kaoriのコラム

先日、サロンが無事に7周年目を迎えることが出来ました。

自分の誕生日よりも、うれしいですね。

 

感謝の気持ちは直接お伝えさせて頂いているので

文面でのありきたりな挨拶はここでは割愛しますが、本当にありがとうございます。

 

誰に対しての感謝という以上に

全てに対して、今までの感謝ですよね。

 

節目はこうして、全てに感謝が出来るいい機会だと思うので

私は節目をとても大切にしています。

 

8周年目の1番のお客さまは

白洲次郎が好きすぎて、白洲次郎になろうとされていたお客さまでした。>> 笑笑

この方は ロジックに感情を入れず

ご自分の意見をしっかり言語化しくださるので、私は本当に大好きで

いつも世の中のニュースの意見について、どう思われているのか?

切り口がワンダホー!なので、伺っています。

 

七周年の感謝を述べたあと

私『お客さまを選ぶな。とか言う人もいますけど、私

誰でも来てください!ってサロンにしていたら、絶対7年も続いていないです

だって無理だもん、身体に触るし、契約も普通と違うし。

安い金額ならまだしも、うちはそれなりの金額を預からせてもらっているから

定期的に来ない人は、お互いにリスクが高すぎるんですよ。』

 

次郎に憧れるお客様

『全員を受けいるなんて無理ですよ。万人受けって矛盾が出てくるし

西田さんのやっている事は、マッサージじゃないんだから、当然だと私は思います。

あと、距離感を保てない人は無理ですよね。

センス無い人って慣れてくると約束とかルーズになってダレてくるし、友達だと勘違いするから。

私もそういう人は離れますね。

あと思慮が浅い人とか絶対に無理ですね笑。そういう人は仕事も出来ないし。』

 

 

異議なし。

 

こうやって、スパッ!と言い切ってくださるTさまが、大好きです。

 

 

私のサロンの30代のお客さまは

外資系企業や、内資でもベンチャー企業、上場企業でも中途で役員になられる方など

グローバルに通用する女性たちが多く

日本という狭い世間に流されるような、か弱い女ではないのです。笑

 

と言うか、

か弱そうに見える女こそ、自分のことしか考えてないし

人が大好きなんです!人のために!とか言っている人ほど

人に対して、雑というか思慮が浅い。

私に言わせると。

 

 

反対に、私は人に興味がない。とか、人見知りが激しい人こそ

四六時中、人のことを本当に真剣に考えているし

強そうに見える女ほど、相手がどうしたら喜んでくれるかを

徹底的な相手目線で真剣に考えてくれている。

と、私は思う。

 

 

人間は言葉より、行動を見てれば全てわかりますから。

 

私は、

エステを ファッションだけの目的、自分の満足のため、

ただ拡大する目的でやっていたら

会員制サロンにせず

都度払いや、チケットを用意して、回転率も上げて

どんな人でも お客さまにしていたと思います。

 

 

だけど、

私がやっているのは

エステ という中途半端なものではなく

 

エステティック(〈ドイツ〉Ästhetik/〈フランス〉esthétique)

《「エステティク」「エステティーク」とも》 美学。審美眼。
なんですね。
私はエステではなく
エステティックという本物をやりたかったので
自分が管理できる範囲のお客さまで
会員制にさせて頂いて、一年分のチケットを預かる。というスタイルにしています。

 

だからお客様を選びますし(ブログ集客が、1番効果的です。Facebookは集客には意味がない。)

方針にあっていないな、とか、自分の都合ばかりの人は、ご退会頂いています。

 

お客さまが神様だったら

価値を提供する側も、神様。

 

つまり、対等なんです。

お客さまは神様って考え、絶対おかしいとおもうんだけど。

 

ですが、甘やかされて育って来た人、感謝がない人、幼稚な人というのは

教えてもらうのが当たり前

やってもらうのが当たり前

と思っています。

 

そういう人、私はお客さまにしないですね。

楽しく仕事が出来ないから、ストレスです。

 

そもそも会社員時代に、変な人にも我慢しまくって数字を上げて

(こういう人の身体には触りたくなかったから、機械で・・・)

 

最後は顔面の帯状疱疹になって、2ヶ月動けなかったところからの

スタートですから

起業したら、好きな人しかやらないっ!!!!

と、確固たる決断をしていました。

 

 

エステティシャンは、お姫様に従える雇われ人。っていうイメージが日本では強いけど

違うからなっっ!!!


 

身体のことに関しては、こっちがプロなんですよ。

だからこっちがイニシアティブ握るべきなんです。

 

それなのに

自分の判断だけで、来たり来なかったりする人の言いなりになっているエステティシャン達は

何でエステティシャンをやっているのか?私は聴いてみたいです。

 

もっと体を管理する。

という意識を持てるエステティシャンが増えることを願います。

 

また、チケットに関しても、もっと堂々とお伝えして良いのです。

 

例えば

私は歯医者って、毎回いくらかかるかも不明だし

矯正の時なんか、先に払っているのに

やれ クリーニングだなんだで、ちょこちょこお金がかかるのが嫌なんです。

商品なんかは別なのは良いのだけど。。

 

だったら最初から

あなたはここまでなるのに いくら かかります。

と言ってもらって、

最初にまとめて支払っていたほうが気が楽じゃありませんか?

 

そしてそうなったら

歯医者の言うことを聞くのが前提ですが

ここで

自分の都合で、行ったり行かなかったりしていると

もとに戻って、また一からやり直しで、追加料金がかかる。

これは当然のこと。

 

上記と、

私がやっているエステティックというものは、全く同じことです。

 

エステなのに?とか

駆け込みだけで来る人って

そもそも私が来て頂きたいと思っているお客様じゃないしな。


 

自分の商品を堂々と売れない人は

お客さまに対して無責任な人です。

 

自信がないものを、お客様に売ってんじゃねーと、私は思います。

 

何故、販売するのか?

ご購入頂いた後のお客様はどうなるのか?

 

また、ご購入いただいた後は

お客さまのご期待を上回る結果をお出しするために

常に勉強、学びは継続していかなければならないのです。

 

 

もちろん

最大のサービスは、自分の人格を高めること。

 

しかしこれは、パーフェクトな人間になれ。という意味ではなく

誰かにならなければいけない。という意味でもないと私は思います。

 

先ずは、自分を知ること。

 

ここが全てのスタートになると、私は確信しています。