kaoriのコラム

securedownload (70)

紫外線予防策においては、主に下記の4点を留意してください。

①焼けないように予防する

②代謝を促す

③ビタミンCの正しい摂り方

④焼けてしまった時のケア

 

securedownload (52)

 

今日は②代謝を促すです。

ここがきちんと出来てないと、

美白に効果的な食事を摂ろうが、どんな化粧品を使おうが、効果は薄いです。

 

 

代謝を司っているのは、

腸が硬くなっている人=代謝は低いです。

 

なので、そういう方には腸セラピーを行うことで、腸が動いて活性してくるので

反応がいい方は、内側からの汗が噴出してきます。

 

 

現代人で、腸の状態がパーフェクトな人を 探すほうが難しいんじゃないかな?

 

運動不足の人が増えて、食事も欧米化して・・・・・

 

それのまとめのようなもので

ストレスという、都合のいい言葉がある。

 

 

 

腸の働きが弱ってくると、代謝が下がり始め

→代謝が下がり始めると、ターンオーバーも遅れ始めます。

 

ちなみに、生理周期が自分のターンオーバー周期 と覚えるといいかと思います。

 

だから若いのに生理が遅れる人って、体が老けているって事なのです。

生理不順な人に、瑞々しい人が居ないのはこれです。

 

 

securedownload (67)

 

では

ターンオーバーの説明をしていきます。

 

これ↓が皮膚の構造です。

securedownload

 

人間は 皮膚→脂肪→筋肉→骨という構造になっています。

この図は皮膚だけです。

皮膚だけでこれだけ構造があるって、本当に凄いですよね、人間って。

 

私たちが目に見えている皮膚は、角質層の一番上の部分です。

つまり、もう死んでいる細胞ということになります。

 

なので、ここに一生懸命 高価な化粧品を入れても あまり意味がないです。

大切なのは、死んだ角質を剥がしてあげてから、化粧品を使うこと。

 

ちなみに、これは私の持論ですが

 

真皮に働きかけるには、化粧品より 食事が早いでしょう。

食事が血になり、栄養という血流となるので、その血流を促すマッサージも効果的です。

 

 

hihu_kouzou01

上記の図のメラニン芽細胞がおわかりになりますか??

 

ざっくり。。。本当にざっくり言うと

ここからメラニンが形成され、シミの元になって

表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)で、どんどん押し上げられて、目に見えるシミとして現れるのです。

 

よく、シミは潜んでいる。とか言って 化粧品売り場で変な箱に入らされて

潜んでいるシミを煽られ、化粧品を大量に買わされるっていうパターンが王道でありますが

 

出来てしまったものは仕方が無い。

 

代謝を上げて、ターンオーバーを促し

潜んでいるシミを押し上げて、押し上げられたシミを、適切な方法で改善していけばいい事なのです。

 

 

※シミの根本の原因は、紫外線に当たらないこととホルモンの関係です。

前者は、普通に生活していたら不可能ですし、ホルモンも血流の流れが良いと、大きく崩れることはありません。

※更年期はまた別です。

subesube

※画像はグーグルさんから、借りまくっています。有難う御座います。

 

ホワイトニングの化粧品にも

シミを予防するものと、出来てしまったものを薄く改善していくものがありますが

 

私は

ホワイトニングだからシミに効果がある。

ではなく、肌色のムラを均一にしてくれるものだと感じています。

 

 

私も含め、サロンにお通い頂いているシミでお悩みだったお客さまは

ホワイトニングの化粧品に頼らず、代謝を上げ、自己治癒力を高めることで、シミを改善しました。

FullSizeRender (69)

でもこの美容液↑は、生のビタミンCなので、本当に素晴らしい。

夏場は私も含め、使い倒されるお客さまが多いです。

 

 

 

まとめます。

腸の状態を整え→体を温める→血流が改善→免疫が上がる→代謝UP。

 

 

全ては血流なのです。

 

・血は食べ物から作り出され、血流となります。

・その血流の鍵を握っているのが 腸の状態=代謝です。

・代謝が上がると、ターンオーバーが正常に行われるので、シミが出来にくくなってきます。

 

代謝を上げるには、

①質のいい睡眠

②酵素・発酵食品など、腸の働きを促す食事

③適度な運動

④お風呂など、体を毎日温める習慣。(湯船に入らない人は健康に美しくなる資格は無し)

⑤マッサージ

です。

 

余談ですが

 

筋肉がなぜ重要かと言うと

血流を促すポンプの役目も果たしますからです。

 

 

マッサージに関しては、血を流す、つまり血流を改善することが出来るのです。

ただし、表面を流すだけのマッサージは、その場しのぎになります。

 

私が行っているものは、

腸をほぐし 筋肉と骨の癒着を剥がし、筋肉を柔らかくしてから静脈を流すものなので、

体の基盤を整えるものになります。

 

 

表面を流すマッサージは、体の根本解決にならないので、私はやりませんが

きっかけや、癒しには、とてもいいものだと思います。

 

 

 

紫外線予防とケア その①~紫外線が一番強いのは6月。2015年5月28日>>

日焼け後のケア~紫外線シリーズ③・④2015年7月27日>>