kaoriのコラム

 

 

前回の記事>>で書いたように、 映画 リリーのすべて を観てから

女という性に胡坐をかかず、磨いていこうと硬く決心した私。

 

でも。。。。

何かぼーっとする、疲れる、眠い。。。。今日も仕事の合間に2時間もお昼寝してもーた。

 

FullSizeRender (64)
あ!そう言えば 今日何日??

あーー!!黄体期かぁ~!じゃあしょうがないか。

少し力を抜いて、いつもと生活リズムを変えよう♪

 

というように、自分のホルモン周期を把握していたら

一々感情に振り回されることなく、冷静に対処していけます。

 

これは練習ですが

出来るようになると、生きるのがすごく楽になります。

hqdefault
 

以前 女性は男性と同じように働きすぎちゃいけない。という記事を書いて

多くの女性たちに共感を得たことがありましたが、

その言葉を、手を抜く、怠ける、と言った、都合の良いように捉える人もいらっしゃるようなので

私が言いたいのは、そうではないという事が伝わっていたら嬉しいです。

 

特に仕事において

怠けたり、手を抜いたりすると、自分を騙していることになるから、氣が淀み、運命が停滞するんですよ。

かと言って、完ぺき主義が良いと言っているわけではありません。

 

同じ人でもコンディションは毎日違うのですから

毎日自分の状態を確認し、

その日の自分に出来るベストを尽くす事が、とても大切なことだと私は思うのです。

 

そのためには、いつもいつもいつもいつもいつもいつもいつも言っていますが

自分を知ること。

 

例えば

何だか今日は、寝起きも悪いしあんまり気分が良くないな。という時、私の場合まずは

・基礎体温

・天気

・ホルモン周期

・朝一のおしょう水の色

・体臭

・むくみ

を確認してから、お風呂の温度や入り方、一日で優先するべき事を考えます。

月の満ち欠けも、時々チェックします。

 

黄体期に入った私は、とにかく自分を奮い立たせることは一切せず

とことん甘やかします。

 

例えば、

料理は一切しない。お味噌汁くらいは作りますが。。笑

最近は、お肉を食べたいとあまり思わなくなったのですが、やはりこの時期は、お肉が食べたくなります。(私の場合)

お肉とお寿司と天ぷらは、外食の方が美味しいと思うので、外食です。

 

FullSizeRender (65)
このお料理はこちらでご紹介しているお店の一つ、タストゥーさん>>

 

お掃除も、いつもは雑巾がけ→クイックルワイパーですが

クイックルワイパーだけ。笑

 

エクササイズも、ストレッチ系など、そういう小さいことです。

 

ただでさえ、いつもより気分がナーバスになっているのですから

いつも以上に自分優しく、自分がHAPPYだと感じることを与えることが大切だと

私は思っています。

 

 

月経期が辛いのは、月経前の一ヶ月の生活習慣が

良くなかった証拠ですし

 

そもそも、生理痛やPMSって、無いのが当たり前だと私は思っています。

PMSって、簡単に使いすぎですし

『私、PMSが酷くて。。。』とか言う人、私には『私、きちんとした生活を知りません。』と

言ってるのと同じに見えます。

 

現に私、産婦人科で生理痛が酷い人に多い子宮の形をしていると言われましたが

今、全く無いですよ。

産婦人科の医師からは『なんで?ストレス無いの?』って聞かれました。

多分 西洋医学の知識は素晴らしいのかもしれませんが、心と体の繋がりに関しては、知識が浅い医師だったんでしょうね。

 

それからそこには、行っていません。

 

 

ところで最近、生理周期が乱れても、気にしない人が増えているんですってね。

特に若い子。学校と、親の教育でしょ。そしてその親を育てた親の責任。

基礎体温を計らないって、女としてどうなの??

a7f8c835bdc829fd3b60ad4ad0fef2a1
そんな女として終わってる人に、私から言うことは ご自愛ください。だけかな笑。

 

ということで、

今日はきちんと自分のコンディションを毎日確認している方に向けての月経周期の記事です。

女性の体に理解が乏しい男性にも、見せてもいいかもしれませんね。

と言っても、3年前にブログに書いた記事を、2016年バージョンにした記事なのですが。

宜しければ、体調管理にご参照ください。

※アメブロはブログの景色が綺麗じゃないので、現在は稼働していません。

 

 

いつも言っておりますが、情報はあくまでも情報です。

大切なのは、自分の声無き体の声を聞き、自分を知ること。

その上で、こういう情報を上手く操作してください。

 

では

IMG_0047
 




 

=月経期=月経開始 約1~5日目 ストレスリカバリー

妊娠に備えて厚くなっていた子宮内膜が剥がれ落ち、体外に排出される時期。
体温が下がり、血流が滞りやすく、トラブルも起こりやすい時


 

♥この時期は・・・・・

排泄するため、心身ともに緩み、脳が思考停止気味になるため、眠気やだるさが出やすい時期。
ストレスに弱く、睡眠不足になりやすいのでリラックスを心がけて、睡眠の質を高める事が大切。


 

♥ビューティーアドバイス・・・・

血流が悪くなるため、顔色が冴えず、乾燥や吹き出物などのトラブルが起こりやすい時期。
心身ともに安定させて、顔色を明るくするケアを心がけましょう。
何事もやる気が低下する時期ですが、基本ケアだけは、やりましょう。


 

♥この時期のオススメ入浴法・・・

心身をしっかりとゆるめ、リラックスするために、ぬるめのお湯でゆっくりと体を温め
体の芯から温めましょう。


 

♥この時期に食べたいもの・・・・

●この時期は食べたいものを我慢して、ストレスを感じるよりも、自分へのご褒美だと思って食べたいものを食べましょう。

●血流や抗酸化を高める、ドライフルーツも良いと言われています。

●失われる鉄分を補うためにも、鉄分を含む食品(赤味の牛肉・レバー・ひじきなど)と同時に、

鉄分の吸収を高めるビタミンCを含む食品(ゴーヤ・ブロッコリー・小松菜・キウイなど)もしっかりと摂りましょう。




 

=卵胞期=月経開始 約6~12日目  エナジー
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まり、心も体も最も安定しやすい時期です。

 

この時期は・・・・・
心身ともに活動的で、気持ちも前向きになります。運動能力も高まり、代謝もアップする時期。
エクササイズやダイエットが結果に繋がりやすい時です。
この時期は、肌も活き活きとし、艶やハリ、透明度も増します。


 

♥ビューティーアドバイス・・・・

肌の水分量、皮脂量とも理想の状態になり、トラブルの少ない時期。
新しいケアにチャレンジしたり、
奥深いトリートメントの効果を高めるのに、理想の時期です。


 

♥この時期のオススメ入浴法

代謝のいいこの時期は、熱めのお風呂にサッと入り、交感神経を刺激し、

筋肉の収縮を促すのがオススメ。湯船から上がった時に、肌が少し赤くなるくらいの温度がベスト。

 

※西田より一言

amiami_cgd2-69415
汗は出したほうがいいですし、代謝があがって発汗もしやすくなっているので、

上記の入浴法は、朝にお勧めです。
♥この時期に食べたいもの

女性ホルモンに似た作用のイソフラボンを含む大豆食品(豆腐、豆乳など)

女性ホルモンと大豆食品~大豆が女性の身体に良い理由の決め手は【エクオール】でした。>>

女性ホルモンの材料となる不飽和脂肪酸と呼ばれる、良質な油を多く含む食品(ノンフライのドライナッツ類、青魚など)

油(DHA・EPA)と脳の関係。~女性ホルモンは油に影響される>>

●ダイエットしたい方は、代謝が高まるこの時期に、炭水化物を控えて、お肉やお魚をメインに。

 

 

 




 

=排卵期=月経開始 約13~15日目  安定

卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がピークを迎え、テンションが高まる時期です。
排卵後は黄体ホルモン優位に切り替るので、不安定になりやすいターニングポイントです。


 

♥この時期は・・・・・
心身ともにオープンになり、体も引き締まりやすくなります。
ただし、快適な時と不快な時の出方が人によって両極端に分かれます。


 

♥ビューティーアドバイス・・・・・・

肌の調子が最高潮を迎えますが、排卵を境に皮脂や水分のバランスが不安定になりやすい時期です。
しっかりと水分バランスを整えましょう。


また、首や肩のコリを感じやすい時期ですので、フェイスのお手入れと同時にしっかりと
ヘッド、首~肩もほぐすと合格
 

♥この時期のオススメ入浴法・・・・・

ぬるめのお湯にゆっくりとつかり、筋肉をリラックスさせましょう。


 

 

♥この時期に食べたいもの・・・・・

●ビタミン、ミネラルの他、良質なタンパク質をしっかりと補いましょう。

●スムーズな排卵のために体を温める食べ物(根菜類、しょうが、ドライフルーツ、チーズ、赤身の魚、ほうじ茶、ヨモギ茶など)を積極的に摂りましょう。

※この時期だけではなく、体を温めるのは、健美には基本のき。
この時期は特にいつも以上に気をつけましょう!

 

※西田から一言

150316_e-300x250
排卵を境に。というワードが出てきますが

簡単にまとめると

排卵前は、アクティブに動き

排卵後は、体が守りに入っているので穏やかに過ごすことが、心と体を繋げるポイントになります。

 

 




 

 

=黄体期=月経開始 約16~28日目  排泄
妊娠の準備をする黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がピークになります。

 

♥この時期は・・・・・
受精卵を育てるために必要な水分、栄養が溜め込まれて行くため。


むくみやすく、老廃物をためやすい時期です。
交感神経(活動的になる時に優位になる神経)が高まり、心身ともにイライラ、不安感に悩まされます。


 

♥ビューティーアドバイス

皮脂分泌を促す黄体ホルモンが優位になるこの時期は、

肌のベタツキ、ニキビ、くすみが起こりやすくなり、肌の不安定さで過敏になることもあります。


 

この時期のオススメ入浴法

代謝が鈍く、むくみやすい体をリフレッシュ&老廃物を排泄したい時期。
たっぷりと時間をかけ、水分をこまめに補給しながらの半身浴がオススメです。
しっかり汗をかいてデトックスしましょう。


 

♥この時期に食べたいもの

●生理前の体内は水分が停滞しやすく、水分排泄が悪くなり、体はむくみやすくだるさを感じやすくなるので、

水分代謝を高めるカリウムを多く含む食品・・・長芋、アボガド、ひじき、ドライフルーツなどを積極的に摂りましょう。

●この時期に便秘になりやすい方は、

食物繊維を多く含む食品・・・キノコ類、レンコン、海藻、里芋、ゴボウ、玄米などを摂りましょう。

 

西田より一言

1383916i
どの時期も基本的に、お水はたっぷり摂りましょう。

黄体気は、体内の水はけが良くないと言われているため、

水を飲む=むくむ と勘違いして、お水を控える人がいるようですが、逆効果です。

むくむ時期こそ、お水をたっぷり摂り、体をゆっくりストレッチしていきましょう。

 




 

冒頭にも記載はしておりますが、これはあくまでも参考書程度にしかなりませんので

先ずは、自分の状態をしっかり把握し、当てはまることがあったら、自分に合うように応用していってください。
mig (1)


 

それと同時に、私は14年このお仕事をやっていますが

自分の心と体を客観的にしっかり見れる人って、10人に1人ぐらいです。

 

自分の体の専門家は、居て当たり前だと私は思っていますので

独断などせずに、わからないことは、自分が信頼出来る心と体の専門家に聞くことが一番早いです。

 

だいたいの独断は、悪化しますから。

 

体もそうですが、心においても

一人で出来ない人は、メンタルトレーナーが居ると良いですよね。

米では、心のカウンセリングは一般的です。メンタルトレーナーとも言うのでしょうか。

日本もそういう人増えてきましたが、本物って少ないので紹介などが良いと思います。

 

私も勉強も兼ねて 3年前に居ました、メンタルトレーナー。

今は、メンタルは自分で出来るようになったので、居ませんが。

 

ただ、最後にやるのは自分しかいない。という事を忘れないようにしてくださいね。

 

 

====

女性ホルモン・更年期・更年期障害 記事まとめ①=2016.3.1~3.21>>

====

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>