kaoriのコラム

今日の記事は、心臓弱い人は 見ないほうが良いと思います。

 

ちょっとこれを読んで頂きたい。

豊かさの為に大事にしていること♪>>

 

 

 

 

読みました??

 

おそらく読んでないと思うので

 

もう一回貼ります。

絶対に読んで欲しい!!!>>

 

読みました??

 

 

 

 

 

これ読まないで先読まないでください!!>>

 

私は本当に、この記事に ブラボー!!!!!と

スタンディングオベーションをしたくなった!!!!!!

 

抜粋

 

実はそれ以上に、

クソみたいなお客さんがついてしまった方が会社としては崩壊していくケースが多いんだ。

めちゃめちゃ素晴らしいお店であっても、

嫌なヤツを、

「お客さんだから。。」

「お金払ってくれるから。。」

って付き合っているお店は、ほぼ生ゴミみたいなお店になっていっていた。

 

はーいっ✋

俺俺俺俺俺俺俺俺俺俺俺ーーーーーーっ!!!!!!!

 

って、感じで。

 

本当に私が生ゴミみたいになりそうだった。

 

誤解がないように言うと、

お客さまを選ぶって、凄く上から目線のように感じる人も多いと思うんですけど

それって日本だけの価値観で

お互い様だっつーの。

 

私が この人嫌だな。

と、思っている人は、例外なく向こうもそう思っているから。

『こっちはお金払ってるんだ!』とかね。

 

私はお客さまに よく言われるのは

ピュア

ということ。

良くも悪くも子どものように。

 

よく赤ちゃんが

懐く人、懐かない人、と分かれるじゃないですか?

嫌な人に抱っこされるとギャン泣きしたり。あの気持ち、私は物凄くよく分かる。

 

なんか、自分が乱れて居心地が悪いんです。

あれと全く一緒です。

 

そういう人って、来たり来なかったりで

要求だけしてくるんですよね。メールが異様に長かったり。しかも自分のことばっかり。

 

こちらは、お客さまのご要望に沿いたいのに、

そんな態度だと、私もモチベーションは下がるし、大事にしたいとも思えません。

(本人がそういう感じで、自分を大事にしていないから、他人からも大事にされない。)

 

そういう風に、自分の決めたことに対して生半可な人を、私は触りたくないのです。

 

 

ちゃんと定期的にお越しいただいている方は、

やっぱり自分自身に対して責任がある 自立した方ですから。

 

現に今は、仕事がとても楽しいのです。

好きなお客さましかいらっしゃらないから。

 

お客さまも、技術が上がったとか

サポート力が上がったとか

体の診方がかわったとか、

サロンの空間が良くなったとか

私が調子良さそうとか

喜んでくださっています。

 

自分が心地よく過ごしながら、心地よくやっているを

好きな方々に喜んで頂けることこそ、幸せなことはないですლ(´ڡ`ლ)

 

だから、ここに書いてある記事が>>

すーっとはいってきました。

 

体に触る仕事の人は特に、先ずは自分をいつもいい状態にしておかないと

お客さまに ご迷惑がかかりますからね!

 

 

そもそも、私の今の知識・技術は

上手い下手、好き嫌い は置いておいて、

歴史の価値としては

人生の半分17年の歳月を積み上げてきたヴィンテージものなわけで。

ワインで17年って、そこそこよね。

 

しかも美容業界なんてブラックどころか漆黒ですから

朝8時~深夜23時とかまで働くのは当たり前だったわけで。(今は違うと思う)

一日8人以上をぶっ通してやっていたわけで。

 

最初のボーナスは8万だったわけで。

200万売り上げても、手取りは25万だったわけで。

 

それでも色々学びたいし、美しいものを知りたいから

最初はお金のために、ホステスをしていたわけで。

(最後はホステス愉しかったですよ。あれはバカには出来ない仕事ですから。

素人10年玄人3年。と言う言葉もあるしね。)

 

 

そして私は開業時から、営業というものをやりたくなかったし

マーケティングというものも、やりたくなかったので

ネット集客

というものに力を入れています。

 

私のスタイルはこうです。万人受けしようなんて思っていません。

興味がある人は、お越しください。

というスタイルで。

 

ネットは24時間の営業マンですからね。

 

嫌な人と言うのは、何でも自分の思い通りにしようとします。

 

私は最初からこういうスタイルですから、

ぜひ来てください!!と

直接営業もしていないし

直接お願いもしていないし、

直接頭も下げていませんけど?

気に入らなければどうぞ退会してください。

と、サロンを本当に守りたければ、合わない人には言う事もとても大事ですし

それを言うことで

本当に支持してくださっているお客さまは、より信頼してくださるのです。

 

自分の愛するお母さんが、家計のために、変なお客さんの言いなりになって

毎日一生懸命仕事して、人生に辟易してたらどうですか??

私なら泣いちゃう!!し、速攻で辞めさせます。

 

でも人間、そんな事を、自分自身には平気で出来てしまうんですよね。

それって自分自身に対して、相当失礼じゃないですか??

そういうことをやっている人が、真の意味でお客さまを美しくは出来ないと思います。

私はそこに、本当に気づいてしまいました。

 

だからこれからは、我慢しながら仕事をしない

=本当に綺麗になって人生をより美しくしたい。と本気で思っていない人は、やらない!

 

因みに

私は来てください。と頭を下げることは絶対にしませんが

いらしてくださった方には、心をこめて感謝とともに頭を下げます。

 

ご自身の中途半端な知識、我流をプロに押し付けて、綺麗になりたい人は、

プロのところには行くべきではないと思います。野暮です。

 

バーテンダーに、酒の知識を挑むようなものですよ、かっこ悪いったらありゃしない。

 

もっとわかりやすく言うと、患者がネットで拾ったような齧った情報で

医者に手術の指示をするようなもんですよ。

そりゃ医師は手術するわけない。

 

そういう人に限って、私はお客よ!という態度を取るんですよね。

じゃあ来んなよ。って、私なら言うと思う。笑

 

 

専門職にいる人は

その分野に人生をぶっ込んで、

突き詰めて追求し、実践し、それでずっと生きている人ですから

私は敬意を払っています。

 

お小遣い稼ぎぐらいの心意気の人は、当てはまらないけど。

 

それにしても・・・・・

こんな的確に書かれて、素晴らしいね!

何度も読んじゃう♪

豊かさの為に大事にしていること♪>>