kaoriのコラム

記事が探しにくいので 2016.3.1~2016.3.21まで の記事をまとめました。

読みたい記事が探しづらい。というお声も頂いておりましたので

こちらからお探し頂けたらと思いま^^。

 

は特に読まれている記事です。

 

FullSizeRender (57)
 

女性ホルモン Q&Aシリーズ

1、女性ホルモンの乱れを整えるには??>>

2、何故 女性ホルモンは乱れるのか??ストレスって一体何??>>

3、女性ホルモンのバランスが乱れた場合、どうすればいいのか?>>

4、女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

 

女性ホルモンを活性化するには?シリーズ

女性ホルモンを活性化するには?~その① 免疫力は美容で上げられる。>>

女性ホルモンを活性化するには?~その② 美しい自律神経を保つ入浴方法。>>

女性ホルモンを活性化するには?~その③ 魅惑の迷走神経を刺激して、心身の潤い度UP>>

女性ホルモンを活性化するには?~その④春はホルモン系・自律神経の不調になりやすい。原因は【肝臓】、血を作ろう>>

 

女性ホルモン活性化コースをお受けになったお客さまの声

お客さまの声①>>

お客さまの声②>>

お客さまの声③>>

 

女性ホルモンと更年期シリーズ

・女性ホルモンと甲状腺ホルモン~更年期障害と甲状腺の異常を見分ける方法は??>>

・女性ホルモンと閉経~更年期と更年期障害の違い>>

更年期は今までの生き方が問われる人生の節目でもある。~更年期障害になりやすい人、なりにくい人>>

女性ホルモンと別れた第二の人生から女性は二極化していく。~『心の貧富も見た目の美醜も本当に差がつくのは更年期以降よ。』by美容家 小林照子先生>>

自律神経の不調・更年期障害になりやすい人の体の特徴~何故 運動が重要なのか?>>

 

女性ホルモンと食事の関係

女性ホルモンと油の関係。~油は脳に溜まる。>>

油(DHA・EPA)と脳の関係。~女性ホルモンは油に影響される。>>

女性ホルモンと大豆食品~大豆が女性の身体に良い理由の決め手は【エクオール】でした。>>

女性ホルモンと 腸 の関係。~幸せホルモンのセロトニンは、腸と脳でつくられる。>>

・腹六分と女性ホルモンの関係は?~花粉症・アトピー・アレルギーにも関係する話。>>

女性ホルモンは 低用量ピルでコントロール出来るのか??>>

 

女性ホルモンと美容

女性ホルモンが減り始め、容姿にも変化が起きる40代からの美容法。>>

むくみ軽減に効果的なアプローチ。~美脚に必要な条件4つ。>>

美しい女性は、自律神経も美しい。~肩に力が入ってしまう人の心の状態。>>

女性ホルモンを活性化するには?~その① 免疫力は美容で上げられる。>>

 

こうやって見ると、自律神経が関係している記事が よく読まれているんですね。

病気になってしまったら、病院に行くべきですが

医師が病名をつけない 未病や不調は自分で改善出来るのです。

 

そもそも何故、現代人は元気が無いのか??

それは、心と体が分離しているから。

 

心と体が重なれば、免疫力(自然治癒力)は、自然と上がってくるのですが、

現代人は、心と体が別々になっている人が多いので体調を壊すのです。

脳と、卵巣の連携が乱れる、更年期が 心と体の分離で起きるいい例です。

hg1
誰の目をそんなに気にしているのでしょうか?

誰に認められたいのでしょうか?

過去に縛られているのでしょうか?

そういう人は、このリンクを読んだほうがいい。看護師が語った、死ぬ間際に誰もが後悔する5つのこと>>

それでも人に意識を使って、承認欲求に蝕まれる人生を歩みたい方は

どうぞそのままご自由に。

 

 

死ぬまで健康に生きたい人は、毎日、毎時、毎秒、毎瞬

 

自分のボディの声

マインドの声

スピリットの声なき声に

耳を傾けて生きましょう。

 

それが、健康の一番の秘訣です。

 

FullSizeRender (52)
ここ>>にも書いていますが、あなたが経験から出した統計なんて、

針の穴より小さいというのは もう科学でも証明されているのですから。

 

 

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>