kaoriのコラム

バラの香りが女性ホルモンに効果的なのは、もうご存知のことと思います。

正確には、大脳に良いようですね。

あと、ジャスミンなどの白いお花は子宮に良い効果があると言われています。

11659535_458486140996968_292993523880265248_n
MITSUKOや夜間飛行を取り扱える女性は、香りの上級者。↑

 

でも薔薇の香りって、本当に難しいですよね、安いのはトイレの芳香剤みたいな香りになるし。

Salon KAORI は薔薇のお香 OR ジャスミンのお香を薫らせたり

タオルには薔薇のアロマオイルを垂らしたり、柔軟剤もこだわったりと、香りには神経使っているつもりですが

お客さまのご体調によって、アロマはきつすぎたりもするので、私は基本 西洋の香りのアロマよりも

お香や匂い袋と言った

日本人の遺伝子に合った、香りの薫らせ方をしています。

securedownload
さて本日は、更年期 と 更年期障害 について記事を書いていきます。

最近、お客さまが 立て続けに月経の乱れがあるということで、ご予約の変動が激しいです。

 

私のサロンは、予約が取れないサロンを目指している訳ではないので

予約の変動は範疇内。なので全くOK!!

会員さまの当日キャンセルも、3回目からペナルティを頂くシステムです。

 

※新規さまに関しては、初めてということもあるので、前金制で予約変更も可能にしています。

 

これは私自身が プライベートではとても気分屋な人間で、

約束 というものをとてもプレッシャーに感じてしまう部分があるので こうしています。

 

なので私自身は、めったな事がない限り、プライベートでは先の約束も予約もしない人間なのです。

でも、毎回当日キャンセルをされてしまうと、疑いたくないのに、どうしても疑ってしまう自分が居るので

3回目からはしっかり 90分 分のご料金を頂くようにしています。

 

こういう理由なので、会員さまはもっと気軽にご予約を入れてくださいね♥

時間も、30分の範囲なら遅れられても構わないように予約をお取りしているのですから。

前日、当日でもどうぞ♥ ※当日予約は8割ご希望に添えませんが・・・・。

FullSizeRender (25)
 

月経の乱れでご予約を変更されるお客さまの共通点は、皆さん40代後半ということ。

これは、更年期に入られたと言うことです。

※月経中でもトリートメントはお受け頂けるのですが、ご自身が気になる場合はご変更頂いています。

 

ですが、いくら技術者とは言え

『あ、更年期ですね!』と、ズバッ!と言うのは、デリカシーがない人間だと私は思っています。

 

自分がその立場だったとき、どう言われると受け入れられるかなぁ・・・・

と考えたとき

 

『更年期に入られたのだと思います。

更年期は女性なら誰でも通る道なので、落ち込む必要は全くありません。

更年期障害が、なる人とならない人 に別れるので、

更年期症状更年期障害を一緒に考えないようにしてください。

むしろ、50歳を過ぎても定期的に月経が来るほうが、初潮の時期にもよりますが

卵巣の病気になりやすいので、注意が必要なのです。』

 

が、自分にはベストだと思ったので、そうお伝えしています。

 

ただし、

長年の経験から、更年期障害になりそうだなぁ~と思う方には、

私はストレートに

『○○さまは、更年期障害になりやすいタイプなので、これからは何を差置いてでも

ご自身を一番大切にし、生活習慣を変えていきましょう。そうしないと、自分も辛いし、

周の方にも気を使わせてしまいますよ。』

と、正直にお伝えします。

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが

更年期更年期障害違います。

 

 

更年期とは

卵巣が完全にその機能がなくなる閉経を中心として前後10年くらいの期間(45歳~55歳)をさします。

 

つまり女性だったら、誰でもなるということです。

 

更年期は 

この間は女性ホルモン欠乏状態への移行期で、ホルモンバランスが崩れ、

それが原因で様々な不調が体にでてきます。

 

 

更年期症状は200種類以上といわれていますが

 

日常に差支えがない程度であれば、自然の流れに任せ、

身体を労わるのは絶対条件ですが気にしないのが一番です。

 

 

更年期障害とは

卵巣機能の低下による、ホルモンのバランスの崩れからくる、体や心に起きる様々な障害のことで

日常生活に差支えが出るほど辛い症状を、更年期障害 と定義されます。

更年期障害は環境的、心理的、身体的要因が大きく関わってくるので、個人差がかなりあります。

 

【更年期障害の具体的な症状】

koken_konenki_img
※更年期障害と、甲状腺の異常の症状はとっても似ているので、詳しくはこちらをご参照ください。>>

 

代表的なものが

 

①ホットフラッシュ

更年期障害の代表的な症状で、『のぼせ』『ほてり』と呼ばれる症状です。

『のぼせ』は、頭に血がのぼったような症状を指しますが、出方は人によって様々です。

決まった時間に起こる人、仕事を始めようとすると起こる人、
突然、何の前触れもなく起こる人など、決まった形はありません。

『ほてり』は、体がカーーーーッとなって、体がほてって、顔が紅潮し、汗をかきます。

 

→軽いものから重度のものまで、程度はさまざまですが

更年期障害の眩暈は、想像を超えるほど大変で、

酷い方は『私、このまま死ぬのかな』 『私、このまま鬱になるのかな』と、思う程だそうです。

しかし、それを家族に伝えても、家族には軽くあしらわれてしまうそう。

私の美容の恩師、小林照子先生は、更年期の激しい眩暈で病院に行かれたときに

『眩暈で死んだ人はいないから、安心してください。』というお医者さんの一言で、心がとても楽になったそうです。

照子先生と
左;小林 照子 先生。

 

 

②冷え

冷えも更年期にはよく見られる症状の一つです。
原因は、のぼせと同じく自律神経の失調によって起こります。

冷えは、更年期だけではなく、思春期などにもよくみられます。

冷えがあまりにも強い場合は、
子宮筋腫や心臓病などの病気が原因の場合もありますから、
注意が必要です。

 

→この時期は特に、食事に気を配らなかったり

湯船で温まらなかったり、素足だったり薄着というのは、自殺行為に値します。

食事では、セロリが赤血球の栄養となるマグネシウムや鉄を多く含むので、

貧血の改善・美肌つくり・生理不順や更年期障害にも効果的です。

もちろん、摂りすぎは逆効果ですよ~。

 

 

 

③肩こり、腰痛、背中の痛み

体のさまざまなところが痛むというのも、更年期によく見られる症状です。

特に上記の部位の痛みは、更年期の特徴的な症状といえます。

これらは、血液の循環が悪くなることが原因です。
ですから、体をよく動かすといった血液循環を促すことによって、症状を和らげることが出来ます。

また、エステや整体、カイロプラティックなどで、改善してもらうのも一つの方法です。

 

→私はここを、得意としています。最初は痛いですが とても楽になりますよ。

パワーストレスアイズ 肩甲骨
 

 

④疲労感・疲れやすい

ホルモン分泌のバランスの崩れによる肉体的変調に加えて、
更年期には、取り巻く環境によって肉体的だけではなく、精神的にも特に疲れやすいといったことも多くあります。

 

年齢的にも、家族や仕事場でストレスが高まる時期でもあり、
いつも何となくダルイといった症状を訴えることもあります。

また、夫婦関係で、夫が自分の悩みを聞いてくれないといった

不満や失望感も精神的に落ち込む原因となります。←熟年離婚の原因の一つだそうですね。

 

症状が重くなると、鬱っぽくなり、外に出たくなくなります。

そうなってしまった場合、負のスパイラルに入って行きますので

オキシトシン(愛情ホルモン)や、セロトニン(幸せホルモン)を分泌する行動を、

億劫かもしれませんが勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

 

本当は、旦那は旦那で、別に恋人をつくったりとか

食事に行く異性の友達がいるだけで、女性は華やかな気持ちになれるのですが

これは倫理とか道徳とかモラルの問題だ!とか、とやかく言う人がいるので、、、、、笑

 

例えば、愛くるしい動物たちと戯れたり。

きちんとした猫カフェとか、盲導犬に会いに行くとか。

 

IMG_0198FullSizeRender (42)
動物は、無償の愛を与えてくれます。

因みに猫って、神様の遣いっていう説もありますよね。だから十二支に入っていないとかなんとか。。。。

 

 

そして、ここでも書きましたが>>たくさん感動しましょう。

IMG_2538
ジブリは私の、精神安定剤!

51kgs7kYQjL._SY331_BO1,204,203,200_
↑サロンにも置いている、みさおとふくまる 写真集♥

愛溢れる写真と、伊原さんのコラムに心が解きほぐされます。。。

 

そして最近見つけた動画なのですがこの動画は、本当に感動します>>

※血が苦手な方は、気をつけてください。

 

 

感動と同じくらい、気持ちが明るくなることは

 

笑うこと。

 

FullSizeRender (41)
笑いは高等な生き物にしか与えられていない特権なのだそう。

IMG_2479
受身にならず、笑えるまで、面白いものを探してみましょう。

 

そして最後に

これはまた別で詳しく記事にしますが

 

更年期を過ぎて、

明るく元気にハツラツとされている女性に、更年期のときはどう過ごされたのか?

伺ってみると、皆さん共通で仰ることが

 

忙しくて覚えていない。

 

ということ。

11378020_1023115617701351_1391813931_n
ズッコケますよね。笑

 

長々と、色々書きましたが

結局はケ セラ セラの心がとても大切なのだと思います。

 

それでもその渦中のときは、簡単にそうは思えないかもしれません。

 

そんな方には、

私が禿げそうなくらい本当に辛くて仕方がなかったときに、救ってくれた言葉の一つに

過ぎれば昨日。という言葉があるのですが、

 

これは

どんな出来事も 長くは続かない、思い出に変わるのだ。

 

と私は捉えたのですが、そう思うと この経験を大切にしようと思えました。

 

 

更年期障害で、死んだ人はいません。

第二の人生に向けて、今は蛹の時期なのですから、蛹の時期にしか出来ないことを

味わいつくしてみると、数年後 良い思い出に変わるのかもしれませんね。

 

enviro030_2-2
 

私の母は、更年期の時期に、沢山の心労が重なり

精神安定剤を飲んでいたようですが、今はとっても元気になり、

今年 元気に還暦を迎えます^^。

 

その時は、第二の人生の門出に

沢山の美しい化粧品とお花を贈りたいと思っています。

 

 

女性ホルモンシリーズ

1、女性ホルモンの乱れを整えるには??>>

2、何故 女性ホルモンは乱れるのか??ストレスって一体何??>>

3、女性ホルモンのバランスが乱れた場合、どうすればいいのか?>>

4、女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

 

 

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>