kaoriのコラム

今年は楽笑をテーマに、美の一年にすると決めてから

何故か、出会う方々皆さんデザイナーとか歌手とか、アーティストなのです。

 

その中のお一人に、フラワーデザイナーの方がいらして、

来月からサロンのお花をお願いすることになりました(^o^)

 

私もサロンの写真とお客さまはこういう層の方。

とお伝えすると、

じゃあ 苺を沢山つかった、、とか

桃でも白とピンクがあるからそれを林檎と一緒に・・・・とかアイディアが凄い。

やっぱりその道のプロは違うなぁ!!!と感心します。

以前 下着のワコールでも、その方は作品を創られていました。

 

アーティストは良いですよね。変だけど。笑

 

この日も なんでこの会話になったのかわからないのですが

ふざけた会話ばかりしるときに、

『今って花なんかもらっても嬉しくないって女がいるみたいですね。花より現金とか実用性があるものとか。そんな女は絶対ブスなんだけど。』

と、私が何気なく言ったら彼の心に火がついた。

 

『なんとかかんとかで、あーで、こーで、たかが花だよ。でも、美しいものがわからない奴は病んでるよ!!』

とか言い放っていました。笑

病んでるよ!の一言が結構印象深くて、前半何を仰っていたのか忘れましたが

良いこと仰っていました 笑。

 

でも美しいものがわからない人は、病んでいるは本当だと思います。

心に余裕がない時って、美しさが入り込む余裕が無いですよね。

 

因みに最近、気分が上がらない方、

化粧ポーチの中のコスメ、、、ずっと一緒だったりしません??

新しいコスメを一つ ポーチに入れるだけでも、気分は随分変わりますよ。


 

私は出入りする店、特に飲食店はとても大事だと思います。

昔は人との出会いを繋げる場所を サロン と呼んでいたそうです。

 

居酒屋がダメとかではないですし、好きな人たちとなら、居酒屋だって最高に楽しいです。

ですが、そういうお店ばかりに出入りしていると、そういう空気感を纏うようになります。

 

養成講座のエステティシャンの方にも、

これは贅沢とかではなく、良いお店に出入りするということは、自分もそこのお店に似合うように背伸びするし

良いお店は、見えない所まで掃除が徹底しているし、お客さまとの距離感が絶妙。

そしていつ行ってもお料理も美しい。

 

いい仕事には、沢山のインスピレーションをもらうから、自分も頑張ろうとなる。

 

野暮な人は、贅沢だとか言うけど、そういう人の体見てみ?

絶対だらしない体してるから。

 

ただ美味しいものを頂いている訳じゃなく、自分の美意識を高める自己投資なんだから

何も考えず食べ物やお店にお金を使うくらいなら、食べない、行かない方が良い。

そういうオーラになるから。

そしてあっちこっち行かず、良いお店には 通い続けること。

 

未だに 高価=高級=一流  と 勘違いしている人も多いですが

良いお店=良いお客さま だと私は思っています。

 

通い続ける理由は、良いお客さまとお話が出来るからです。

 

大勢の人でごった返す変なパーティーに行っても、いい出会いってほぼ無いし

そういう所に来る人達は、下心があるからこちらも警戒します。

 

が、良いお店で出会った方々は、

お互いが程よい緊張感の中にでも、リラックスが出来ているので、

利害関係なしの良い関係を築くことが出来るのです。

 

 

私が何でこういう考えになったのか?

ちょうど、稲葉のママ>> の書籍を読んでいて思い出しました。


 

銀座の流儀>>

 

銀座って言ってもピンきりで

クラブと謳っても、実際はスナックやキャバクラみたいなところも沢山あります。

銀座の一流店を見分ける一つの共通点は、

継続しているお店であるか??

 

ここのママが好きな理由の一つに

ご結婚して、お子さんもいらっしゃる家庭がある銀座のオーナーママだからというのがあります。

離婚歴ナシ。

四店舗経営。

ノルマ無し。

数十名以上、独立させている。

など、本当のやり手。

私も昔、7丁目ですれ違ったことがありますが、凛々しかったですね~。

 

こういう本って、著者の自慢話が多いのですが

亜紀ママの本は、失敗談とか金策とか赤裸々に沢山書いてあって、

今落ち込んでいる方とかは、読むと元気になると思いますよ。

 

やっぱりお客さまは選ぶって(^o^)

 

銀座の人たちって、縁を大事にされるから、知らないお店とか行かず

知り合いのお店ばかり行かれるんですよ。

銀座は村 と言われていますからね。

 

だからこそ、困ったときはお互い様。

私は大都会で、こういうお付き合いは素敵だなぁ・・・・・

私も自分のお店を持ったら、会員制にしたいなぁ・・・と この頃からぼんやり思っていました。

 

私が会員制に拘るのは、こういうところです。

お客さまと店側、お互いがお互いを想い合い、共に成長していくって、とっても素敵な事だと私は思います。

これって、利害関係を越えて、でも一線は保った

信頼関係の上でしか成り立たないですから。

 

 

そして仕切りに出てくる言葉が 

銀座のママたちは、このという言葉をよく使われます。

 

今のお若い人たちが・・・と言われるのって

粋な大人が少なくなったのも、一つの原因ですよね。

 

あの人 粋だよねぇ!って惚れ惚れする方、最近は殆ど見かけなくなりました。

保身に走るか、自分の評価ばかり気にする人が増えた気がします。

 

 

粋な人を知らない。。。。。

うーん、なんだか日本独特の表現 粋 を知らないって、勿体無いですね。

 

粋って一つの美意識ですからね。

粋と共に、矜持って言葉も、知らない人が増えました。

 

粋ですぐ思い出すのが、

赤塚不二夫さんの葬儀での、タモリさんの弔事。

 

それを勧進帳に例えるタモリさんは、最高に粋だなぁ!と私は思いました。

 

粋って、知識がないと、受け取る側もスルーしてしまうのかもしれませんね。

 

私は今、百人一首を勉強しています。

理由は、ヨルタモリで、タモリさん扮する李澤京平 教授の百人一首のギャグがわからないから!!!

 

知ってれば、面白さも倍増で一緒に笑えるのに

私にその教養がなかったために、どこが面白いのかわからなかったんですよね!!!

 

それが悔しくて、只今お勉強しております🎴

 

知識は大人のおもちゃ。  byタモリさん

 

美意識って、奥深いですねえ~・・・・・・