kaoriのコラム

2019年は、中原淳一さんの手帳が出ないということだったので

こちら↑ にしました(^o^)❤

ドンピシャ。

アーティストさんが作っているものなので、中身もお洒落でテンション上がります。

 

夢を叶える手帳、とか

何とかになる手帳、とか死ぬほど出ているけど

私、ああいうのはもう要らない。

 

書いて叶った試しがないし、

なんか・・・もういいかな😂

 

むしろ、手帳に書かなきゃ覚えられない用事なんて

自分にとって、本当に大切な用事じゃないだろ。

って、私は思うし。

 

私の場合は、書いても

何故叶わなかったか??

もうわかっている。

 

書いたら叶う。

のではない。

 

あるがままの自分(生まれた頃の輝き)に戻れば

書かなくたって

願望は、スルスル叶っていくのだ。

 

しかも想像を越えた、ドラマ以上の形でね((o(´∀`)o))❤

 

あるがままの自分に戻るツールは沢山あるけど

その一つとして、自己啓発系の手帳も あるのだと思う。

 

 

⬇後ろはこんな感じ❤


 

 

ではでは。

 

2019年の新しいMenuのご紹介です。

 




Love is like a flower – you’ve got to let it grow.

~愛とは、育てなくてはいけない花のようなもの。~

byジョン・レノン




 

 

テーマは女性性を開く。

なのですが、

その前に。

 

 

女性性を開く。

 

って、皆さんどんなイメージがあるのでしょうか?

 

 

もし

女性性を開けば、恋人ができる!

とか

女性性を開けば、モテる!

とか、

女性性を開けば、パートナーシップが上手くいく!

とか

 

そういう上辺のことしか見えていない人は

残念ですが、

ここでサ・ヨ・ウ・ナ・ラ(^_^)/~

 

コラム、最初っから読み返して。

って話です。

 

笑。

 




Love does not dominate; it cultivates.

~愛は支配しない、愛は育てる。~

byゲーテ ドイツの詩人




 

女性性を開く。

とか

性に関することとか謳うとね、アクセス数も上がるし

申込みも増えるのは、もうわかってるんですよ。

 

でも、私はもう

そういう仕事の仕方はしない。

 

魂込めれない事は、しない。

 

それに今回は

バージンの人とか、男性経験ない人は、お断りという

この冷酷さ!


 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ。。セカンドバージンは理解出来るとしても

良い年してバージンは無いだろ~正直。

 

人それぞれって言う考えも、あるけどね。

 

でも私は、良い年してバージンの人と上手くコミュニケーションが取れた試しが一度もないぞ。笑

皆、所詮は他人事だから、人それぞれ。とか優しいこと言えるんだよ。

 

私の場合は、対面ですからね。

しかも触るし!お身体に!!

 

☑男を魅了することを疎かにする女は、その度合いの分だけ人を憎むようになる。~フリードリヒ・ニーチェ>>

 

 

そういう方は

机上のパートナーシップの知識なんかより

 

まずは、

相当膣や子宮が固まっているから

先に体から変えて

頭を柔らかくした方が良いよ。

 

肉体は、観念のあらわれ>>

 

 

そこって

第一チャクラ=生命力=集合意識

の部位だし。

☑アンダーヘアーのお手入れは、性のスイッチを入れてくれる究極のお手入れ。>>

 

 

膣や子宮が硬くて冷えている人って

頭も価値観も硬いし 狭いから。

 

女は、体感の生き物。

 

感度上げてこーーーーーーー⚾\(^o^)!!!

 

 

 




There is more pleasure in loving than in being beloved.

~愛する喜びは、愛される喜びよりも、はるかに優るものである。~

by トーマス・フラー 英国の歴史家




 

 

 

どうでしょう?

ここまでで、結構絞ったと思うのですが😂

 

 

それでもご興味がある方は

どうぞ先に進んでください。

 

 

私が定義する女性性の開花とは

 

愛する力を鍛えること。

 

つまり

自分から湧き出る、愛の出力を上げていくこと。

です。

 

 

人間関係で頭を抱えている多くの女性が、愛されることばかりを求め

愛する努力を怠っていると、私は思うのです。

 

 

それはなぜか?

 

本人が、自分自身を

本当の意味で、大切にする努力をしていないからだと私は感じます。

 

 

 




Love dies only when growth stops.

~愛が死ぬのは、愛の成長が止まる、その瞬間である。~

byパール・バック ノーベル文学賞受賞者・小説家




 

一番わかり易いので

恋愛を例に出しましょう。

 

 

例えば、貴女が

好きな人や、恋人、パートナーと、最初に出会ったときの感情は

どんな感じだったのでしょうか?

 

この人のこと好きだな

と、想ったときの感情って

純粋なものでしたか???

 

 

私のものにしたい

ただSEXしたい

この人だったら私の願い叶えてくれる

この人だったら私を幸せにしてくれる

この人は、周りに自慢できる

この人は、私の結婚の条件に当てはまっている

 

とか、そういう感情しか持ったことがない人は

まだ、このMenuは早いので、

ここでサ・ヨ・ウ・ナ・ラ(^_^)/~

 

そういう人はね、そもそも先ずは

肉体が本当の意味で健康じゃないよ。

 

ご神体=ご身体。

を整えてないとね〜。

✅身体は神殿(神社)>>

 

 

 

湧き出る感情が純粋だった場合・・・・

 

この人を大切にしたい

とか

この人の笑顔をずっと見ていたい

とか

この人には更に幸せになってほしい

とか。。。。。

 

 

言語化が出来ない人は

自分が何かに夢中になっている時に湧き出ている感情

似ていると思うんだけど。

 

もう、無条件

の感情。

 

 

その純粋で清らかな感情を、ずっと継続していくには

相手どうこうじゃなくて、

自分で護っていくものでしょ???

自分の感情なんだから。

 

 

多くの人は、最初はこういう清らかな思いからスタートしたはずの

パートナーシップだったと思うんだけど

 

自分の感情に責任を持っていないから・・・

というよりも、そういう教育をされていないから

 

時間が経つに連れて

彼が、あーしてくれない、こうしてくれない

ああいうこと言ってきた、

なんちゃらかんちゃらと、言い出して

 

自分ではなく

相手にばかり要求し

現実に振り回され

自分を見つめ直すことをせず

自分は頑張っている。と主張しだして(それ、ただの押しつけだバカ。)

 

駆け引きしだしたり、、、

無駄な喧嘩したり、、、

他の男に逃げたり、、、

自分に我慢させたり、、、

 

 

なんか、、、

 

惰性や情だけで

一緒にいるような関係に成り下がっている感が

日本には満載のような気がするのですが。

(それでも最近、少しずつ進化してきている気がする(^o^))

 

私のパートナーシップ論は こちらに書いています。

☑健やかなセクシャリティとパートナーシップの関係。>>

 

 

それって結局

自分のセクシャリティ=人間性  

が、未熟だから。

 

人間性が未熟=自分自身を健全に尊重できていない人。

だと、私は思っています。

 

家族や夫婦とは何か?>>

 

 

しかも

相手が男だった場合

女とは、身体が違うんですよ?

 

ただでさえ別人格で

違う生き物なのに、

わかりあえるなんて 奇跡だと私は思っている。

 




Love does not consist in gazing at each other,but in looking together in the same direction.

~愛は、お互いを見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである。~

by サン=テグジュペリ フランスの作家




 

分かり合おうとするのではなく

尊重していくものだと 私は思うのです。

 

違う人格同士が 向かい合おうとするから喧嘩する。

寄り添え合えば、自然と同じ方向を見る。

だから

喧嘩はしないものだ。

 

 

ただし

相手を尊重していくには

自分の本音を 大切にしていることが

前提条件。

 

ここまで書いて

聡明な方は もうご理解いただけていると思うのですが。

 

 

結局

愛とかいうものの正体は、

自分への 自分の態度が、

現実(外側)に

潜在意識(内面)の投影として現れているだけ。

 

※人間は98%の潜在意識

2%の顕在意識で行動をしています。


 

 

画像は95%ってなっているけど

今は98%って、言われている。

 

 

 

 

 

 

で、私は物理学から科学、スピリチュアル、アート、仏教、、、

片っ端からこの世、、というか、

 

人間とは?

を探求し、実践した結果

やはり、これは真理でした。


 

by叶恭子さん

 

 

 

 

 

ただ、

自分を大切にする。

 

という

本当の意味

に気づくのに、7年もかかってしまいましたが(^o^;)

 

 

 

そろそろまとめます。

 

今回の女性性開花のメニューは

自分の中に備わっている、愛を育てることをテーマにしています。

 

愛=勇気

かもしれません。

 

ただ、私は

知識だけでわかったつもりになること、

なっている人が大嫌いです。

 

これは、般若心経で

お釈迦様も言っています。

 

行動が伴わない知識だけのものは、何も意味がない。

と。

 

やはり、

肉体=実践=体感が伴っていないものに

意味はない。

と、私は思うのです。

 

また、私のサロンは

本当に進化したい人、変わりたい人だけを対象にしているので

耳障りがいい社交辞令やお世辞の言葉などは、一切言いません。

 

本当に、問題の本質を突きます。

 

それは私自身が、自分自身と肚から向かい合い

自分自身のことを、肚からわかっているからです。

 

自分のことが肚からわかれば

他人のことも、肚からわかるようになるもんです。

 

なので、自分を知る 覚悟がある人のみ来てください。

 

同感、共感してもらいながら

あなたは悪くないよ、とか

よく頑張ったね

とか優しくされたい

いい年したアダルトチルドレンは、来ないでください。

そういう人は、私のストレスですし

自分の彼氏や旦那にやってもらっえばいいこと。

 

 

今回のMenuは、

スピリチュアル(精神世界)と

ボディ(物質界)を 繋げたものになります。

 

本当の美しさとは、生命力の事です。

 

貴女に、生まれたばかりの頃の輝きを。

🌹Flowering of Love 🌹

 

期間 3ヶ月

 

【内容】

コース① パーソナル。 

募集人数 5名さま

パーソナルをご希望の方は、平日のみの受付になります。

 

1月・・・・・今の自分を知る。

・女性性を開く表現アートセラピー

・ボディワーク(第一チャクラ活性化)

・ボディトリートメント90分(ローズのお化粧品をふんだんに使用していきます)

所要時間 約4時間~5時間

 

2月・・・・・感情と身体の関係を知る。

・男性性と女性性を統合する表現アートセラピー

・ボディトリートメント90分

・ヘアメイク

所要時間 約4時間~5時間

 

3月・・・・・真我と出会う。創造の始まり。

・物語療法

・ボディトリートメント

・ボディワーク

所要時間 約4時間~5時間

 

毎回、お楽しみのお土産付き❤️

 

ご希望の方は、LINEグループにお入り頂き

毎朝のトレーニングメニューをお受け取り頂けます。

 

【ご料金】 33万円

お客様都合による返金はありません。

 




 

コース② グループセッション

破壊と再生。~創造の始まり。

 

募集人数 2〜4名さま

 

グループセッションをご希望の方は、日時が固定です。

その都度テーマが決まっているパーソナルセッションと違い、

3回で完了になります。

 

1月6日 日曜 または 14日月曜祝日

各自、ボディートリートメントのご予約をお願いします。

お時間は、こちらから指定させて頂きますことを、ご了承くださいませ。

所要時間 2時間~3時間

 

2月11日 月曜祝日 

・女性性を開く 表現アートセラピー

・感情を知る。

・女性性を開く ボディワーク

所要時間5時間~6時間

 

3月21日 木曜祝日

・グループボディワーク

・物語療法

所要時間5時間

 

毎回、お楽しみのお土産付き❤️

 

LINEグループに、3ヶ月間

月曜、火曜以外

毎朝 トレーニングメッセージが届きます。

皆さんで、自由に交流してください。

 

ご料金 33万

※お客様都合による返金はありません。

 




 

申し込み期間

2018年12月3日~2018年12月25日

 

お支払い方法

・現金一括

・クレジットカード

の二種類をご用意しております。

 

お問い合わせ、お申込みは

こちらから>>宜しくお願いいたします。

 

 

生命力が蘇ると

人は一瞬にして美しく戻ります。

 

むくみなどが無くなり

内側からの輝きが増すのです。

 

美しさには

外見:内面=2:8

私は、この割合のアプローチが、ベストだと思っています。