kaoriのコラム

 

 

 

何故、自分はこの身体を選んで生まれてきたのだろう?

と、考えたことってありますか??

 

 

身体は、一生変えられないんですよ???

 

よく、我々は、この地球に来たくて生まれてきた。と言いますが

それは本当だと思います。

自分の意志で、生まれてきています。

 

その際に、地球のドレスコードである、この身体を、自分で選んでるんですよ?

 

私はボディとマインドは重なっていて=身体

人間は ボディ・マインド・スピリット で創られているというのが絶対的な哲学なのですが

それを基盤に考えるならば、

地球にくる前に、この身体を 本当の自分 が好きで選んでいるんですよね。

 

そんなことない。って言いたい方は、磨き方を間違えているか

不足ばかりにめを向ける心の貧困なのかもしれません。

 

スピリット=本当の自分

であり

本当の自分は、感謝しかない光の存在なので

感謝の度合いが増えれば増えるほど、オーラの輝きも増し、本当の自分に戻っていけます。

IMG_6673
どんな出来事にも、無理やりの感謝ではなく

湧き上がる感謝を感じられるようになったら、それが本当の自分の姿(愛と光)。

 

不平不満・悲しみ・不安で支配されている間は

本当の自分ではなく、誰かから刷り込まれた価値観に洗脳された自分(=エゴ)なので

なんだか上手くいかないのです。

 

しかし、

その経験も、本当の自分が、本当の自分に戻るために、選んでいる過程。

と気づければ、感謝が湧いてくるし、そこから一瞬で人生は変わっていきます。

 

FullSizeRender (67)
春だけ限定 桜カラー。

 

私は、どこかの記事にも書いていますが

自分が高校生の頃に容姿で精神的に追い込まれたことを心の傷と思い込み(過去は単なる残像です)

 

20代までは、短足・脚が太い・鼻が低い・目が細い・歯並び良くない・足の指が短くてかっこ悪い・爪が短い

と、コンプレックスまみれで、

全身を鏡で見るなんて、とんでもなかったことですし

自分に自信がある人が苦手でした。20代の頃の写真は本当に無いんですよ。

ま、妬み・嫉み・僻み ですわ。

 

しかし今は、

首が長い・肌がもともと綺麗・髪が強い・おちょぼ口・アーモンドアイ

むちむち手(この職業だと最高)・ウエストが細い・おっぱいが綺麗。 など笑

自分の好きな所は、自然に言えますし

 

ぶっとい脚も、クラシックバレエと毎日のエクササイズで、引き締まって好きになってきましたし、

『そう言えば最近の私、自分の体で嫌いなところってないかも・・・・』と思うようになりました。

 

今成りたい顔は??

と聞かれても

・・・・・・・・特に居ないかなぁ。。。。というのが正直な感想です。

FullSizeRender (68)
↑襟元がめくれとる。。。※美容の人間が写真を修正するという行為はありえないと思っているので修正無しです。

 

HPのプロフィール写真もやっと変わったのですが自己紹介・理念>>

やってくれた人に『おー!私美人にあがっとるなぁ!!!サンキュー!』とメールしても

そこに関してだけは、不自然なほどの無視ですよ。笑

 

でも、

世界中の人から 美しい と言われても、自分自信が自分をブスだと思っているのと

世界中の人から ブス と言われても、自分自身が自分最高!!と認めてる人生では

 

どちらが幸せか???っていう話ですよね。

 

人それぞれの価値観がありますから、正解・間違いって無いですが

私はもちろん、後者。

 

だから、他人軸の美意識ではなく、

自分が自分を好きになれるよう、自分軸で自分を磨いているという自負はあります。

 

冒頭にも書きましたが

本当の自分は、この身体が大好きで、

身体

も選んでくれた自分のことが大好きなのですから。

 

だから一緒に居るんでしょう??両思いなんだから。

IMG_6613
わざわざ嫌いなものを選んで生まれてくるはずがない。

嫌い と思い込んでいるのは、誰かの暗示にかかっています、絶対に。

 

 

私の場合、鼻と足の指は、陽転思考で愛嬌にして、

歯は矯正するのですが。笑→歯は、健康状態を左右する、最も大切なところですからね。

 

色々言ってくる外野には

私は私です。という気迫で居れば、何も言わなくなるものです。

 

私は、自分と身近な人のアドバイスには耳を傾けますが

無責任な他人のアドバイスという名の おせっかいに耳は貸しません。

そういう人って、権威付けのために言ってくるからね。

 

ただし、これを通すには、自分が自分を見失っていないことが大前提。

自分軸がない人間がこれをやると、孤独になってしまいます。

 

他人軸で自分を磨いてきた人は、スワロフスキーの輝き

自分軸で自分を磨いてきた人は、ダイヤモンドの輝き

 

と私はいつも思っています。※スワロフスキー自体は大好きです。

 

自分らしく生きるって勇気と努力がいるんですよ。

その勇気が無い人は、悪いことは言わないから、ぶなしめじのように、皆と一緒でいたほうが安全。

yasai02_detail04_img
私の友人のフランス人男性が、日本の女子や美魔女たちをみて言った例えが ぶなしめじ。

皆 一緒で区別がつかない。という意味。

私、感心しちゃったもんなぁ・・・的確で。

(私の中で、高校生以上の女をあえて女子と呼ぶのには、女としての軽蔑の意味を含む。)

 

フランス在住の日本人デザイナーの方は、フランスの朝のCAFEの写真と共に

フランスのCAFEには色気がある、日本には無い。

 

と書かれていて、

 

海外経験もあるある著名人が コメント欄に

皆一緒で個性を許さない教育がそうさせた。と書かれていて いいね100くらい押したかった。

GnvA7
 

話がずれましたが、私が自分を好きになるきっかけとなったのは

やはり 28歳の頃の 若年性更年期障害 です。

 

このときは、不整出血と同時におっぱいに しこりもあったんです(幸い陽性)。

 

女性にしかない臓器に、何か異変がおきた人の共通点は

自分が 女 という性(ジェンダー)を粗雑に扱っている。ということ。

 

心と体が繋がっていないんです。

 

それに、自分の性を否定する→自己否定に繋がります。

しかも無意識の潜在意識に刷り込まれる。

潜在意識に、自分嫌い!と伝わると、どんどん自分が嫌いになるような出来事が起きてきます。

 

自分を否定するとどうなるか、覚えていますか??

絶対に病気になる。 でしたね。

 

これは感覚の話ではなく

 

人間は、ストレスに対抗するホルモンの分泌量(副腎のホルモン)が決まっていて※個人差あり

無限ではないのです。

 

だから毎日毎日自己否定を続けて、自分で自分を責め続けていたら

そりゃあものすんごいストレスですよ。

そんなのが続いたら、

副腎ホルモンが枯渇状態になって、体のバランスがおかしくなってくるに決まっています。

12214255_1050405068339024_580529798_o
そして副腎のチャクラは、

第一チャクラ・・・・・生命力・アイディンティティの部分で、色は赤です。

4615cf2e5a1278f926bdf0d5f0c61309
画像はスピラボさんよりお借りしました。生命力が低い現代人は、このページを参照したほうがいいと思います。>>

 

どうですーーー??!!!

私 当時この繋がりを知ったときに全身鳥肌が立ちました。

自分に当てはまりすぎていて。

353433_5
こんな可愛いもんじゃない、こっちだ。

img_0 (1)
 

自分が嫌いと言って、自分から逃げることは、現実から逃げていることになるんです。

解決策は、自分を好きになるしか道はないんです。

これしかないんです、本当に。

 

 

 

先日も書いた>>映画 リリーのすべて ではそれが顕著に学べると思います。

 

リリーのすべて では、

主人公が脳と体が一致せず、急に鼻血が出たり、腹痛が襲ったりと

心と体が分離して起こる症状の場面が何回かありました。

 

でも、心と体が重なったリリーは本当に美しく、強くなった。

 

映画だから。。。ではなく、これは実話ですし、

心と体が分離すると、本当にこういう奇妙な症状が出たりする場合もあるのです。

 

卵巣と脳の伝達が上手くいかないために起きる、更年期もその一種だと私は思っています。

何故 女性ホルモンは乱れるのか??>>

 

 

具体的なやり方は次回 ご紹介していきます。

16cQv-Ev
 

 

====

♥人気記事:心と体を繋げる基本は、自分の女性ホルモン周期を知り尽くすこと。~女性は一ヶ月で、性格が4回変わるというのは本当か??2016年3月24日>>

====

女性ホルモン・更年期・更年期障害 記事まとめ①=2016.3.1~3.21>>

====

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>