kaoriのコラム

続き>>

 

師匠は、本当に博識で、しかも実践者。

本なんかも

一回読んだだけで、全部頭に入ってる人。

 

頭の回転が早いから

私は毎回 鼻血出しそうなくらいの集中力で聴いているよ。

それでも ついて行けない時もある。

 

奥様は真逆。

 

だから、奥様と私 2人ででかけた時は

二人共方向音痴だから、2人で迷うし、

お坊さんの教えなんかも、

2人して意味がわからず、2人でひょっとこみたいな顔をして聴いているからウケる。笑

 

でも師匠は、私が経本についていけてなかったり

ぶっ通しで朦朧と疲れていても

どんどん先に行かれるのに対し、

 

奥様は、懇切丁寧に気を配ってくださる。

この前なんか、二人して最後の方はお腹すきすぎて、カフェで何食べようか?しか

話してなかったしな。笑

 

これ、師匠の前では出来ない。

 

地図が読めない女。

空気が読めない男。

って、本があるけど、男と女は同じ生き物でも

臓器も違うし、筋肉も違うし、付いているものも違う。

 

昔、なんの本に書いてあったかは忘れたけど

男が病気になったのが女。

女が病気になったのが男。

っていうのを見て、首がちぎれるほど頷いたもんな。

美輪さんの本だったかな??違ったらすみません。

 

だから、わからなくて、理解できなくて当たり前だし

わかってもらおう。とする事自体が、オカシイ。

 

コレを前提で生きていると

相手に期待していないから、

ちょっとしたことでも感謝が湧き出るんだよね。

 

 

それに、喧嘩が絶えないカップルや夫婦って

色々な人を見ていて思うけど

本人が、自分を全くわかっていないんだよね。

 

自己対話が全然出来てない。

 

だから相手に

何でわかってくれないの?

とか、

こうして欲しいのに!

とか、

相手にばかり主張をぶつける。

もしくは我慢したり。

 

テメーがテメーを理解していないのに

それを人にわかれって押し付けるってさ、

やばいよね。

 

怒りは、相手に対する期待や依存で

自立してない証拠だけど

まじで、自分で立ってない人間だよ。

 

相手に求める前に

自分が自分をわかってあげない限り

まぁ、ずっと相手次第の不安定な幸せしかないよね。

 

自己対話が上手い人は

やっぱり、他人とのコミュニケーションが洗練されているもんだ。

 

 

ま、私は

空気も読めないし、地図も読めないけどな。

 

 



イソップ物語のレンガ職人の話。

 

知らない人は、上記動画を見てください。

 

 

おそらく

多くの人間が、2人目のレンガ職人だよね。

 

わたしも

昨年まではそうで、時々3人目のレンガ職人になったり

また二人目に戻ったりを、行ったり来たり。

 

今は、3人目のレンガ職人だと、言い切るね。

 

師匠は、今

大きなプロジェクトを動かしているみたいで、

それでも頭の硬いジジィたちは、保身や昔の成功にしがみついているから

どうやってこいつらを切って、進めようか?

考えていたそうだ。

 

余談だけど

私はこうやって、なんでも隠さずに

心の内を話してくださる師匠が大好きだ。

坐禅中も、最初のうちは帰ったらビールにしようか?酎ハイにするか?とか

足痺れたなぁ・・とか、雑念しかなかったとか 笑

 

私が昨年 『自分の頭で考えない人間を、心の底から見下します。』

とか言ってたら

『俺だって、「そんなこと 俺にいちいち聴くなよ!」って未だに腹ん中では思いますよ。

(私、爆笑)

大事なのはその自分に気づくことで、焦らないことですよね。

気づきがあるから、前進するのだと思います。

釘は、一回では入らないけど、何回も何回も打ち付けていくことで

グングン入っていく。それと同じです。』

 

こうやって、私と同じ目線に立ってくださる師匠。

 

話を戻して

頭の固い古いジジィたちを、どう排除しようか?

考えていたら

師匠の師匠に こう言われたんだって。

相手が理解しないのは、自分の誠、、至誠が足りないからだ。

理解されないからと排除するのではなく、

本当に理解してもらいたければ、理解してもらうまで、伝えていくこと。

 

って、教えて頂いたそうで

襟を正されていた。

 

これ、一見責められているように感じる人もいるかもしれないけど

私はこう解釈したよ。

 

師匠はもうアジアや世界をマーケットに動いている人だから

関わる人数が、私とは比にならないから、人を選べないと思う。

 

私はいい意味で、自分の限界を知っているから

多くの人が関わるプロジェクトなんかは、絶対に無理。

 

そもそも、もともと人とそんなに関わりたくないし

多くの人と 何かを創り出していく。というのはストレスでしかなくて

同じ美意識、もしくはそれ以上の美意識の方々に影響を受けて

自分の感性に従って

一つのものを創り出していく事が、好きだから

師匠とは、また少し違う。

 

 

私の場合は、

自分はこういう女性に対して、価値を提供していきたい。

というのが、ものすごく明確。

 

だからね、

そうじゃない女たちになんかには、わかってもらわなくて結構。

と、思っている。

 

私のことを、よく知らない人は

私のことを強い。と思っている人が居るんだけど

私は、良くいうと繊細。悪くいうと敏感で弱いから、自分で自分を守ることが先決。

 

それに 美 なんていうものは

定義がない、曖昧なもの。

 

曖昧だから豊かなんだけど、そういう人それぞれの価値観とされるものを

わかって欲しい。なんて

ただの傲慢だと私は思うからね。

 

だけど。

自分が来て欲しい!体験して欲しい!

と思う女性たちには、

諦めずに伝え続ける。

 

それが7年間のブログという証だと思う。

 

もう昔のなんて

恥ずかしすぎて読み返しもしないし

本当は消したいんだけど。。。(-_-;)

 

でも今のお客さまは

そこの私が居たお陰で、出会えた方々だから

過去の自分に感謝して、残している。

 

まぁたまに、私がなんとかしてくれる。とか勘違いして来る人も居て

私も無価値感から

稼いだ額=自分の価値

とか、クソだせー思い込みを持ってたから

我慢してやってたけど。。。。。

 

結局自分が苦しくなって

そういう女たちは、整理したけどね。

 

 

何を言いたいかまとめると

己を知れ

足るを知る

って、ことだと思うんだ。

 

だって人間は、

最期はどうせワンネス、1だよ。

 

今は、分離を楽しみに肉体を着てこの世に来ているんだからさ。

 

それに、

男は、精子を出す。という生き物で

外に出て生きる生き物。

(女性は、これが生理だね。)

 

だから、世のため人の為。と頑張れる。

 

それに

精子は闘って卵子に受け入れられるとかいうけど、

あれは違っていて

 

他の精子が、1つの精子のために、犠牲になるんだって。

だから男ってさ、

女にはよくわからない、男同士の忠義心があるよね~。

 

男同士の嫉妬は、女同士の嫉妬よりタチが悪いけど。

 

で、

女は内で育てて、産み出す。

という生き物。

つまり存在が クリエイティブな生き物。

 

だから根底が、違うよね。

 

 

上記は、生物学の話で、ジェンダーの話ではないですよ。

 

 

こういうこと、昔の記事にもいっぱい書いている。

 

今 検索したら

いっぱい出てきすぎて、貼り付ける気力をなくした・・・

 

・・・・・・

なんか本題に全然進まないな!

 

今回でこの記事は終わる予定だったのに(^o^;)

 

最後にまとめで

もう一回続く>>>