとしても

本人が、自分の心と対話しながらのプロセスを味わうこと無く、

結果だけを求めていたら

いくら素晴らしいノウハウでも、効果を実感することは絶対にないのです。

 

なので、これからご提案していくことは、

私の経験から得た。知恵ですが、

知識だけで終わらせず

必ずご自分の知恵になるまで、行動して・感じて・考えて をしないと、全く効果は出ません。

 

知識だけで終わらせる人は、時間の無駄なので、見ないほうが良いです。

 

今日は前置きだけで長くなってしもーた。。。。。

次からは

 

①性器(ヴァギナ)との対話

②皮膚との対話

③自分のジェンダーアイディンティティの確立

 

の3つに分けてご紹介していきます。

 

====

♥人気記事:心と体を繋げる基本は、自分の女性ホルモン周期を知り尽くすこと。~女性は一ヶ月で、性格が4回変わるというのは本当か??2016年3月24日>>

====

女性ホルモン・更年期・更年期障害 記事まとめ①=2016.3.1~3.21>>

====

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>