kaoriのコラム

私は自伝書を書く人は、大抵は胡散臭い。と思っています。

 

理由は、

自分に酔ってる感、1人だけ熱くなってる感

自分にも出来たんだから君にも出来る!という傲慢な感じ

など、上げだしたらキリがないのですが。。

 

 

そして私は

親しい方を、どなたかにご紹介させて頂くときも

その人がどんなに良い人でも、内容が無いものは、ご紹介はしません。

 

良い人だけど、内容が・・・というものを

よくわからない内に紹介してしまったことで、過去にご迷惑をおかけしたこともあるので、

良い人だけ では絶対に紹介しない。内容次第。

という自分のルールがあります。

 

そんな面倒くさい私が、 感動した自伝書がこちら。

皆さまに ぜひご紹介させて頂きたい。


私のお客さまではご存知のかたも多く、そのお人柄にファンの方も多いです(^^)

私みたいな小娘と飲んでも、何の利益にもならないのに

損得なしで遊んで頂けるのも、

橋本社長の人間としての腰や、器の大きさを感じて頂けると思います。

 

こちらの書籍の売上は、橋本社長も理事をつとめられている

NPO法人 smile for Japanに全部寄付をされるということで

サロンの売上から10冊購入させて頂きました。

これもお客さまもお陰です。いつもありがとうございます(^^)

 

サロンにありますので、欲しい方はお申し付けください(^^)

先着10名さまにプレゼントです❤(あと6冊です)

本を置いている空間が、パワースポットになりますよ❤

 

橋本社長は、シラフだととても人見知りが激しく

未だにシラフの時は、目も合わせてくださいません。笑

 

でも酔うと、めちゃくちゃ楽しく 私もいつも記憶をなくします。笑

翌日は二日酔いか寝不足なのですが笑

そんなのがどうでも良くなるほど、元気を頂く、、まさに太陽のような人。

 

一言で本の感想を申し上げると

謙虚。

この一言につきます。

特に感動したところは、後述します。

 

あ、これ 前に話されていたことだ。。と思うことが嘘偽り無く

全て書かれているのです。

 

昔はチャランポランだった。とか

人に付いていくほうが楽だった。とか。。。

 

 

そして私は、先日

久しぶりに橋本社長とお会いしたときに、こんな言葉をかけて頂いたのです。

 

『西田さん今年35歳?

俺は35歳の時に、会社を継ぐ、継がないって言う話が出てたんだけど

まだ35歳で、人格もフラフラで、このままの器では継げない。って話が出てて・・・かくかくしかじか

西田さんは、まだ若いんだし、若くして独立しているのだから、そのままで良いんですよ(^^)

むしろその若さで色々学んだり気づいたりして、凄いな。と思いますよ。まだ若いんだから良いんだよ。』

 

 

・・・・・(T_T)

 

実は私

ここ数年の間、自分自身が思ったように成長できないことに

悶々としていて、

何で私は7年間もサロンをやっているのに、未だにこんな感じなのだろう?

 

普通 7年もサロンをやっていたら、こんなはずで、お店もこんな感じで

お客さまにももっとこんなサービスが出来て。。。。

って思っていたのに 理想ばかりが高く、全然そうなっていない自分に

フラストレーションが溜まっていたのです。体力も、年々落ちていきますしね。

そんな精神状態だと、周りの人が凄く見えて、自分を見失いがちになってきます。

 

しかし、橋本さんと同じくらい尊敬している誠実が服を着た

保険をお願いしている株式会社ロムルスの佐々木さん>>に こう言われました。

因みに、私のお客さまも何名か、佐々木さんに保険をお願いされていて、

皆さん 誠実な佐々木さんのことを大信頼されているのですよ(^^)。

橋本さんと佐々木さんの共通点は、ご家族をとても大切にされている。というところ。

『西田さんは、上辺だけの浅いお客さんがいないですよね。

すごくコアで、皆さん凄く良いお客さまばかりだよね。それはとても凄いことだと思いますよ。』と

言っていただけた時に、

私は現状に感謝の気持ちがなく、自分の不足ばかりに目を向けていたな。と反省し、

改めて お客さまに深い感謝の気持ちが湧き出てきました。)

 

私は昔から 若さがコンプレックスで

はやく大人になりたい。。。成熟したいと思っていたのですが

橋本社長の まだ若いから という言葉に何だかとても救われたのです。

 

でもこれは、決して見下した感じではありません。

焦らず、今を大切に。というメッセージを感じました。

 

私はちょっと 生き急いでたかもしれない。。。。

この人格者の橋本社長でも、35歳の時はそうだったのか・・・・

なんだか心が楽になったな。。

上辺の成長を焦るよりもまず

もっと地に足を付けて、この未熟さを・・・ 今 を楽しもう。

と初めて思えたのです。

 

何だか、長年の肩の荷が、すーーっと下りた感じがしました。

 

橋本社長は、ご自分の経験、意見、成功体験を押し付けるのではなく

『今を生きろ。簡単に諦めるな!』と、背中で教えてくださいます。

何を選択するかは、あなたの自由です。

という 自分で考える選択肢があるのです。

 

人間、言葉だけで

あーしろ、こーしろ。と言うのは簡単です。

 

ですがその言葉が、どうも心に響かない・・・・という人が最近は中々多いと思うのですが

そういう人は、実践者ではないのだと思います。

 

知識だけで、叡智にまでなっていないのです。

 

本当に実践している人と言うのは、言葉とかそういう小手先で教えようとしません。

空気で教えてくださるのです。

 

尊敬する人とは、言葉は交わさずとも

少しでも一緒の空間に居る。

これって凄く大切なこと。

 

現に橋本社長も、言葉はいつも、とてもシンプル。

ですが空気感に、いつも色々と感じ、学ばせて頂いています。

 

↓このお写真とか、本当に素の橋本社長がぎゅっと詰まっていて、カメラマンの方も凄いなぁと思います。↓


【自分の強さ、弱さを知って、自分に合わせたやり方で精一杯努力することが、私の生き方なのです。】

 

 

書籍で私が1番感動したとこは第3章 

人生を変える出来事。

 

 

 

 

 


奥様のお体が弱い。ということは、以前より聞いていました。

 


 

 

 

『鏡を見ながら、こんな顔じゃ生きていけない、外をあるけないと落ち込んでいました。』

『妻は「生きていても仕方がない、死にたい」と口にするようになりました』

 

『長く闘病生活が続くある日、

「あなたになにがわかるの、私の辛さ、痛みをわからないでしょ」と妻に責められました。

私はこれまで大きな病気をしたことがなく(中略)自分に出来ることはなにかと考えたら、

あきらめないという姿勢を示すしかできないなと思いました。(中略)

妻のため、子どものためにあきらめないという気持ちがあったからです。』

 

泣きました。

奥様が責められる気持ち、責めた後に襲ってくる後悔

自分の身体への歯がゆさなど、想像以上に心身ともにお辛かったのだろうな。。

 

健康は当たり前ではない。

当たり前は当たり前ではない。今ここにあることに感謝。

と、このページを読んで、心から感じました。

また。橋本社長は、お嬢様がお二人いらっしゃるのですが

子どもを授かる可能性は5%だけで、95%は授からない可能性がある。

と言われていた中で、五体満足のお嬢様を2人、、、授かられたのです。

 

奇跡とのことでした。

 

毎年お嬢様のお誕生日の日のFacebookの投稿では

生まれてきてくれてありがとう!と、奥様とお嬢様に感謝されていて

毎年、読んで涙が出てしまいます。


そして奥様が入院されていていたことで

親切な看護師さんに影響されたお嬢様は、看護師を目指されているそうです。

 

尊いなぁ・・・・

 

自分に出来ることはなにかと考えたら、

あきらめないという姿勢を示すしかできないなと思いました。(中略)

妻のため、子どものためにあきらめないという気持ちがあったからです。

 

愛ですよね。

本当に美しい。

 

 

人間、自分のためにはそこまで頑張れないけど

愛する人のためなら、いくらでも頑張れます。

 

家族というのは、幸せの根っこの根。

絶対的に安心な場所でもあります。

また

株式会社 家族 という一つのチームでもあります。

 

 

私はどんなに地位名誉財があっても、

家族を大切に出来ない人、問題がある人、パートナーシップが築けない人は

EQ力が低い気がするのです。

 

誰からも好かれ、慕われる橋本社長の根本は

ご家族への深い感謝、愛情

が、ぶれない軸として心のど真ん中に、鎮座しているように私には感じます。

 


『結婚してよかったなとつくづく感じています。』

 

読んでいて、私まで幸せな気持ちになりました。

そして私も、こんな結婚をしたくなりましたし、故郷の家族に会いたくなりました。

 

 

第3章のご家族の章は、特に女性に響くと思うので

ぜひ、読まれてみてください(^^)

本当に、心が穏やかになり、家族って良いなぁと、家族のパワーを再確認出来ますし

子育てのお手本にもなるかもしれません。

 

 

因みに現在

奥様は、ある水素を飲むようになられてからは歩けるようになられて

昨年は、一緒にハワイにご夫婦で行かれていました。

 

写真に写っていた奥様は、色白で

とても艶っぽく、透明感がある、美しい女性でした。

 

一時期は、病で生きるのを諦めようとされていたという奥様ですが

旦那さんの 諦めない生きる姿勢に少しずつ感化されたのでしょうか。。。

 

 

こういうご夫婦って素敵だな。と思いました。

 

文字だけで読むと 橋本社長の挑戦は

とても簡単に聴こえてしまうかもしれないのですが

私が知っている限りでは、1年2年の話ではなく

橋本社長は、何年も何年も継続されていて、それは現在進行系です。

 

しかも私の記憶が間違っていなければ

計画通りにいかれなかったことの方が多いのです。

 

それでも諦めずに何度も挑戦をされています。

愛するご家族、社員さん、仲間の皆さんのために。

 

お嬢様も、そんなお父さんの背中を見て育っているので

途中で諦めたりせず、決めたことは やり抜くそうです。

 

 

正に

継続は力なり。

 

 

この書籍は、成功論と書かれていますが

私には、愛溢れる温かい 素晴らしい書籍だと思いました。

 

 

そして私も、大切な人たちのために

自分を精一杯 生きてみたくなりました(^o^)丿!!!

 

自分への自信が揺らいでいる人

人生の先が見えないで不安な人

年齢を言い訳にしている人

心のトゲを抜きたい人

氣力が湧かない方

家族が欲しい方

マラソンをされている方

心が折れそうな方

・・・・etc

 

是非読んでみてください。

橋本社長が、優しく背中を押してくださいますよ。

 

私はもう、8回読みました(^^)

 

文字という見えるものだけではなく

文脈や間という見えないところからも、色々感じてみてください。

 

橋本社長の水素ブログはこちらです。>>

飾らないそのままの、いつもの口調で書かれているブログは大変お勉強にもなります。

奥様の難病も、水素のお陰ということも、書籍にはかいてあります。