Column  


↑最高。




6年待った甲斐があったわ。流石だね!




EGO-WRAPPIN’>>




ちなみに表現アートにも、DreamBodyっていう表現がある。




そしてそして・・・









林檎ちゃんの新作で、 天才表現者 Aya Satoが復活していた!!




う、嬉しい。。。天才が帰ってきた(T_T)




それにしても、、40歳になっても尖り続ける椎名林檎は、やっぱりカッコいいね。




Aya Sato







さて、本題です。




今日は久しぶりに専門記事を。







サロンのお客様で、ここ最近 いきなり肌荒れした方がいて。




彼女は24歳くらいのときから通ってくれていて、現在28歳。




アトピーの爆弾は抱えていますが、食生活や解毒を中心にやってきたので、




普段は全く出ない。







だけど疲れてきたり、ストレスが溜まると、




時々 脱水肌として、身体がサインをだしていました。




が、それも意識の改善で、ほぼ出なくなってきました。







しかしココ最近の肌荒れは、アトピーレベルではなく




本当に、内側からボコボコ出てきている肌荒れ。ちょっとびっくりするくらい。







その吹き出物たちからは、邪気を感じたので、




そのまま肉体をリーディング。










28歳か。







出産経験がある人は、当てはまらないけど(子供が持っていってくれる)




出産経験がない女性は




19歳、28歳、31歳~33歳、36歳~38歳の間って、体が大きく変わる時だと、私は自分の経験から思っている。※40代、50代はまた別で。




33歳とか、、、厄年だしね。私も33歳、肉体的にも一番しんどかった。







特に28歳は、医学的にも言われているけど




女性ホルモンがピークのとき。







自分の人生をより善くしたいという意識で生きている人は、




この28歳のときが、一つのターニングポイントになる傾向がある。







だけど




自分が溜め込んでいることも気づかず、自分に不感症になり




ずっと自分を抑え込んで来てしまった人は




脅してるみたいで申し訳ないのですが




38歳あたりで、どかーーん!!とトラブルが出る傾向がある。







私は28歳も若年性更年期障害とか色々あったけど、




そこでしっかり自分と向き合わず、知識やテクニックで乗り越えちまったもんだから、トドメは34歳できた。







内面で向き合わなかった問題は、いずれ運命として出会うことになる。byカール・ユング







でも、どかーん!と出るって、とっても良いことよ。




もう40歳越えてから、どかーん!と色々運命に起きても、気力体力ともに違うから、30代で片付けておいたほうが良い。







彼女も28歳という




ホルモンバランスが変わる時期=身体の変わり目に 表現アートを通して自分を棚卸しして、内面もバージョンアップ中。







今ままで溜めていたものが、皮膚を通してデトックスされているのだと思う。




因みに皮膚のトラブルに出る無意識の状態は




自分への恥の意識。←無意識だからね、自分では気づけないと思うよ。










長いこと、周りの期待に答える 良い子ちゃん で生きてきた彼女は




もちろん自分のことは後回し




自分を馬鹿にする。という無価値感の塊だった。







言いたいことを言えないので、当初は何を考えているのか?




私も全くわからなかったのだけど




本人さえも、自分が何を考えているのか?わかっていなかった。笑







そして彼女は、とても可愛い。







顔は童顔のくせに、巨乳。巨乳のくせにカモシカの脚。





・・・・本当、随分とパーフェクトな肉体を選んできたもんだ。笑







性格も素直だから、私の周りの素敵な目上の方々に紹介すると、いつも可愛がられる。










こんな感じなので、男が誘わないはずは無い。




だから色々な誘いも断れず




嫌いな人とも我慢して付き合い




行きたくもない女子会や合コンに付き合いで行き。。。。




おクソな上司にも逆らえず・・・・・




我慢することが普通になり、我慢していることにさえも気づかなくなっていた。







ソレが今では




YES,NOをちゃんと言えるようになってきた。







だからもう、昔の古い肉体を着ている必要はないのだ。







だけど、彼女はすぐに頭で考えてしまう癖がある。







あまりにもそうなので、ソウルコード(魂の暗号)を読んでみたら、




バリバリの思考型コードを持っていた。(計画性とか抜群に良い。)







だから、今は感じる練習も取り入れてもらっている。







その一つの例が




この前、一緒に食事したときに




『本当は、ワインを飲みたいんですけど、肌荒れしているから我慢したほうが良いですよね?』




とか聴く。笑







おいおい、私とこれだけ一緒に居ても、まだ身体の声より思考の声を優先すんのかーい!!と、突っ込みたくなった。笑







私『・・・いや、自分が幸せだぁ!!って思う方を選べばいい。内側から綺麗な肌に必要なのは、オキシトシンやセロトニン、Bエンドルフィンと言った幸福ホルモンだからね。好きなことを我慢してても駄目だろ。笑』







あ、そっか!




とか言ってワイン飲んで、




ヒャ~幸せ~❤




とか言っている。笑







確かにお酒は身体を冷やすから、飲み過ぎは良くないし




惰性で飲んでも、何も良いことはない。







だけど




私は自分の体を通して、経験してきたからこそあえて言うのだけど







本当に肌荒れして心が塞いでいる時




若年性更年期障害のとき




自律神経失調症のとき




不正出血の時




おっぱいにしこりが出来た時、、







そんなときに、正論なんて要らねーんだよな。笑




だって世の中の健康法なんて、まだまだ男の体を主体としたものだし。







正論より、エビデンスより




私を見て欲しい。




だった。







はい!




他人に言いたいことは、自分自身から、自分へのメッセージでしたね。







ということで、今日はここまで~!




続き>>







新規様のMenuが新しくなりました。