kaoriのコラム

先日、エステティシャン養成講座のある1人とメールでやり取りをしていて

誰にも口外しなかった、自分の中の理想の自分について

初めて人に話しました。

 

私は人の足音だけで、その人の体調がわかる人間になりたいし

(これは昔、致知という本で、こういう偉大な医師の話を読んで、突き刺さっている。)

究極

最後は、触れただけで、その人を美しくしたい。

 

と、言うのが私の最終目標。

神話にいましたよね?こういう人。

 

女にとって

美ししくなること=幸せになること  は同じですからね。

 

ただ、私が人を幸せにする!とか言わないのは

今は他人軸の幸せを追い求めている人がとても多く

自分自身の魂の幸せを、本当に知っている人は、そうそういないから。

 

幸せ。という言葉が安売りされている感、

コンプレックスを突いてお金を巻き上げている感があるから使わない。

 



話を戻して。

私はあくまでも、自分がどうしたいか?の目標なのです。

 

 

ですから、

お客さまに喜んで頂けると、この仕事をやっていて良かった!と思うんです!!!

 

と言う技術者たちの言葉には、全く共感出来ないのです。

正確には、経験がまだ少ない技術者なんだろうな。と思います。

 

中村勘三郎さんが、お客さまの歓声を聴かなかったのは

芸が腐るから。と仰っていましたが、正にそういうことです。

他人の歓声で自分を判断しているようじゃあ まだまだ未熟者。

 

 

お客さまの為に、身を削ってがんばっている技術者は

一見、素晴らしい技術者にみえるだろうけど

これってもう、やり甲斐が、他人軸。

 

偽善なのです。

 

偽善でも相手が喜んでくれれば良いのでしょうけど

偽善の心で始めたことは、自分が苦しくなります。

 

 

よく、エステティシャンやセラピストは優しい人が多いし

お客さまからお金を頂くのを躊躇する。というのは、

こういうところからきていると私は思います。

 

理由は

自分を置き去りにしているからなんだけど。

 

好きな仕事が出来てれば、稼げなくても良い。と言う人は当てはまらないんだけど

私は稼ぎたいね~!バンバン稼ぎたい!

たくさん稼ぐと、お客さまにも周りの皆さんにも恩返しが出来るし!

 

私は昨年、エステティック目的ではない人には返金しまくって

一時的にお金という物質は なくなったけど

これは一時的なことだし

自分は価値がある。と言うことを魂で知っているから何も恐くなかったです。

 

なんでこういうことを書いているかと言うと

さっき、ある記事を見ていたら、こんな記事を発見したから。

 



ある男性の彼女歴の話で、その男性には

心が弱いことか、心に傷をおっている子が もたれかかってくるというか

精神的に依存してくる。

人の体を癒す仕事を目指す子は、自分が人の役に立てたとか

気持ちよかったと感謝されることで、自分の承認欲求を満たす傾向がある。

と。

でも

体だけじゃなくて、カウンセラーとかコーチとか、

普通のOLさんとかでも、自尊感情が低い人は皆こうだと思うけど。

私も昔 当たったことあるけど、他人で自分の承認欲求埋める人は

他人をコントロールしようとするから、本当にしんどかった。

 

 

私自身は、お客さまにありがとう。とか

あなたのお陰と、沢山言って頂けますが、もちろん嬉しいし有り難いですけど

そこをやり甲斐にしたことは、ないです。

 

そこを目指すとお客さまの言動に神経すり減らしてしまうし

絶対にお客さまをコントロールしだすよね。

あ、なりたての頃は、お客さまの声がとても嬉しかったけど。やっぱり自分が苦しくなった。

 

もちろん嬉しいですが、それはおまけであって

私はそこを目標にはしていない。

 

私の目標は、他人の声ではなく

理想の自分。

私が触っただけで全てを美しく再生することが出来る神になることだもんな!

ゴッドハンドとかじゃなくて、ゴッドだよ、ゴッド!!


 

目標がこんな途方もない目標ですから

私は自分は自分に満足はしたことはありません。(今日もよく頑張った!とかはあるけど)

 

 

 

オイル一本あれば、生きて行ける。

 

これは私がエステティシャンで飯を食うぞ!と23歳のころ

腹をくくったきっかけになった、尊敬する先輩の言葉。

カッコよくない??

 

オイルと言語さえあれば、地球で生きていけるんですよ。🌏

 

私は商品とかで稼いでも楽しくないんです。

自分の腕とオイル一本で、稼ぐことに やり甲斐を感じる。

それってもう、自分自身への挑戦でしかない。

 

だから 終わらないですよね。

終わりがないから、飽きても努力が出来るのだと思います。

 

私が今

エステティシャン養成講座で行っているのは

エステティシャン達の、自尊感情をガンガン高めること。

 

ベテランさんでも、自分への本当の自信がないから

最初は知識や技術を求めてこられるのですが

ここがないのに、技術や知識を入れても、

そのへんのエステティシャンと一緒で

単なる肉体労働で、体力だけ消耗していくエステテイシャンになります。

 

地盤がゆるいところに、家を建てるのと同じことです。

 

コレはもうアメブロ時代から言っているのですが

エステティシャン自身が

本当の意味で、自分自身のことを大切に出来ていないと

お客さまを大切にすることなんて、出来ませんから。

 

私自身も、年々

それがどういうことなのか??自分自身で実験しながら理解が深まり

やっとメソッドが出来ました(^o^)

 

※エステティシャン養成講座は、もう締め切っています。

 

本業で稼げないのに、副業で稼いでいる。というのも

私の美学ではありません。

 

やっぱりさ、本業で稼げてこそ

本当のプロフェッショナルじゃない???

 

私のエステティシャン養成講座は

自分の理想で稼げるエステティシャンになってもらうこと。

 

ただ稼げても、体力だけ消耗するとか

人の言いなりとか、自分に嘘ついてとか、絶対に嫌じゃないです??

 

七年間、私はここを七転八倒笑

体現しています。いやコレは本当に、周りの皆さんのサポートのお陰なんです。

 

本当の意味で、人を癒やし、美しく導き、お金を回していくには

まずは自分が

徹底的に自分自身を知り

自分の素晴らしところはもちろん

汚いところ、残酷なところ、ずるいところ、腹黒いところも知り

認め、自分をまるごと受け入れていくしかない。

そういう自分に本当に、魂の深い部分でOKをだしていくこと。

 

光だけを求めるなんて

この世の原理原則に沿っていないから

上手くいきっこないんです。

陽極めれば陰になり、陰極めれば陽になる。~光と影の法則。>>

自分の影を受け入れている人間は、本当の意味で強いのです(•ө•)♡

 

 

因みに私は

また酒癖の悪さをぶちまけてしまい

相変わらずのクソっぷりを発揮しておりました~


すごくない?

絶対に酔わないように、準備満タンで行ったにも関わらず

お久しぶりの恩師に嬉ション状態で

またぶっ倒れて、恩師に多大なご迷惑をおかけするというこのクソっぷりな醜態。

 

 

準備満タンで行ったのにこれだからね。

もうさ、仕方ないよね、自分のこそクソさ加減。


 

帰りの電車にうつる自分の顔は

コント中の森三中の大島さんなみにブスでした・・・・・・・

(大島さん、普段はとてもいい女だと私は思います。)

 

昔は自分がどう思われるか?ばっかりだったのですが

この日はもう、自分はどう見られても構わない。

 

ただただ、恩師お二人に

心から感謝の気持ちと、こんな私ですが、、、これからも何卒宜しくお願いします。

という思いと

やっぱり男の人ってカッコイイな~!という男性への尊敬が湧き出たのでした。

 

酒は止めないぜ!