kaoriのコラム

東洋思想で性欲の果てには

女性(陰)は 生命(新しいもの)を産む、産み出すということで

クリエイティブなこと、創り出す・生み出す事に適していて

 

男性(陽)は 精子を外に出す ということで

外に出たい、外で認められたいという欲求がある

 

といわれているそう。

もちろん全員が当てはまるわけではないのですが、とても納得です。

 

 

 

前回の記事(インテリジェンスのない人間が、sexを・・・)からの続きになるのですが

こういう記事書くと、賛同が多いのです。(もちろん賛同の数だけ、批判もあると思います。)

 

 

日本は性器は、汚いもの。

という刷り込みで、育てられた方が多いようにお見受けします。

 

 

そういう育て方をする人は、知識が物凄く浅いのだと思います。

生と性は切っても切り離せないものだと思いますし

以前にも書いた気がするのですが 性という漢字には、生に心がついています。

 

叶恭子さんは、『鏡に映った女性器は、神様が作ったアートのようです。』とさえ

言っていて、私はとても共感したのを覚えています。

 

もちろん、公に見せる必要はないので、別に見せる必要もないのですが

性器も自分の一部です。

 

 

それなのに、汚らわしいもの。と思っているということは

自分自身を否定していることになります。

自己否定しているうちは、人生が上手く進むことはありません。

 

女性器も、自分なのです。

ぜひ大切に ケアをして頂きたいと思います。

 

そうすると、少しずつですが、自分を好きになってきますよ。

 

 

こういう話を

はしたないとかいう昔の人に限って、自分の子供に『孫はまだか?』と言ったり

行為を我慢しながら行ったり。。

 

 

人間の数だけ価値観がありますが、

殆どの人は、

人に刷り込まれた価値観で生きていることに気づかないまま生涯を終えているのではないのでしょうか。

 

一番影響を受けるのが 親。

親の影響を受けないで育つ人というのは、ほぼいないと思います。

 

ですが、親も人間。

初めて親をやるわけですから、パーフェクトではなく当然です。

 

親の価値観ではなく、自分の価値観で

大地に足を張って 堂々と生きる人が増えるといいなと思います。

 

当サロンのお客様は、ご両親の価値観に苦しさを覚えて

一人暮らしを始められた方が 結構いらっしゃるのですが

少しずつ、親の価値観から開放されて かといって親の価値観を批判するわけでもなく

親は親の価値観、私は私の価値観で生きていいんだ。と

心が自由になられていかれています。

 

私はその進化を見ていて、いつも幸せを頂いています。

 

そして

人間は自分の好きに生きるのが、一番の健康法なのだな。とお客様が間近で教えてくださいます。

 

私の場合も、色々なしがらみから魂が開放していくにつれ、

自分の快楽を追及することにokを出せるようになりました。

 

それまでは、努力、忍耐をしなければ、幸せになってはいけない。と

歯を食いしばっていました。

 

我慢の後のご褒美ほど、刺激が強く 常習性が強い快楽はないですからね。

でも私は、これは真の快楽ではない。と思っています。

この類の快楽は、快楽ではなく 承認欲求が満たされる快感 です。

 

私が 真の快楽を追求することで、気づいたことは

真の快楽は 健康であること。

ということです。

 

健康な ボディ・マインド・スピリットがなければ、快楽は得れないのです。

 

お客様も、体が健康になっていくにつれ

sexが癒しになってきた。とか

私が健康でいると、家族が喜んでくれるんです!とか

彼に甘えれるようになってきた!という方が増えています。

 

そしてどんどん健康に、心も自由になられています。

そうすると、良いスパイラルに入って行き、次元が変わるのです。

 

そういう女性は、表情がとても柔らかく、穏やかになられていくので

私も見ていて幸せをお裾分けして頂いている気分になります。

 

つくづく 女性は健康であれば、穏やかでいれるし

女性が穏やかだと世界は平和な気がする。。。ということです。

 

不健康だと感度も下がるから、男性も燃えないでしょう。

 

いいsexは、女性ホルモンにも最大の力を発揮してくれます

健康的に美しい女性は、やっぱりいいsexをしていますし

いいsexをしている人は、健康的に美しい女性です。

 

余談ですが、以前お付き合いしていたある一人の彼とは

相性がとてもよく、

3時間しか寝ていなくても、翌日皆に『今日の肌は最高に綺麗ね!!』と周りの人に褒められていました。

恋人との最高のsexの後は、女性ホルモンの活性化に加えて 最高の睡眠が出来るのです。

 

ぜひ 健康の追求に

お二人のフィジカルコミュニケーションも加えてみてください。

 

最高のlove&sexが出来る人は、心理学のプロフェッサー

という叶恭子さんの名言にあるように、

 

最高のlove&sexを追求し、実践されている人は

本当に人の心を癒し、活力を溢れさせる力をお持ちの人なのですから。

 

それでも性へのブロックが外れない方は

古事記を読むといいかな。と思います。

 

これは神道に話がずれますのでいずれ・・・。

 

そして最後に!

 

独身の女性は、自分の体を守ることを相手任せにせず

自己責任で、必ず行ってくださいね!

 

避妊をしない男は、自分の快感を優先する 付き合う価値がない男だと 私は思います。

加藤鷹さんも、

コンドームをつけない男は 挨拶が出来ないのと一緒の男だ!!

と名言残しています。

 

先ずは 自分の体をしっかり知ることから始めてみると

パートナーへの健全な探究心も沸いてくると思いますよ♥

 

日本男性は女性が積極的なことに対して

引くひとが多いけど。。。。それは自信の無さの表れです。

本当の紳士は、喜んで受け入れてくれますよ。