kaoriのコラム

この話は、年明けから最近お客さまとよくしている話です。

 

昨年の暮れあたりから 私は言い切ることを止めました。

 

エステティシャン養成講座>>でも、

受講生さんは、お世辞抜きに 本当に良いエステティシャンの方ばかりなので

何も心配はしておらず、この方達だったら大丈夫。と期待ではなく、信頼しているので

絶対に言い切らず、指図せず、素晴らしいところをより 引き出すことに尺力しているつもりです。

 

あーしろ、こうしろという人は

愛情深いという都合のいい言葉の裏に

自分も他人も信頼していない。という深層心理が隠されているのだと私は思うのです。

 

それに気づいたのは、こんなことがあったのでした。

 

2,3年前、

私はKさんという方に

『若い人って、私に依存してくる人ばっかりで、勝手に私に理想の姿を押し付けてきて

理想と違ったら勝手にショック受けてさ~。何なの?うちは精神科じゃないんだけど?!

もうサロンやるのが本当に嫌になってきた!!』

という事を相談した時のこと。

 

Kさん『それは、西田さんが言い切る文章を書いてるからだよ。』

と、言われたのです。

 

が、当時の私は

自分のHPで、自分の意見を言い切る事の何がダメなのか?

全然わからなかったんですね。

嫌な人は見なきゃ良いだけだし、

ただ私はこう思う。と 自分の意見を無料のブログで言っているだけなのですから。

 

だから、出版の話が来た時には断りました。

 

何故なら

先方は、こういうタイプはこういう傾向がある。と何パターンか書いてください。

と、言われたからです。

 

人の身体は皆それぞれ違うから、こうだからこう!という事は無い。

だから そんな無責任な本は出さない。

と。

 

それに、依存してくるのは若い20代の人が多く

私より目上の方は、技術がダントツ上手いし、自分の意見をしっかり持っているから。

という事で、とても敬意を持って対応してくださっていましたから

若い人の受付をしなければ良いだけの話。と思っていました。

 

因みに、売れる営業マンって、言い切るんですよ。

言い切ってくれると、こちらも安心しませんか?

 

ただ

私は思考が現実化する仕組みを、相対性理論や、量子力学で学んだのですが

わかったのは、この世に絶対はない。ということ。

 

あるかもしれないし、ないかもしれない。

という世界に、私たちは生きている。

 

現に、そこで教えてくださった講師は 言い切ることはせず

~かもしれません。

と いつも言っていました。

 

西田さんがそう思うなら、そうかもしれませんね。

みたいな感じで。

 

答えなんて、自分の中にしかないのですから

講師は至って当たり前のことを言っているのですが、、、、

 

でも、これってすごく不安になるんですよね。

(余談ですが、開業当時 私のサロン名はBOUELという天使の名前でした。意味は真実は自分の中にある。という意味なんです。もうこれをご存知の方って、お客さまでも3人だけかなぁ・・??)

 

私は言い切る事が、相手への誠意だと当時は勘違いしていたので、

依存してくる人が悪い。と思っていました。

(もちろん20代でもしっかり自分を持っている人は、いらっしゃいます。そういう方は、どんどん綺麗になり

ずっとお通いくださっていたり、プライベートでも、歌舞伎に行ったり 良いお付き合いをさせて頂いています。)

 

私は 依存してくる奴、大っ嫌い!と言い

記事も、そういう人たちが来ないように より言い切って、書いていました。笑

 

 

しかし昨年。

 

言い切る人は、相手の思考を止め、依存をさせる。

しかもそれが自分自身が無知な分野(自信がない)ならなおさら。

 

というのを、言い切られる側になり、勉強しました。

X JAPANのTOSHIが洗脳された気持ちが、何かわかった。

 

 

あなたはこうです!あーです!こうした方が良い!あーした方が良い!

と、言い切る人って、人に上下を創っているんだと思います。

 

自分が上になりたいんですよね。

 

それは、根底の根底に自分に自信がなく、不安を持っているのかもしれません。

でもこれは、本人も気づいていないのだと思います。

少なくとも、私はそうでした。

 

 

類は共を呼ぶ。

だからそういう人には、同じように自信がない人が引き寄せられているんでしょう?

 

言い切られると、自分で考えなくて良いし、楽だし、責任もその人のせいに出来ますからね。

私は もうそれがしんどくて、最後はブチ切れてましたが

多くの人が、思考が停止状態で、自分で考えたくない人のほうが多いのだそう。(無意識で)

 

恐ろしい・・・・。

私はもう絶対言い切らない。と思いました。

 

私がSNSでの自分の意見を発信するのを止めたのも、そこを学び

本当の意味での 自信 というものが、わかったからです。

そもそも最近のFacebookは、何かmixiみたいに身内化してきて飽きた。というのもありますが(^o^;)

 

自分の人生のハンドルを他人に握らせると

いずれ、握らせたその人の事が 大嫌いになる出来事が起きてくるかもしれません。

 

私の場合は、これを両方経験しています。

 

もう全部、自分が原因だと今なら冷静にわかります。

この世は正に全てが 100%自分原因。

思考は現実化していますし、現実は思考です。

 

今回のエステティシャン養成講座には

本当に頼れるお姉さんみたいなエステティシャンがいらっしゃるのですが。

私でも、迷った時は頼りたくなるような 自分をしっかり持っている方なので、

『依存だけはされないように、気をつけてくださいね。』と、私はお伝えしています。

 

信頼と期待は違います。

相手への期待は、もう依存が入っていると私は思います。

 

お客さまも 最初は期待で入ってくると思うのですが

それを、信頼に変えていくには、やっぱり技術とカウンセリング、提案力です。

まぁ自分でやらない他力な人、素直じゃない人は、私はやりませんが。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学ぶのって楽しいじゃないですか?

 

よく私の人間学の師 小田全宏先生が仰っていたのですが

 

 

 

『学べば学ぶほど、わからない事が増える。僕は謙虚とかそんなのではなく、本当に何も知らない。』と。

本当に学んでいる人って、心からこのセリフを言うんですよね。

 

逆に無知の人間ほど、自分の経験値でしか物事を考えられないから

全然素直じゃない。

 

技術職なんかやっているとすぐわかるのですが

だいたい3年~5年くらいの、ちょっと身体がわかり始めてきたくらいの中堅が

全てをわかった風になって張り合って、大クレームを出すんですよね。笑

 

ま、そういう経験をした人は強いけど。笑

私もこの当時の自分を思い出すと、顔から火が出そうです・・・・・。

 

 

自分の学びたいことが、自由に学べるというのは本当に楽しいことです。

しかしその時に

気をつけた方が良いのが、この人についていけば、この人といれば

幸せにしてもらえる!という考え。

 

自分を幸せにできるのは、自分だけ。

 


 

 

私『Kさん、私は数年前、Kさんが言い切るから依存されるんだよ。と言う意味が全くわからなかったのですが、

その意味がわかるようになりました。言い切るって、やばいですね!一種の変な宗教だ。』

 

Kさん『でも西田さん、それがわかって良かったじゃないですか。西田さんはピュアなんですよ。

影響を受けやすいし、この中でも1番騙しやすい。でも僕はそれはとても良いことだと思うんです。

だから一旦 自分を俯瞰するって言うのがとても大事なんじゃないかな、と僕は思います。』

 

私『・・・・・Kさん、的確すぎるんですけど、、、笑。もしかして洗脳されたことあるんですか?』

 

Kさん『ありますよ笑。でも詳細は墓場まで持っていきます。笑』

 

おお。

尊敬するKさんも、そういう経験があって、今があるのか~!と

勇気というか、やっぱり失敗はその人の魅力となっていくんだなぁ!と

何だか嬉しくなったのでした(^o^)

 

 

とりあえず、SNSなどで 妙に幸せアピールする人とか

感謝 感謝 言いまくっている人とか

人のため 人のため とわざわざ言いまくってる人とか危険だと私は思っています。

 

本当に自信がある人って、それが当たり前になっているから

わざわざ口に出して言わないのだと 私は思うのです。