kaoriのコラム

 

ジャケットが可愛くて、サロンのTEAに仲間入りです

その名も Girls tea ♥♥♥

イチゴ味の紅茶です♪

FullSizeRender

 

 

さて今日は、美容と生活習慣次第でスランプは味方になる。です。

 

私はスランプには2種類あると思っています。

①強すぎる承認欲求のため、自分を見失っている場合。→矢印が他人

②自分には出来たこと、出来ることなのに、何故か出来ない場合。→矢印が自分自身

 

①を解決したい場合は、体質改善と共に、心と向き合っていく必要があるため、時間がかかりますので

今日は②の解決法をご紹介いたします。

 

結論・・・体を基本に戻してあげましょう。 です。

今日からまた下記の3シリーズに分けて、対策をご紹介してまいります。

 

●生活習慣・・・・・呼吸・生活リズム・食事・運動・睡眠。。。といったものが気づかないうちに少しずれている。

●肉体の特徴・・・焦りから呼吸が浅くなっているため、いつのまにか全身の筋肉が硬直し、骨格がずれボディラインが弛んでいる場合もある。

●美容面・・・・・・メイクやお洋服が、いつもより億劫に感じ、手抜き感満載。

 

 

今日は 生活習慣 についてです。

生活習慣・・・・・呼吸・生活リズム・食事・運動・睡眠。。。といったものが気づかないうちに少しずれている。

と書いておりますが、これが全てです。

 

ただ厄介なことに、自分で気づかない内に生活習慣が乱れてしまう方が殆ど。

 

例えば、忙しくて食事のときも仕事の心配事を考えてしまう。。とか(太るよ)

寝るときまで心配事を考えている、、とか(神経衰弱になるよ)

とにかく日常において、心ここにあらず。 の人は、どこかでこれに気づかないと、スランプまっしぐらです。

 

 に集中していないのです。

 

しかもこれらは無意識でやっていますから、よっぽど自己鍛錬している人じゃないと

自分で気づかないのですよ。

 

そしてこういう精神状態だと、心配からいつもより余計な仕事をしてしまうから

神経も疲れてしまい、家事や運動から離れていきます。

 

スランプの人は、部屋が片付いていないケースが多い。

特に見えない部分。。書類とか小道具とか。

 

また

運動からも離れているため、筋肉の質やボディラインも、いつもより何か違うんです。

 

スランプに入りそうなお客さまは、

全身鏡の前で、私に 体=心 の若干の変化を言われて 初めて気づかれるような

普通では気づかないレベルの変化なので、

ここで気づくと予防策がはれるので心労は少ないのですが

 

忙しさにかまけ、自分の 体=心 をほっておいた人は

心身ともに ニュートラルに戻るまで、結構根気が必要です。

 

だから定期的な肉体のケアが必要だと私は説いているのですが、

これは次回の肉体の章で詳しくご紹介します。

 

まずは、生活習慣の基本のキ→呼吸を確認しましょう。

 

生活習慣の大切さに関してですが

私は市川 海老蔵さんのブログ>>を、結構お手本にしておりますよ。

歌舞伎役者って、25日間休みなく 毎日毎日同じ事を繰り返すのですよ。(舞台は同じじゃないけど)

 

私は絶対無理。25日間休みないなんて、狂気の沙汰。

 

だから、海老蔵さんの生活は、いつも同じ。

25日間同じ生活の、変わらない生活リズムを見ると、

毎日の生活リズムがしっかり決まっているんですよね。食べるものまで!

毎日ブログをコンスタントに更新するって、本っっっっ当に大変ですが、習慣にしてしまっていますものね。

 

海老蔵さんだけではなく、一流の方って生活リズムが決まっているんです。

 

 

一流は、一つの流れ って書きますし

二流は、二つの流れ って書きますし

三流は、三つの流れ って書きます。。。。

 

生活リズムに、一つの流れがあれば、良い時も悪いときも、感情に流されずにニュートラルで居れるのだな。

と学んだのは、海老蔵さんかな。

 

普通は何か心ざわつく事があると、生活リズムを壊すでしょう?

夜更かししたり、甘いものに走ったり。

 

だけど、自分との約束でもある、自分で意志を持って決めた生活習慣を守っている人って、

守ることで基本に立ち返っていると思うので、いつも安定されています。

 

余談ですが 市川海老蔵という歌舞伎役者は、好き嫌い関係なく

人生で一回は観るべき役者だと私は思いますよ。

口では表現できませんが、もう違う、存在が。100年に一人の天才ですからね。

db7f069e69d3cdc7d9c4bc4bd2e37a4a

↑歌舞伎では、青い隈取は化け物や悪者の設定。

完全自己満で書いた歌舞伎の記事>>を読んで、

歌舞伎にご興味もたれるお若いお客さまが多かったのが嬉しかったので、

これからも小出しにしていこうと思います。

 

話を戻して

何故急に、スランプの記事を書いているかと言うと

 

お客さまに、踏ん張り時やスランプの方が 数名いらっしゃったのに加え

(話さなくとも、体は嘘をつけませんからね~。)

 

私も、ココ最近までスランプだったのです。精神的な。

期間は半年くらいでしょうか。結構長かったな~。

 

出来ること、出来ると信じていることが出来ない自分への失望感や

全てのタイミングが合わない あの歯がゆさ!(信号などもそうです。)

 

昔の私でしたら、感情と一体化してしまい、イタズラに落ち込み、怒りに身をのっとられていたと思いますが

感情のコントロールは技術、練習だ。と3年ほど前からこのコラムでも、申し上げておりますように

練習の成果あってか、時々落ち込むことはあっても、

 

これは心と体の法則性を証明するチャンスだとばかりに、

感情と一体化せずに、全くの人事のように過ごしておりました。

 

この時期に見る夢も面白かった。笑

『腐ったら負けだぞ~♪♪楽~なほうに~流されると後で苦労するぞ~♪楽は怠惰だぞ~♪』って

誰かが光の中で歌っていたんですよ。笑

で、その歌で起きる事が結構多かったのです。

IMG_6673

スランプのときは、

色々こねくり回すよりも、何もせずに 規則正しい生活をして、その時期を待つのみです。

花だって環境さえ整っていれば

時期が来たら咲くように、無理やり咲かせても咲かないのですから。

image3 (1)

 

そもそも私自身

気性の荒さは独裁者以上だと、身内に言われていたくらい、本来私は異常なほど、気性が荒かったのですが

(おそらく、発達障がいでした。)

気性が荒いまま、歳をとって みっともないおばさんになりたくない!

 

という想いから、感情のコントロールの訓練はしていたのですが

 

私が精神論に走りやすい人間なので、精神論ばかり勉強していたのです・・・・・・。

が、何年たっても知識だけは増え、現実は理想の自分にはなれず。

 

 

 

ですが、一心同体という私の仕事での信条でもある

外側を変えれば内側も変わる。 という考えをもとに、

試しに

生活習慣を整えてきたら、感情は、結構簡単にコントロール出来はじめてきたんです。笑

 

知識が先が、行動が先は人それぞれですが

私は

生活リズムを整えずに、感情という目に見えないものを整えようなんて

結構 神業に近いな、と気づきました。

 

だからお客さまには、生活習慣の大切さをしつこくお伝えしております。

 

食とストレスの関係その①脳科学よりまずは生活習慣。>>

食とストレスの関係 その②汝とは、汝の食べたものである。>>

 

 

ちなみに

感情のコントロールと言うと、感情を我慢すること。だと考えてしまう方が多いのですが

それは全く違います。

 

感情のコントロール=自分との折り合い。だと私は思っています。

 

 

まとめ========

スランプのときは、

色々こねくり回すよりも、何もせずに規則正しい生活をして、時期を待つことに専念する。

花だって環境が整っていれさえすれば、時期が来たら咲くように、無理やり咲かせても咲かないもの。

 

生命には、ベストな時期がある。

迷ったら、自然が教えてくれますよ。^^

 

====

女性ホルモン・更年期・更年期障害 記事まとめ①=2016.3.1~3.21>>

月経の周期別の過ごし方>>

====

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>