kaoriのコラム

前回、女性ホルモンの乱れを整えるには?? からのシリーズ偏です。

今回は、「何故 女性ホルモンは乱れるのか??」「乱れる原因は???」 についてです。

 

前回の女性ホルモンの乱れを整えるには??の記事でもお伝えしましたとおり

女性ホルモンは、脳から分泌されるホルモンです。

image_horumon
画像は<a “href=”http://www.zakuroya.com/column/housoku-4-1.html”>妊活 ザクロ屋さんのサイトからお借りしました>>

 

 

なので、脳が

ストレス

を 感じてしまうと、ホルモンの分泌が乱れてます。

 

ただこれだけの話です。

 

しかし、この脳というのは 良くも悪くも錯覚だらけの臓器(器官)。

同じ現象でも、皆が同じように感じるということはなく

十人十色で 解釈が無数に存在します。
(脳に関して書いていたら、ゴールがないので、脳をお勉強したい方は

まずは奇跡の脳>>から入られるといいかな、と思います。)

 

現に脳科学者たちも

現実など どこにもない、あるのは解釈だけだ。
だそうで

 

自分の五感で信じられること=0.000000000000000000000000001%よりも、大分小さいことになる
と解明されてるそうです。

 

脳科学者だけではなく、量子力学の世界など、先端の科学者たちも同じことを言っているそうです。

 

もうこれ聞くと、いちいち怒りを感じている自分が小さくて小さくて

笑えます。

 

 

ですから、

女性ホルモンの乱れには ストレスが影響します。

と片付けるのは、私はどうもしっくりこないのです。

 

焦点は

何故 ストレスを感じるのか?ですよ。

 

それは

ストレスを感じる自分の心を放置し、より良く生きようと学ぶことをしない その人の

生への怠惰な姿勢が招いている結果だと、私は考えます。

 

陽転思考(=本当のポジティブ思考)は技術、

実践すればするほど、

ストレスに見えていたものが、瞬時にわくわくに見えるようになるのです。

 

私は人一倍 ストレスには弱い。だから若年性更年期障害にもなったし、

怒りの感情を抱くと、未だにお腹を壊してしまうほど。

 

だけど、その都度 無理やりチャンス!と思い込み陽転思考を実践している。

その成果で これでも本当にストレスを感じなくなってきた。

 

自分の成長を 人と比べるなんて 戦時中か!!って話。

昨年の自分より、今の自分が成長していると思えたら、それで花丸で良いじゃないか♪

と、私は思う。

 

 

 

命は、人に一回 叩かれるって書くしね。笑

命と書いてストレス と読んでもいいのかも。笑

 

筋肉に負荷をかけないと、筋肉が発達しないように

心にも負荷を、、特に若い頃に負荷を経験しておくと、その後の人生で

恩恵がたくさんあるのではないのでしょうか?

ただし

筋肉も心も、負荷をかけすぎると壊れるから、かけすぎはNG!

IMG_6613
自分を大切にする。って 自分を甘やかすことではなく

どんなときでも自分を信じきれることだと 私は思う。

 

 

睡眠や、食事、運動の大切さは 私が書かなくとも

沢山のサイトで紹介されているので、割愛します。

食に関する私の記事→健美を手に入れる唯一の方法。~油が女性ホルモンを左右する。>>

 

それよりもどんな人が、ホルモン系の(自律神経系・免疫系)バランスを乱すのか?

その共通点を、ご紹介します。(更年期や更年期障害に関しては、また別で記載します)

 

・太っている。(睡眠・食事・運動・・・・生活習慣全てよね)

・痩せすぎ

・人の欠点ばかり目につく人

・完璧主義

・若い頃、無理なダイエットをした

・未だに変なダイエットをしている

・体が硬い

・低体温

・自分が無い

・自分を好きになれない

・働きすぎ

・生理周期が乱れている

・呼吸が浅い

・いつも時間に追われている

 

上記に一点でも当てはまったら、ライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか??

 

女性ホルモンシリーズ

1、女性ホルモンの乱れを整えるには??>>

2、何故 女性ホルモンは乱れるのか??ストレスって一体何??>>

3、女性ホルモンのバランスが乱れた場合、どうすればいいのか?>>

4、女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

 

 

 

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>