kaoriのコラム

 

私は口が悪いです。

 

でも、これがわざとだったりするんだな。

 

こう見えて、私は高校時代

東洋の魔女に、日本語の使い方を叩き込まれているので

美しい日本語を話せと言われれば話せるし

尊敬語 謙譲語 丁寧語の違いも

いつも100点。(所詮、戦後の日本教育の学校のテストですからね)

 

外見的コンプレックスも、精神的に追い込まれるほどだったので

自分が綺麗に見えるにはどうすれば良いのか?を

好奇心どころか、執着心を持って探求し

 

その1つに、言葉遣いの美しさや

話し方も関係することは、もう20代前半で気づいていました。

 

今頃 話し方講座とかさ、なんかそう言うのいっぱいあるけど。。。

今って何でもビジネスに出来るんだな🤔

 

いかに消費者が、思考の停止状態かがよく分かる。

 

そんなところなんか行かなくとも

美しい日本語は昔の 日本映画 で学べるのにな。

 

皆 寂しんだな🤔

 

話を戻して。

 

でも私は、綺麗な言葉を

公に使う事は、今後も無いと思います。

わざと崩して行きます。

 

それには理由があるんです。

 

アメブロ時代

綺麗な人だと思われたい!

できる人だと思われたい!

と言う虚栄心から

 

綺麗な言葉で、好感が持てる言葉で

しっかりしているな!と思われるような言葉で

コラムを書いていたのですが

 

お問い合わせは、0。。。。😅

あ、でも男のウケは良かったかな🤔

 

でも、コラムは仕事でやっていますからね。

男にウケても、意味ないんだよな。

 

その後、こんだけ完璧な日本語で、綺麗に書いてもこうなら

もう好き放題書いてやる!

と思って、今の言葉遣いにし、思っている事をそのまま書いたのですが。

そして今に至る。。。

 

 

だってさー!育ちって隠せないじゃないですかー?!

 

私は職人家系で、妹以外

周りは全員男の中で、男よりも男のように育ってきたので

それが染みついている私が、

お嬢様言葉なんて、心が乗らないだろ、言葉に。

だから、例えお嬢様言葉で話したとしても

それは私じゃないから、心が伝わらないんだよな。

 

1番分かり易かったのは

白洲正子さん。

 

私、あの人の文体、全然入ってこない。

20代中頃で 色々読んでみましたが

凡人の私には、お嬢さんだね、この人。

 

で終わり。

 

最近読み直しましたが、やっぱり私には

読みにくかった。

 

でも、宇野千代さんは、ビシバシ入ってきます。今も。

 

 

安野モヨコさんとか

西原理恵子さんが、なぜ 多くの女性にウケするのか?って

飾っていない言葉遣いだからだと思うんです。だから伝わるし、面白い。

 

美輪明宏さんも、美しい日本語を推奨されている方ですが

書籍とか、自伝書を読むと

 

所々に

チッ!バカタレのチューリップ!

とか

負けてたまるかっ!

とか

だらしないホステスに絡まれた時に

おまんたん持ってるだけが女じゃねー!これでもくらえ!

とかいう言葉遣いがあるし

 

そう言うところで、

あ、私と同じだ、、と共感を持つし

 

 

叶姉妹も美しい言葉を使われていますが

テレビやブログなので時々

薄っぺらい事

くだらない。

わたくしには関係ありません、

とか、強い言葉を入れられるときに

あー、本音だなぁ。と感じ、叶姉妹は本当に綺麗事が好きじゃないんだなぁ。

 

と伝わります。

 

誤解しないで欲しいのは

 

私が言いたいのは

言葉遣いを乱した方が良いと言っているわけではなく

 

カッコつけても、伝わらないよ、あなたの気持ち。

と言う事です。

 

本当に大事な人には

あなたの心をそのまま言葉に乗せて伝えた方が、絶対に伝わる。

 

方言?

最高じゃねーか!

 

私は18歳で上京し

方言を抜かないと営業に入れないと言われたので

二週間で抜きました、、、

 

30歳手前まで、方言は恥ずかしいと思って

カッコつけていましたが。

 

でも、今は東京の色々なところで

上京したばかりの方の訛りに触れると

私も初心を思い返しますし

その方の事は、忘れません。

むしろ、応援したくなりますね。

 

私ももともと近寄りがたいと言われますが

方言を出すと、ぐっと距離が縮まるので、この人の心を引き付けたい!

と言う時は、方言を出すようにしています。

 

地方の皆さん

大阪の人のように、もっと自分の生まれた土地の言葉に誇りを持ちましょう。

 

標準語がなんぼのもんじゃい!

 

敬語だけだと、何も心に響かんぜよ!

 

でも、

 

型があっての型破り

型がないのはただの形無し

 

というように、型を知る努力はして

型を知った上で、自分なりの言葉の表現を見つけていくのは

最高のお洒落だと思いますよ。

 

私もTPOで言葉遣いはわけますし

もっと言うと、装いでも分けます。

 

男装に近い装いの時は、男言葉で

着物の時は、標準語で

普段着は、普段使いの言葉で、、、と言うふうに。

 

これも20代初期

美輪さんの書籍で教えてもらって

言葉も着替えるって、最高にお洒落だなー!と感銘を受けたことから

10年練習しました。

 

なぜ、今日は言葉について書いたのか?

 

先日、お世話になっている方にお誘い頂き

芝居小屋まで芝居を観に行ってきたのがきっかけなのですが。

 

それが本当に面白かったので

続きは②でご紹介しますね。

 

新規さまの受付情報は

こちらをご参照ください>>