kaoriのコラム

努力という言葉は、

努力不足の人間が作った言葉で、逃げの言葉だ。

って明石家さんまさんが言ってて、納得。


気候もこんな感じで、なかなか不安定ですね(^o^;)

ご近所のチエ子さんに、ご飯を作って頂いて、癒やされました。

 

動物なんかは、本調子じゃない時は、穴にこもって眠るそうです。

私もよく寝ていました(^o^)

飛躍の前って、私はよく寝る傾向があります。

 

そこで一つの決断をしました。

 

機械音痴の私は以前から常々、

SNSとか早く止めたい~!現場だけに集中したい~!

と言っていたのですが

8年目から、そうするようにしました(^o^)

 

発信はするけれども、あくまでも

実際に サロンにお越しくださるお客さまに向けての発信。

 

お客様とファンは、全く違いますからね。

 

その分、サロンワークと講座のクオリティーに

本気を出します(^o^)!




8周年目を前に、宗像さんの講座>>


で、私、、、エステティックを通して何を伝えたかったんだっけ??

なんか、ただの良い人になってる気がするんだけど、、、

私は別に、万人受けなんかしなくて良いんだけど。。。。。

 

という7年前の想いを、はっきり思い出したのです。

 

そもそも私は、もともとマイノリティーの人間で

常に常識を疑っていました。

 

美輪明宏さんとか、中原淳一さんとか、世の中を変えてきた人は

いつもマイノリティーで、

昔から興味があり、何か惹かれていました。

 

そして、終戦を境に

常識なんて一夜で変わった。

という話を、ずっと聞いていたからでした。

 

日本人は、GHQに思考停止の教育をされたので

多くの人は、常識だから、、普通だから、、という理由で

疑問を抱くこともなく。

(今の日本人をみていると、おかしさに気づいている人は増えてきたものの

本当にGHQの作戦は大成功しましたね。)

 

 

 

学校の先生や大人たち、親にも色々違和感はありましたが

先ず 一番覚えているのは

小学生の時の 皆と仲良くしましょう。

という先生の言葉。

 

これって本当にしんどいですよね。

無理だもん。

 

しかし私の両親は、

『皆と仲良くする必要はない。挨拶だけはきちんとしなさい。』

と言ってくれて、私は随分生きやすくなりました。

 

他にも大人への違和感は、沢山あったのですが、

その次の違和感が お客様は神様です。 という変な考え。

これって簡単に言うと、

お金をもらうためなら何でもします。っていう事ですよね?

 

大手時代にも、

絶対に他のお客さまにもご迷惑をかけている人にまで

契約のため、

解約をおそれてヘコヘコしている役員を、私は本当に軽蔑していました。

 

お客さまが神様なら、売る方も神様だと私は思うし

信仰する神様は、自由で自分たちで選んで良いのですから

私は独立してからは

自分の方針に合わない人は、どんなにお金を積まれても

断ってきました。

 

方針に合わない人は、後述します。

 

最後の違和感。

日本は若さに価値をおく。という幼稚な文化。

私は20代の頃から、はやく40代になりたくて仕方がなく

若さがコンプレックスでした。

 

今は34歳と年齢を出していますが

20代は、若さが嫌で、年齢は隠していました。

 

若さって、未熟だし。

 

男ウケとかモテとか、男が作った理想の女像に自分を合わせ

簡単に迎合・・・というか媚び、

ヘラヘラして、摩擦を恐れて

自分の意見を言わない女たちに、私は本当に嫌悪感を感じていました。

そのくせ陰口はすごい。

 

今は、女子って言われても、まぁ、、流せるくらいにはなりましたが

昔は女子って言われたら、ブチ切れていました。笑

 

成熟を良しとするヨーロッパの女性たちは

女子って言われたら、あからさまに嫌悪感を出します。

 

私が若さに執着する事を嫌悪する理由としては、

働いていた職場には、キャリアウーマンの先駆者たちが多く

グローバルな方も多かったので、

若い頃から憧れる女性がいた職場で働けたというのは、

本当に有難かったです。

 

会話も歌舞伎とか、夢二とか、小説など

文化の話で、好きなお客さまとの時間は、本当に愉しかった!!

 

年上の綺麗な方と一緒にいると

知らない世界をしれて楽しいなぁ。。!!と

成熟に憧れを持ちました。

 

そして職場を離れ、俗に一般と言われる女の人達を知った時

愕然としました。

 

なにこのくだらない会話?

 

なんで、意志を持っていないんだろう??

なんで、人に依存している人が多いのだろう??

なんで、肩書に安心しているんだろう?

と。(もちろん、そんな中でも自分の意見を持っていた女性は居ました。)

 

例えば 『メイクしたまま寝てしまうから、どうにかならないか?』

という相談。

 

佐伯チズさんって、

『悪いけど私、こういう質問嫌いなの。だから答えないわ。』

って仰るんですよね。

 

私も正にそうで、こういう人には

『先ず、落としてください。』としか言えません。

 

直ぐ痩せる方法に飛びつくとか

(エステティックは痩身ではありませんからね!)

 

職場の人たちがバカだから、私は疲れる。とかいうから

じゃあお辞めになったら?というと

またぐだぐだ言い訳をして、、、、

 

本当に醜いな、と思ったものです。

心も体も楽して綺麗でいたいなんて、甘いんですよ。

 

心身ともに

美しく生きるには、覚悟がいるのですから。

 

精神的に自立している女性は、人に頼れる

けど

精神的に自立していない女は、人に依存する。

 

だから私は、エステティックを通して

精神的に自立をしている女性、しようとしている女性に

トリートメントを通して、気付きや休息、インスピレーション、

ご自身の美意識の大切さなどを 提供していきたい。と思っていたのでした!

 

ただやっぱり、自発的に学んだりしていない人は

私に依存してくるので。。。笑

退会して頂いたり、退会されたりされ

 

今では本当に、お客様のお陰で

素敵な女性が通ってくださるサロンに成長できたと思います(^o^)

 

今はトリートメントだけという常識を破って

もっと具体的なやり方で、成熟を楽しむ女性に向けてこういうメニューに編成しました(^o^)>>

 

皆の成長が著しく

親御様が喜んでくださっているようで

私は本当にやって良かったな!と思います(^o^)

 

成長=成熟の人生は、本当に愉しいです。

 

※自立って、仕事が出来るだけのことを指しているのではありません。

精神的自立、とは、自己信頼心、自己重要感が

しっかり確立されている方のことを、私は定義しています。