kaoriのコラム

私に出来ないことは、他の人に任せる。~5月末で新規さまの受付も終了します。>>

の続きなのですが、その前に。

 

私、アメブロ時代、、、7年前くらいから

今は 自立と個性の時代です。って、言い切っていたのですが

本当にそういう時代になりましたよね☺❤

 

嬉しいわぁ~!

 

本当の 自立と個性 が進めば進むほど

調和も進むし、皆が好きなことだけで生きれるんだもん。

 

因みに私は、家政婦さんを募集しようと思ってたのです。

お掃除、お料理が得意な人。体のケアができる人は言うことなし!笑

でも、知らない人は嫌だから、身内にお願いすることにしました。

 

家事だって、自分1人でやる時代は終わり。

忙しい時は、家事が好きな人に任せる。

 

自分も仕事に集中できて、クオリティーも上がるし

家事が得意な人も、収入が得れて、消費が進んで、豊かになっていきますよ❤

 

因みにね、

自分なんか生きている価値がないとか思ってる奴。

 

とりあえず、稼いで消費しようぜ!

消費をするということは、税金を払っているということ。

 

つまり、国のお役に立っているってこと!

ってことは、皆のお役に立っているということ!

 

どんどん稼いで消費しようぜ!


 

 

 

 

で、本題です。

 

エステティシャン養成講座の皆さんは

私と違って、美容とかエステが本当にお好きなんですよね。

 

受講生さんの1人に、もう縁を頂いて3,4年の方がいらして

エステティシャンとしてのキャリアとしては、2,3年なのですが、

年齢は40歳の方がいらっしゃるんです。

ここではIさんとします。

 

 

で、私は18歳から美容の世界だから、もう正直

わからないんですよね、美容が。

 

結婚生活15年以上の方で、旦那さんのこと大好きー!素晴らしい!!

ダメなところなんてないわ!!!

って、心から言えます??

 

もちろん、感謝はされていると思いますし、

本当に無理だったら終わっていると思うんですけど

なんかもう、好きとか嫌いとか、そういう次元ではなく

理想はとうの昔に諦め、今は期待していないからこそ、日常に歓びを感じる。。。

という感じではないですか??

 

私、エステティックに関して そんな感じなんですよね。

 

そもそも、エステティックが好きで続いていたわけではなく

お客様が大好きだったから、ココまで探究心を持って継続できているのですが。

(だから私の技術や知識は、マニュアルではなくパーソナルに特化しているのですが)

 

でも、Iさんにとって美容は、今までは仕事ではなかったわけですよ。

だから、視点が面白いんですよね。

 

ええ?美容をそんなふうに思ってくれているんだ?!

とか

あー!良い質問!とかね。

 

私もそうですけど、

キャリアが長引けば長引くほど

これはこういうもの!

って、頭が固まるじゃないですか?

それが、無いって本当に強いんですよね。

 

ベテランより

新人のほうが、売上がすごかったりするって事が、往々にしてあるのですが

こういうことです。

 

一生懸命でしょ?新人って。

だから良いお客様とかは、その一生懸命さにお金を出してくださるのですよ。

 

やっぱりね

テクニックだけで人は付いてこないんですよ。

心なんですよね。

 

ちょっと話が飛ぶんですけど。

 

私、ダンスのことってよくわからないし、全く興味がない分野なんですね。

観てても、別に何も思わない。むしろ眠くなる。

 

でも、ケント・モリのダンスを見た時に、何か魂が揺さぶられたんですよ。

あの人は、凄いって言われたい、俺のダンス凄いだろ!っていうのが全く無くて

ダンスに対して謙虚というかね。ピュアさを感じたんです。

本当にダンスが好きなんだな。ってね。

(多分あれだけの人ですから、プライベートは社会不適合者だと思う。)

 

だからそれを、ずっとダンスをしている人に、感動しながら伝えたら

あー、まぁあの人は外国ウケは良いだろうねぇ。テクニックとか全然だけど。

本当に上手い人は、もっと職人だから、、、とかなんとかか言うんですよね。

 

その人はケント・モリよりダンスキャリアは長いんですよ。

でもね、もうダンサー止めてるし

じゃあその人のダンスが私に響くのか?というと、響かないんですよ、何も。

 

むしろ、私って上手いでしょとか、そういう念というか、そういうのがあって

観ていても、頑張って拍手をおくるのが精一杯でした。

(EXILEも、どんどんちゃんと踊らなきゃ!って感じになってきている感じがします。)

 

私はこの時思ったんです。

やっぱり先ずは心だ。

と。

先ずはその人の姿勢有りきだ!

と。

 

話を戻しますね。

 

で、キャリアが無い方に、知識を先に入れると

才能や個性を潰すことになると私は思っています。

 

経験がない所に知識だけ入れても

頭でっかちになって、思考が狭まって

行動が出来なくなるんですよ。

 

人の目を気にしたり

100点を目指さなきゃ!と義務になって楽しくなくなるのです。

 

これはエステティックだけではなく

どの世界でも言えることだと思います。

 

でね、Iさんは過去に、

私なんかが綺麗になるなんて言うのも恥ずかしい。

と、思っていたそうで、凄く太っていたそうなんです。(今の姿からは全く想像つかないんだけど)

 

太っている時は、キレイになるぞ!と決めても

面倒くさくなったり

諦めたり

していたんですって。

 

でも、当時行っていた

サロンとジム。

週イチで通ったお陰で、どんどんキレイになっていく自分を目の当たりにしたそうで、

そこから人生が、どんどん上昇してきたそうです。

 

もちろん、付き合う男のレベルも大きく変わったそう。

今はご結婚されています。

 

こういう実体験がある人は、本当にお客様を幸せに出来る人なんですよ。

だって気持ちがわかるから、寄り添えるでしょ?

 

私にはない経験。

 

私の場合は

中学の時から、

脚がコンプレックスで、中学時代からお金貯めては脚痩せグッズとか買いまくって、

ある種

絶対に解決する!という執着が凄かったので、自分でやっていたし

(因みに13年越しにわかったのが、エステで脚は細くならない!ということ。一時的にはなるけど。

体の使い方と、マッサージで、脚は細くなる!とわかりました。)

 

メイクも自分の心の満足のためにやっていたし

そんな流れで

18歳のときから美容の世界にいるから

常に 体型などは気にしてきたので、途中で諦めるとか

ケアが面倒くさくなる。って気持ちが、わからないのです。

周りもキレイな人ばかり居る環境でしたしね。

 

だから、途中で諦める人とかみると

だらしないなぁ。。。。とか

本気じゃないんだよ。とか、思いますよね。

 

でも、Iさんに聞くと

根底が

自分なんかがキレイになるなんて。。。。

という思いがある。つまりこれは

自己価値がとてつもなく低いんですよね。

 

何故、自己価値が低いかと言うと

成功体験が無いからなのです。

(人間 本当は沢山あるんですよ!皆気づいてないだけ!!!

歩けるようになった、字をかけるようになった、

読めるようになった、言語を話せるようになった、自転車乗れた、歯磨きできるようになった、

自分でおしっこうんこが出来るようになった→これって筋肉を無意識でコントロールできるようになったってこと、

逆上がりが出来た、携帯使えるようになった、PC使えるようになった・・・etc)

 

 

だから、続けていると

やっぱり自分には出来ないよ。

 

という、頑固な思い込みのグセが出てくるのです。

でもこれは、防衛本能なので、仕方がないこと。

 

癖は根深いから、自分ひとりでは難しいと思います。

 

やったことがない世界に行くのは(Iさんの場合、綺麗になった世界に行くのは)

経験がないので、脳がストップをかけるのです。

 

でも、Iさんは

その思い込みを突破して、幸せな人生を築き上げて居るわけです。

 

美容がきっかけで!!!!

 

 

これ、本人は気付かないかもしれないんだけど

すごい財産なんですよね。

 

以前、Iさんのこの話を聴いて、びっくりして書いた記事がこちらなんですけど

美は尊い~生命力が高い人ほど『美しくなりたい』『かっこよくいたい』と美意識を持つ。>>

アクセス数、凄かったんですよ。

 

つまり、多くの日本女性が

私なんて・・・・

って、思っているってことでしょ???

 

私は

私なんかがキレイになるなんて・・・・・

なんて、思ったこともないから、

そういう事を言う人の気持ちはわからないから、寄り添えないもん。

 

甘えてる。とか

一生言ってれば??

で、さじを投げるかもしれない。

 

でね。

だいたいお客様。。。だけではなく

自分の周りにいる人って、自分の鏡でもあり、過去の自分だったり

未来の自分でもあるんですよ。(これ、説明すると長くなるから端折るけど。)

 

これは絶対なんですね。

もう宇宙の法則。

 

 

そこで私はひらめいたのです!

 

次の記事は

エステティシャンやセラピストには、朗報かもしれません。

 

③に続く>>