kaoriのコラム

私は新人時代から、目上のお客さまにとっても恵まれていて

更年期の時期でも、女性ホルモンと別れてた後でも

美しくポジティブに人生を歩まれているお客さまにしか指名を頂いていなかったので、

更年期を過ぎたら こんなに楽しく生きられるんだなぁ。。。。と

年を重ねていくことに、いい印象しか無いのです。本当に。

 

20代で出会ったお客さまのお陰があるから、年齢を重ねることに私はとってもポジティブ。なんだと思います。

アンチエイジングとか、本当に好きじゃない言葉。

securedownload
正確には、何でも否定的に捉える人とか、精神的に??な人には

『西田さんNG』って、言われていたので、縁が無かったのですが。笑

でもそういう人って、自分を正当化するつもりは毛頭ないけど、要注意人物としてサロンでも扱われてた。

 

私が思ったのは、

 

他人にどう思われようが 自分を貫いて生きてきた人って とっても格好良いけど、

要注意人物として接されるのは、また違うと思うのです。

 

 

こんな数十年の現場経験から更年期を境に人格が大きく変わる説を、私は持っています。

 

それまでは、深く付き合わなければ 良い人 で居れるのだけど

40代中旬ごろから、更年期の症状で生理が乱れだすと、

体調も優れなかったり、感情の起伏が激しくなってくるので、まず自分が苦しくなります。

 

そうなると、口調が暗かったり、きつくなったりしてくるんですよね。

 

そして思い通りに行かない自分の体や物事に対して ヒステリーを起したり

悲観的になったり、鬱っぽくなったり

他人に当たる。と言った行為へと発展していきます。

 

もっと タチ が悪いのは、悲劇のヒロインになって注目を集めようとする人。

20代では若い。で許されるけど、40代でこれやると、キツイしイタイ。

 

反対に

自分軸を持って生きてきた方は、自制心・恥・美意識 という

自分への矜持をお持ちなので、時々体調を崩されることはあっても

『あ~私もついにそういう時期になったのねぇ~』と、変化を受け入れながら

その上で どう楽しく幸せに生活をしていくか??

 

と、とても肯定的で生産的な考え方をされています。

こういう方は、私も全力でサポートさせて頂きたいし、頼って頂きたいと思っています。

 

こういう方は、常に自分に問う生き方をされてきたようにお見受けいたします。

それを若い頃から積み上げてきていらっしゃるので、ご自身をコントロール出来るのだと思います。

 

感情のコントロールは訓練ですから。

 

そもそも

自分の体から分泌される女性ホルモンに、自分が支配されるって、違和感を感じませんか。

 

自分の体から分泌されるものに、自分が支配されるなんて

若い頃に 自分を大切にすることを怠けてきた結果です。

 

自分が女性ホルモンを支配するには、

自分のボディ・マインド・スピリットとの対話を、毎日欠かさないこと。

それを積み重ねていけば、女性ホルモンも、自分でコントロール出来ると私は思います。

 

 

 

 

41A25osxSOLsim
私は高峰秀子さんの生き方を、お手本にしています。全っっ然出来ていないけど、永遠の憧れです。

 

 

 

更年期を境に、人格が変わってしまう人は、

若い頃に無条件で、無償で何かに没頭してこなかった人。

損か得かだけでしか、人にも仕事にも趣味にも接してない人。

つまり 愛が枯渇してる人です。

 

 

 

 

若い頃、楽なほうを選び、自分から逃げてきた人

要は自分の感情をきちんとコントロールすることをしてこなかった人は

体の変わり目で 心も引っ張られて大変なんだなぁ~・・・・・と、教えて頂きました。

 

 

更年期は体の節目。

といわれますが、心と体は重なっている。という考えの私は、人生も節目なのだと思います。

 

20代・30代を、どう生きてきたかが問われる時期。

 

私が素敵すぎる目上の女性達から学んだことで

20代・30代の方に伝えたいことは

 

人生って誰と出会うか?

そして

出会った方から得た情報を、

自分のものに出来るかどうか?

要は自分が素直か素直じゃないかで、人生は大きく変わる。

 

と、いうこと。

 

それにはやっぱり コミュニケーション能力。

表現する言葉を知ること。

 

 

同じ20代でも、

自分を伸ばしている人、潰している人って

その人がいる環境やどんな人と付き合っているかで大きく変わるなぁ。と見ていて思います。

 

 

私は現在 20代の人は受け付けていませんが、

直接のコミュニケーションは出来ないのに、メールでは一端の事言ってくる人が多かった。

直接言えよ、と何度思ったか。笑

そんな人は、貧弱な人間達しかいない人間関係の中にいる人でした。

 

で、そういう若い人も 私のサロンには来なくなるのだけど。。笑

 

要は自分に都合の悪いこと言われると、考えるのを止めて逃げるんです。

 

私は まだまだ幼稚な人間で棘とげしているので、

こうやって書いたり、直接言ったり、面倒くさいと感じる人とは接触しないようにする方法をとりますが

 

本当に スマートな大人 の方って、変わらず付き合ってくださるように見えても、

適当に生きている人には、一線を引かれているということを お若い方はお忘れなく。

 

例えば

とっても尊敬しているお客さまの話なのですが

 

その方の娘でもおかしくない年齢の女の人に

とっても失礼なことをされたのです。

 

(こういう器が大きい人って怒らないから、

若い人って『あの人なら怒らないからいっか~』とか考えて、失礼な態度取るんですよね。)

 

 

『何でそこで怒らなかったんですか?私なら、椅子蹴っ飛ばして引きずりまわしますよ!』

と私が鼻息荒く言ったら

一言

 

『私の娘じゃないから、どうなろうが関係ない。』

 

だって。笑

 

それ以来、その話は一切聞かないのですが

おそらく、いつも元気で明るいそのお客さまは

その人の存在自体を自分の人生から消されたのだと思います。笑

 

こっちの方が恐いと思うのは、私だけでしょうか。笑 ??

 

若い頃、流さなかった汗は、年をとって涙となる。  by野村克也 監督

 

 

 

女性ホルモンシリーズ

1、女性ホルモンの乱れを整えるには??>>

2、何故 女性ホルモンは乱れるのか??ストレスって一体何??>>

3、女性ホルモンのバランスが乱れた場合、どうすればいいのか?>>

4、女性ホルモン活性コースで、ホルモンの乱れからの不調を改善したお客さまの声。>>

 

 

女性ホルモン活性に特化した、新規さま専用MENUの詳細ページはこちらからご覧ください

Salon Kaori主宰の西田香織のプロフィールも併せてご覧ください

=====

会員さま専用、オンラインで簡単予約はこちらからどうぞ♪>>