kaoriのコラム

ご存知の方も多いとは思いますが

生姜って解毒作用と温める二つの働きを持っています。

 

生の生姜は、解毒作用

パウダーなど、加工された生姜は、体を温めてくれる働きがあると言われています。

根強い人気の生姜酵素は、パウダーです。^^

image1 (4)
保湿、潤う というと、殆どの方が 肌のことを連想されますが

体内も保湿と潤いがとっても大切!!!

 

体内の保湿、潤いは 温活がまず基本のキ!!!!

 

特にこれから花粉症など、アレルギーが出やすい時期に突入しますので

アレルギーをお持ちの方は、内側からの保湿・潤いがとっても重要。

 

 

ほら、鼻の中にワセリン塗ると、花粉症が楽になる。って記事がありましたが

それと同じことですよ。

 

水分がたっぷりの所って、埃や塵などのアレルギー物質がまわっていないですものね。

つまり、女性ホルモンに良いとされていることは

免疫系・神経系にも良いことなので、免疫低下で起こるアレルギー症状にも効果的ということです。

 

体を温めたければ、食べ過ぎなければいいし、

食べ過ぎなければ、体が温まって神経系も免疫系も強化されていくし

 

12214255_1050405068339024_580529798_o
 

 

こんなことで

花粉症やアレルギーは 治るんですけどね。

FullSizeRender (47)
 

花粉症もアトピーも、腸・・・・食べすぎ、消化不良が原因で、発症するんですよ。

 

腹八分に病なし、腹十二分に医者たらず。

という日本の諺や

 

人は食べる量の四分の一で生きている、残りの四分の三は医者が食っている。

という言葉も エジプトのピラミッドの碑文にあるのだそう。

 

すごいな。笑

食と免疫の詳しい内容は、次の記事に記載します。

 

私のお客さまも花粉症やアトピーを治した方はいらっしゃいますし

現在 改善に向かわれている方もいらっしゃいます。

※当たり前ですが エステティックでは根本解決は出来ないです。

カウンセリング力がある方でしたら、生活習慣のアドバイスやサポートは出来ますが。

 

症状が出なくなった方は、1、2ヶ月で改善という話では もちろんなく、

一年スパンで生活習慣から改善して、ここ3年は全く出ていらっしゃいません。

だいたい、アレルギーとかアトピーが治らない人って、薬で解決しようとする医者の所に行くからなんですよ。

a862d072b19bde7ff131354176a1c766
↑この画像、めちゃくちゃ気持ち悪いですよね、私は最初見たときに吐きそうになりました。

じゃあ載せるなよ、って話ですが、考えさせられる画像なので掲載。

薬暦が長い人の体内って、こういうことよね。

 

あえてキツイ言い方で書きますが、薬を飲んでいれば安心。って人、私には馬鹿にしか見えない。

でも最近こういう人 見ないな。

 

上記の画像を見て、思い出す話があります。

 

私はお体に触ると アトピー持ちの方って分かるのですが

全くわからなかったお客さまが一人、いらっしゃいます。

今はもう出ないけど、昔は酷すぎた。    と仰っていました。

 

こちらのお客さまは50代。

 

『私達の世代は、小さい頃に飲んでた薬に問題があるのよ、

それが大人になって、アレルギーとして出てきてるのよ。』と、薬と体の関係わかっていらっしゃいます。

 

この画像は、まさにこの言葉を表現してくれていると思います。

a862d072b19bde7ff131354176a1c766
薬を飲んで、その時は治っても

薬は体内に蓄積され、体を蝕んでいくんだなぁ。。と。

 

 

 

12214255_1050405068339024_580529798_o
このトライアングルのどこかに問題があると、免疫系も崩れてくるので、

免疫だけに焦点を合わせるのではなく、全体で見ていくと、アレルギーの原因を見つけるのも早い。

というのは

ずっとコラムを読んで頂いている方でしたら、もうお分かりの事だと思います。

 

例えば花粉症の方の代表的な例は、

  • 頭がぼーっとする。
  • 全てが面倒くさい。
  • 集中できない。
など、自律神経も乱れている場合が多いです。

 

自律神経が乱れ始めてくると、睡眠に支障が出てきますから

肌も乾いた感じになったり、酷くむくんだようになったりで、ホルモン系にも影響が出始め

 

疲れが溜まり、また免疫が下がり、、、、の負のスパイラルに

koken_konenki_img
↑これは更年期障害の症状です。更年期と更年期障害の違い>>

 

 

しかし、こういうパターンもあります。↓

花粉症になる人は、育ちが良い人だ!

うちのように野良猫たちと共存していた、ど田舎育ちは菌に強い免疫が出来ているから ならない!!!

 

と30数年、一度も花粉症やアレルギーを発症したことが無い人が

新しい環境に入り、疲れて食事もとらず、お風呂も入らず、ソファーでバタンキュー状態で

朝 シャワーだけで済ませ、バタバタで準備して出かけ、職場で気を張って

また疲れて帰って・・・・・こんな繰り返しの生活をしていると

 

当然 自立神経がやられる訳です。

そうすると、トライアングルが崩れますね。

12214255_1050405068339024_580529798_o
なので、免疫もぐんと下がって、アレルギーが出たりするんですよね。

ホルモン系にも影響が出ますので

肌はカサカサになり、女性らしいラインもむくんだりと、瑞々しさが失われてきます。

 

ま、これ、私の身内なんですけどね。笑

生活習慣聞いてると、花粉症になりたかったの?!という生活習慣でした。

みぃ太も 呆れていました。

securedownload
 

 

アトピーやアレルギーなどを改善されているお客さまの共通点は、

空腹の状態にあります。

 

無駄に食べない。

 

無駄に食べない。とは、

三食食べなきゃ

とか、

一日二食

とか、頭で考えた食事をされているのではなく

 

お腹が空いたら、食べたいものを腹八部ぐらいまで食べる食べ方。

 

食べないと冷える。

という人もいますが、これは時代錯誤の大きな誤解だと私は思います。

この台詞を肥えた人が言おうものなら、私は鼻フックすると思います。

 

 

この飽食の時代、三日くらい食べなくても冷えなし、死なん!!!

 

むしろ血液がめぐって健康になります。

※ただし独断の断食・絶食はとても危険なので止めましょう。

 

断食で生理不順や不調が治ったという例もありますしね。

 

ただし、断食後の補食が一番重要で、断食だけが良い訳ではなのです。

 

ということは、食べ方 がとっても大切ということになってきます。

 

 

健康な人は、食べ物への感謝の気持ちがあるから

 

太らないように、健康のためにとか、食べ物を悪いように考えているのではなく 

『食いしん坊だから、食べ物は、美味しく頂きたい。』というポジティブ思考。

 

食べるものも、ただ作って食べる。のではなく

いかに体に良くて美味しいものを作るか?!と、頭を使うんです。知恵とも言います。

 

ここが

舌も内臓も麻痺している肥満気味の人や、いつも疲れが抜けない不健康な方とは違う部分です。

 

良心的な医師は 医食同源 と食の大切さをしっかり教えてくだします。

私は、美食同源♪

 

特殊な奇病以外

食べ物で治せない病は、医者でも治せないのです。

 

体調が優れない方は、信頼出来る体のプロについて、

食事の内容を見直し、空腹の心地よさを体感してみては如何でしょう??

 

その際は、体を温めるのは大前提で

全身のマッサージをいれていくと、回復の効果はぐんと上がっていきますよ。

 

ぜひ、お試しください。

 

 

女性ホルモンシリーズ

1、女性ホルモンの乱れを整えるには??>>

2、何故 女性ホルモンは乱れるのか??ストレスって一体何??>>

3、女性ホルモンのバランスが乱れた場合、どうすればいいのか?>>

4、女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

 

 

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>