kaoriのコラム

 

紫外線シリーズは、今日で完結です。

紫外線予防とケア その①~紫外線が一番強いのは6月。2015年5月28日>>

紫外線対策~その②代謝を促す 2015年5月31日>>

 

夏は汗を拭う肌の摩擦紫外線などで、肌に最も負担がくる季節ですよ~!!

人間の元は 光。

まず、ビタミンCの正しい摂りかたです。

以前からお伝えしておりますが、ソラレンという成分を含んだ野菜・果物は

紫外線を吸収しやすくするので、夜に摂ることをお勧めします。

キウイは夜に。。。

トマトや、アロエなのどは、朝でも大丈夫ですが

こういう情報は、溢れているので、わざわざ私が書くこともないかな、と思います。

11755227_469835696528679_681681804552892703_n

私の場合 キウイは、物凄い紫外線を浴びた日に3日連続して頂いていますが

普段は、こんな感じでビタミンCを身近に摂っています。

摂りすぎても、吸収せずに流れちゃいますけどね。

securedownload (73)

さて次は、日焼け後の外側からの皮膚のケアです。

 

まず、いくらいい日焼け止めを使用していても

軽減は出来ますが、日に当たれば焼けます。

 

私は日焼け止めの匂いがまず駄目なのと、

とっても乾燥するので、自分のところで扱っている日焼け止めを

毎日たっぷり使用しています。

※塗り方は紫外線予防とケア その①~紫外線が一番強いのは6月。2015年5月28日>>をご参照ください。

 

 

 

粗悪な日焼け止めは、逆に肌に大きな負担をかけますから

・クレンジング  ・化粧水    ・UV

は、多少値段が張ってもいいものを使用しましょう。

 

securedownload (57)

この化粧品は、特徴がありませんが

完全玄人向けなので、毎日丁寧に生きる人、生きたい人に向いているブランドです。

だから使いこなせる人も、少ない。

でも、私はそういう化粧品こそが、 肌にも心にも一番良いと思っています。

今はこちらと、もう一つのブランドを入れています。

 

日焼けの何が嫌かって、ムラに焼けることなんですよね。

首の後ろとか、耳の後、デコルテ、腕から下。。。。

 

私が一番避けたいのは、足の甲。

 

※昔の記事にも書いていますが、足の甲が綺麗な人って、最高にSEXYだと私は思うのです。

 

 

サーファーのように、綺麗にムラ無く焼けている肌は

数年後の肌の話は置いておいて、健康的でとってもカッコイイと思います。

私は絶対にしないけど。

 

さて、ではアフターケアをご紹介します。

 

まず、

日焼け=皮膚のやけど

です。

 

ですからまずは、沈静が一番大切!!!

 

氷。。。これでお顔をマッサージすると、毛穴がしまってプリプリの肌に。 昔 舞妓さんに教えて頂いた美容法。。

 

 

私は 全てお風呂で行います。

 

①シャワーを浴びて、汗を丁寧に落としたあとに

②焼けた肌をで徹底して沈静させます。(袋に入れてガーゼでくるむと便利です。)

→私は37度~38度のぬるめの湯船の中でやっています。

 

※毎週土日、野外で過ごしているお客さま(48歳)は、予防を徹底していることは前提ですが

この沈静を丁寧にされるようになってから、日焼けによるダメージが全く見受けられない肌になりました。

 

③ソフトスクラブを、優しくかけて

image

綺麗で柔らかい肌でいたければ、一本は持っていたほうが良いかと思います。

 

④お風呂上りに水気を手で軽く払ったら、ホワイトニングの美容液を入れて

⑤冷やした化粧水で、もう一度沈静→乳液タイプのクリームで保湿。

⑥これを、3日続ける。

securedownload (98)

何故、3日かというと、私の場合は3日続けると、元に戻るからです。

4日の方もいれば、1週間の方もいらっしゃると思いますし、年齢によって、変わってきます。

まずは自分の肌の回復力を知りましょう。

 

このように、

焼けてしまった肌へのアフターケアは、時間もお金もかかります。笑

 

※ホワイトニングの種類は、大きく分けて二種類あります。

出来てしまったシミ出来ないように予防するものがあるので、自分に必要なものを選びましょう。

 

とってもいい香り、冷やした白ワインと合うかも~

 

私は先にも述べましたように

ムラに焼けるのを避けたいので、レジャー時は上半身のみ露出が高い服で行きます。

 

帽子・サングラスはかけますが、

日傘は、すぐに失くすので使用しません。

 

ですが、アフターケアーをしっかり行っているので色白を保てているのだと思います。

でも、30歳過ぎたあたりから、この常識も覆されてきていますが。笑

 

夏のレジャー先で、こんな人

gekkoukamen1

周りも冷めると私は思うのです。

 

それに、道端でスプレー式の日焼け止めしている人いますでしょう?

後ろから飛び蹴りしたくなります。

 

もちろん 日焼けは肌にとって良いものではありませんが

特に美容において、そこに必死感が滲み出ているものは、

逆効果になってしまうこともあるのです。

 

美しさ=余裕

 

余裕を持った心で、毎日自分の体と心に目を配り、ベストなお手入れと過ごし方を選んでいけば

大きく乱れることは、ありません。

 

皆、ちょっと忙しすぎです。

 

この猛暑で外出も控えている方も多いと思うので

もう一度、自分の生活・人生においての優先順位を見直し、生活リズムを見直すのも良いかも知れませんね。

 

忙しさとこのおかしいくらいの暑さでバテてしまわないよう

お互いに 毎日余裕を意識して、夏を過ごしていきましょう♥

 

紫外線予防とケア その①~紫外線が一番強いのは6月。2015年5月28日>>

紫外線対策~その②代謝を促す 2015年5月31日>>

日焼け後のケア~紫外線シリーズ③・④2015年7月27日>>

 

—————————————————————————————————————————————–

♥会員さま専用 オンラインでのご予約→http://office123.sakura.ne.jp/kn/contact/

—————————————————————————————————————————————–