kaoriのコラム

更年期障害と、甲状腺の異常によって起きる症状は、とても似ています。

 

甲状腺に関しては、私も勉強中ですが、甲状腺の疾患の原因は、まだはっきりわかっていないそうです。

ただ、遺伝的な関連性や、ストレスや過労といった精神的なものが関連しているのは、間違いないそうです。

 

私は震えが有無、目の在り方、過度な氣力の低下

を基準の一つにしていますが、確実とは言えません。

 

どう見分ければいいか 未だにわからないので勉強中ですが

専門医じゃなければ 見分けるのは相当難しいそうです。

 

甲状腺は

path3026
このように、蝶々の形をしており


心臓や胃腸の働きを活発にさせたり、骨や筋肉の成長を促す
と言った、体全体を元気にする働きがあるため

エネルギーを作り出す臓器 とも言われています。

そのため甲状腺の機能が低下すると下記の様な症状が出てきます。

 

※甲状腺の異常には

甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症があると言われています。

 

あー。。。漢字ばっかりで読みたくなくなりますね。笑

でも重要なので、休みながら読んでくださいね。

 

甲状腺ホルモンの分泌が過剰の場合=甲状腺機能亢進症

・動悸がする
・高血圧になる
・手の振るえ
・のぼせ・ほてり・多汗
・食欲が旺盛になる
・下痢になりやすい
・イライラしやすい
・集中力がなくなる
・肌の痒み・色素沈着

 

 

甲状腺ホルモンの分泌が不足の場合=甲状腺機能低下症

・脈拍が遅くなる
・低血圧になる
・寒がりになる
・低体温・汗をかかない
・食欲が低下する
・便秘になりやすい
・気分が落ち込む
・物忘れしやすくなる
・肌がカサカサになる

 

更年期障害の症状は、今や200種類以上あると言われているので

ココには記載が出来ませんが、甲状腺の異常時の症状と、もうそっくり。

 

それぞれの特徴がわかりやすくまとめてあるリンクがありましたので

ご参照に→スキンケア大学http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/009351/>>

上記リンクから拝借して対比してみると・・・・

 

 

 

病気の原因

・甲状腺機能亢進症:    甲状腺ホルモンの過剰分泌

・更年期障害:        女性ホルモンの分泌低下

→ホルモンって、本当に未知。わからない。宇宙だな~

 

 

 

発症しやすい年齢

・甲状腺機能亢進症:   20代から50代前半

・更年期障害:        40代から50代後半

→40代~50代は本当に見分けをしっかりしないと、三年間 更年期障害だと思ってたけど

検査したらバセドウ病だったって例もあるそうです。

 

 

 

 

血管運動の症状

・甲状腺機能亢進症:   動悸、頻脈

・更年期障害:        動悸

→似てる・・・・

 

 

代謝系・自律神経系の症状

・甲状腺機能亢進症:  発汗、熱感

・更年期障害:      発汗、ほてり、のぼせ、冷え

→ここも似てる・・・・・冷えが見分けになるのか??そういえば思い当たる節があるかも。

 

 

骨、筋肉、関節の症状

・甲状腺機能亢進症:    筋力低下

・更年期障害:        腰痛、肩こり、関節痛

→腰痛・肩こりも、運動不足や筋力低下が原因の一つだしなぁ。。。

 

 

 

精神的症状

・甲状腺機能亢進症:  不眠、不安、いらいら、焦燥感

・更年期障害:      不眠、不安、いらいら、焦燥感、うつ傾向、無気力

→ほぼ一緒やん。。不眠・不安は鬱や無気力、焦燥感を誘発するし。。。。。

 

 

消化器系症状

・甲状腺機能亢進症:  下痢

・更年期障害:       便秘、胃腸障害

→これは違いがわかりますね。でも胃腸障害って下すときもある。

 

 

 

女性生殖器系症状

・甲状腺機能亢進症:  月経不順

・更年期障害:       月経不順、性交痛

→一緒だねぇ・・・・・。

 

もっと詳しく知りたい方は

三宅婦人科内科医院さんのHPにとても詳しく記載してくださっているので、ご参照になると良いかと思います。>>

 

ね??わからないですよね~~泣。

FullSizeRender (33)
身体と対話するときに、思い込みって一番 邪魔になるので

私は自分の感覚を信じるしかありません。

 

更年期障害を訴える方には、感性研ぎ澄ませて、集中して触れていると

甲状腺の異常の場合は更年期障害と何か違う違和感・・・・

虚弱さ 

を感じるときがあるので

その時は 病院で検査を受けるようにお伝えしています。これは言葉で説明出来ない。

 



 

先にも書いたように、更年期の症状だと思っていたら、

実はバセドウ病だった。橋本病だった。という例もあるので

 

更年期症状が辛い。。と感じる時は、独断や過信はせずに、

病院で検診をされることを 強く推奨します。

 

 

私は更年期障害による不調は、今までの経験もあるので

技術と、生活習慣で改善に導ける自信はありますが

 

甲状腺の異常の場合は、経験が少ないので、自信がありませんし

同じホルモンでも、甲状腺の場合は、病院での血液検査や薬などが適切なのでは???

と、今のところ思っています。

※マッサージでのストレス緩和は出来ますが、私自身が今までの経験から、手ごたえを感じなかったのです。

 

通常の健康診断や人間ドッグでは、甲状腺の検査は入っていないので

検査を受ける場合は甲状腺の専門病院、大病院の内分泌科で検査を受けることになります。

 

 

神様というか、宇宙の創造主というのかはわかりませんが

なぜ、人間の身体をこのように創ったのか、本当に聞いてみたいです。

images (10)
 

ちなみにこちらの記事はチェック項目もあり、動画もありで 大変わかりやすいです。>>

ご参考にどうぞ。

 

 

女性ホルモンシリーズ

1、女性ホルモンの乱れを整えるには??>>

2、何故 女性ホルモンは乱れるのか??ストレスって一体何??>>

3、女性ホルモンのバランスが乱れた場合、どうすればいいのか?>>

4、女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

 

 

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>