kaoriのコラム

『温泉掘り当てたいなぁ~💁』と、最近仕切りにお客さまに言っているのですが、

それが最近の私の夢。

 

もう2021年から どうするか?は、私の中では鮮明に出来ていて

その為には温泉が必須。

 

何故 温泉か?というと

私は昨年 微熱と、鼻血が止まらないスーパー体調不良の時がありました。

過度のストレスが原因なのですが、変な気候も絶対に関係していたと思います。

手足の末端が冷えている人の心とセロトニンは?。~心は嘘をつけても、体は嘘をつけない。2017年12月3日>>

あなたがNOと言わなければ、体がNOと言う。2017年11月9日>>

 

で、私は自分の体を任せれるエステティシャンは居ません。(パイセンたち地方転勤になっちまったしな。)

 

かと言って、トレーニングをガンガンやるのも違うので(この時、筋力はがっつり落ちていました)

3ヶ月スパンで、新しいトレーナーの元で、体を整えている時でした。

 

人間 筋力が落ちると、ストレスに弱くなる傾向があるのですが

それ以上に、私が先ずやらなければならなかったのが、自律神経を整えること。

 

こういうときって、筋肉が固くなって癒着しているので、

緩めてほぐして流すようなトリートメントが効果絶大なのですが、

それが出来るエステティシャンが 周りにいないので、自力で改善しました。

 

何をやったか?の詳細は割愛しますが

1番 気持ちよく、楽しく、効果を実感出来たのが

 

湯治。

 

本当の湯治は、施設に宿泊して行うものなのですが

仕事もあるので、それは行わず、毎日通いました。

※よもぎ蒸しもオススメですが、大事なのは徹底的に温めるために通うこと。

なので、費用などの関係で、私は温泉にしました。

 

そして温冷入浴。

温まりが違うので、睡眠の質も格段に変わり、自宅のお風呂に全く入らなくなりました。

初めて2ヶ月目くらいから、どんどん体調も回復して、肌も化粧品なんか使わなくても

ツヤッツヤになりましたよ(^o^)

 

温泉成分がどうこうというよりも、

温冷浴を繰り返すことにより、細胞から活性化されたのが、1番効果的だったのだと私は思います。

 

もう都内の温泉なら任せて!ってくらい、データーをとりました。

日本はなんて素晴らしい国なんでしょうか。ワンコインであんなに気持ちよく健康になれるなんて!!

 

この前も、すごく良い所をみつけて、私の秘密基地に決定(^o^)

 

因みに温泉(銭湯)には、こんな意味があるそう。

日本の銭湯文化の奥深さ>>

先生、お元気そうで何よりです(^o^)♪

 

※温冷浴は、自己管理が出来ていない人は、大変危険なので安易に行わないでください。

また、お風呂やカイロなどで、すぐのぼせる人がいますが、、、、それって相当体内が冷えている証拠です。

 

私は温泉の魅力にとり憑かれてしまったのですが

温泉を掘り当てるって、ちょっと現実味がないのと、

温泉を維持するって、すごく大変なんですよね。←調べ済み👍

 

だから温泉はなくとも

2021年からは、体を温める施設を4種類併設して

何をするかはここでは内緒ですが、会員様はトリートメントを受けなくても

会社帰りや、お昼休みなどにフラット立ち寄れるスペースも作ろうと。

 

こういうときって、放っておいて欲しいと思うので、

接客は無し。

 

こんにちは。

ごゆっくりどうぞ。

何かございましたら、すぐにお声がけください。

ありがとうございました。

 

のみのお声がけ。

 

で、きちんとした栄養士を置いた

食事スペースも作るので、食べて帰りたい方はそちらで(^o^)

 

まぁ、泥酔の私もいると思いますが、その時は許してください。笑

 

私はプロデュースと、管理に周り

エステティシャンは2人のみ。もちろん養成講座に合格して、なおかつ厳しい研修をOKした人のみ。

 

サロン内は、もちろん会員さま限定。

だから、サロン内でお顔を合わせることがあっても、安心してお過ごし頂けるようにします。

 

これから日本は格差社会になって、人付き合いも希薄になって

益々コンパクトになっていくでしょう?

 

女性の働き方も変化の途中だし、生活習慣も大きく変わっているので

しっかり自己管理が出来ない人は、婦人科系のトラブルも増えてくると思うんですよね。

 

健康にも格差が出る時代。

 

かと言って、

内面が貧相な人を顧客に持ってしまうと、働く人間が大変になってしまうから

お客さまをしっかり選ぶサロンであることは、変わらず、、、むしろ強化。

もう本人確認証とかも、提出して頂くようなセキリュティーにしようと。

 

でも、その分

技術・知識は半端ない 世界に通用するエステティシャンを。

上質なものを知っている、知ろうとされている

言わば 審美眼が鋭い方々がお越し頂くサロン。

 

これからは、美意識の時代ですからね。

 

誰かお金出してくれないかな。

エンジェル投資家さん、、、日本にはまだ少ないからなぁ!

 

 

とか言う話を、美容家の先輩に話していたら

 

 

西田さん、絶対にフランスの温泉施設(タラソテラピー)に行った方が良いって!

あっちのエステティシャンたちは、西田さんよりもっとガンガン言うし

お客さまも わかってるし

貧相な人(内面が)なんて絶対に来なくて、きちんと身なりを整えてくる。

私が行った時も、いらっしゃいませ。とか無くて

よく来たね~って感じで、笑って待ってたからね?!

 

でも、技術・知識は半端なかった。

冷たい手で触られた事も、一回も無かったし。

何より西田さんの感性で、あの施設見たら凄いものが出来ると思う。

 

と、言われ

 

私『やっぱり本来のエステティシャンって、そうなんですよ!

技術者なんですよ!

でも何で、日本は技術とは違うところを求められるんですかね?

俺の鮨が食えないやつは帰れ!とか言うような頑固職人は、また違うと思いますし、

お越しくださったお客さまに感謝をするのは、当たり前のことだと思うんです。

 

でも、技術もわからない人に限って、技術以外のことで色々言ってくる。

それって

すごく歌が上手いアーティスト(日本でNO1と言われているのが玉置浩二)に、

皆にウケるようなトークをしろと、言ってるようなもんでしょ?

その役目って、AKBとかあの辺で良くないですか??

何かに秀でている人間は、そもそもが普通じゃないんだから、普通がわからないんですよ。

 

しかも技術以外の事で、色々注文つけてくる人に限って、ダサい。

でも、日本はお客さまは神様だから、そういう人の言うことを聞かないといけない。

ダサいやつの言うことを聴いていくから、才能あるアーティストや技術者もどんどんダサくなる。

だから日本は、天才が中々出てこないんだと私は思うんですよ。

 

自分の承認欲求を満たしてほしい人は、主治医も鬱とかの精神科や変な宗教に入って、共依存してりゃ良いんですよ。』

 

 

『西田さん、そもそもダサい人は 相手にしちゃダメですよ。』

と、スパッ!と言われて、頭を殴られた感じでした。笑

 

しかし私は、フランスに学びにいく~!と言う感覚はありません。

 

私は日本人のエステティシャンとして

本場フランスのエステティシャンと、あくまでも対等でありたいのです。

私もそれくらい勉強してきた自負はありますし、これからもっと学んでいくし

日本の技術も素晴らしいと自信を持っています。

体は学べば学ぶほど、わからない。。。

 

黒人・黄色人種・白人

は皮膚の構造も違うし、

 

私のやっている技術は、東洋人向けで、西洋人には必要がない技術。

だけど、西洋人の技術は、今の日本人には物足りないのです。

 

どっちが上とか、下とかなしに

お互いが同じエステティシャンとして、情報交換が出来るよう、邁進あるのみです(^o^)!