kaoriのコラム

会員さまへのお知らせです。

先日

クレンジング~スキンケア、フェイスマッサージ、毛穴のお掃除のやり方の動画を配信しております。

お時間があるときにでも、メールBOXのご確認を宜しくお願い致します。

IMG_0753 (1)
 

3年ほどまえから、言い続けていること人間は、過去の自分を責めると病気になる>>

や、あなたがNOと言わなければ、体がNOという>>

 

が、とてもわかりやすく書かれている記事を見つけました。

「自分の人生を生きていないとき」人は病気になる>>

 

すごくわかりやすいです。

 

私もこの方と同じで 私の前で病気とか鬱とか体調が悪いなんて、通用しません。

そういうことで訴えてくる人を通用させたら、ずっと病気のままです。

 

『この人、お客にこういうこと言うんだ。』>>

 

 

一応15年くらいは やってきていますから、(もちろん上には上がいます。)

ちゃんとやっている人やがんばっている人は、顔つきや体を見ればすぐにわかるんです。

13062537_1071968342864914_8052385466150489290_n-thumbnail2
特に表情に、その人の心が出ますよね。

 

私は、本当にがんばっている人にしか、優しくはしません。

本当にがんばっている人って、お花と一緒で一生懸命生きているから美しいです。

 

反対に

やる気が出ないとか、未病っていう便利な言葉を用いる人は

もう絶対に、他人軸で生きているし、感謝がない。

 

特に

生まれたときから豊かさに恵まれている人って、無いものを探す天才です。

こういう人って、本当に原因不明の不調に悩んでいます。

 

 

あと、20代で楽な方ばっかり選んできた人は、

30代で原因不明の不調で苦しみますし、

30代で自分から逃げてきた人は、手のつけられない40代になる傾向が高いです。

 

私は人生は20代で決まる。と思っているので、

20代は とにかく楽なほうに流されずに、たくさん挑戦した方が良いと思います。

 

30代になると、私でさえ無意識に人生守りの体制に入っていましたし

体も20代と明らかに違うので

気力も体力も下がり、現状維持でいいや~。ってなっていましたから

無意識って恐ろしいです。

 

 

現状維持=衰退の始まり

ですし、目標を持って上京してきたので、

今の姿を高校生の自分や

20代の自分が見たら、間違いなくぶっ飛ばされるんだろうな、と思い、奮起した記憶があります。

 

20代で積み上げたものがなかった私は、そのまま流されて衰退していたと思います。

 

もちろん 20代で頑張れなかった人は、30代で頑張ればいいのですが

気力も体力も、周りの環境も20代の頃のようにはいかないので

本当に頑張る覚悟が必要ですよ。

 

という意味です。

40代になると、もっとでしょうね。

 

だから、いくつになっても挑戦し続ける人が、クローズUPされるのだと思います。

簡単なことじゃないですから。

 

 

没頭するものがあれば、病気になる暇なんてありません。

 

だいたい、原因不明の不調を訴えている人たちって

仕事とか趣味とか、自分にとか、没頭するものがないんです。

 

今 目の前のことに集中すればいいのに、

私がやりたいのはこれじゃない。と

どこか遠くに、自分に合う仕事や人間関係があると幻想を抱えている。

 

そして、行動せず

頭でばっかり考えているから、左脳からストレスホルモンが分泌され

神経がやられ、免疫も下がって、体温も下がり

はい無気力の出来上がり!!って訳です。

12214255_1050405068339024_580529798_o
良い人なんだけど、人目を気にしての良い人を演じているから

心に余裕がない。

そうやって自分のことしか考えてず、感じることを怠っている。

13082561_1073919296003152_4689297018802783499_n-thumbnail2
 

そういう意味では、小さい頃から

感受性豊かに育ってきた人は、リアクションがいちいち素敵。

 

生きていくうえで何が一番重要か?って、

私はいまのところ 感性だと思っています。

 

芸術や美しいものは感性、右脳を鍛えてくれますからね。

やっぱり大切だと思います。

 

お客さまを見ていても、お母様がお洒落だったり、感性豊かだと

お子様も、本当にそう育っています。

絵が上手かったり、お洋服の色のセンスが良かったり、とにかく五感が豊か。

 

 

でも今の人たちって、

そこそこの努力で、そこそこの幸せが手に入れば良い。

と言う人が、多いのだそう。

 

だから、原因不明の奇病が多いのかな??

 

まぁそんな生き方は

宇宙の原理原則に合っていないから、無理だし

第一、 そんな人は誰も手を貸さないから、困ったときでも大変だろうな。

 

何か不健康ですよね、そういう考え方って。

 

人間って、心身ともに健康になると

愛と感謝の出力が上がるから

人様のために何かお役に立たせて頂きたい!って思うんですよ。

 

自分は駄目な人間だから、人の役に立つことをしたい。とか

有名になりたいから。と言ったような

自尊感情をあげるために、困った人たちを利用する人達とは、根底が違い

 

本当に、心の底から

人様のお役に立たせて頂きたい!って、思うんです。

 

これは、お客さまが証明してくださっています。

 

心身ともに、余裕があるから、愛や感謝の出力が高まるのか、

愛や感謝の出力が高いから、心身が健康なのか

どちらが先でも良いのですが、

心身が健康な時は、どんな小さなことにでも感謝の気持ちを持てるのは、

皆さんもご経験があるかと思います。

 

だから、自分の心身の余裕を守ることが、自分のためでもあり

周りのためになるのです。

 

 

やっぱりね、お客さまを見ていても

モテル人とか、男が切れない人って、余裕があるもんな。

 

呼吸の余裕

笑顔の余裕

頼る余裕

甘える余裕

赦す余裕

気にしない余裕

甘えさせてくれる余裕

綺麗でいる余裕

などなど。

 

こういう人たちの共通点は、間違いなく自分を大切にされています。

そして最後に余談ですが

 

化粧品の使い方にも、そういう姿勢が出ているのです。

 

もてる人は、自分自身に対して 化粧品の量を惜しみなく使うことに対して

そうじゃない人は、もったいないからと、ちまちまちまちま使用します。

 

それって明らかに、自尊心の現れでしょう。

自分はこの化粧品に値する人間じゃない。ってことでしょう?

化粧品に負けてどうする、、、、笑って私はいつも言うのですが。

 

チマチマ使っても、効果なんてないし、むしろ逆効果です。

心当たりがある方は、形から入ってみることも、良いのではないのでしょうか??

 

いい年して、安さで選んだドラッグストアのコスメを自分に使う。

それってどうなの?

 

と、私は思います。

 

せめて、クレンジング・化粧水・UVだけは、多少値段が張っても

良いものを、自分に使って差し上げてください。

 

結局無気力な人って、愛情不足なんです。

なんで愛情不足か?という話は、次回の広島のマザーテレサのお話に続きます。

o0800041813585701428
 

 

====

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

♥新規さま専用MENUはこちらをご参照ください。>>

♥会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>

●お客さまの声①→女性ホルモン活性コースで鬱病から三ヶ月で復活したお客さまの声>>

●お客さまの声②→この一年間で自分のことを好きになりました。>>

●お客さまの声③→女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

●お客さまの声④→『この人、お客にこういうこと言うんだ。』とエステティックや美容の概念が覆された日。>>