Column 

この記事がUPされている頃、私は東京を離れた山奥で

また、自分の源と繋がって、

自分を表現し

歌ったり踊ったり表現アートを通して、

自分を深く深く見つめている頃だと思います。

今回のテーマは

ズバリ

インナーチャイルド。

ついに、この日が来た。

凄いよ~。ゴッドマザーのworkshopで、

今回初めての同意書があった。

それくらい、無意識に大きなアプローチが入るんだろうね。

インナーチャイルドと、本気で向かい合う覚悟が出来た人は

あるがままの自分を、愛する準備が出来た人だと言われている。

自分と分離している人間は

あるがままの自分(ズルい部分、弱い分、など)を受け入れきれず

在りたい自分に執着する。

去年の今頃の私に、インナーチャイルドなんて言われても

は?インナーチャイルドとか言っているやつは、頭がおかしい奴。

と、一蹴してただろう。笑

それくらい、私は

こうあれなばならない!という

誰かが創った理想ばかりに執着し、今と過去の自分を置き去りにして

カッコつけて

自分をボコボコにして、切り刻んでいたんだな(無意識で)、、、と思うと、

あそこまで振り切って、自分を貫いてくれた過去の自分に、敬意を持ちたいと思う。

これでダメになるくらいなら、所詮 私の実力はこんなもんだっ!

と、全部を捨てて

神様や仏様にも、勝負を挑み 笑

・・・・本当に仏様の前で、文句言いまくっていたからね。笑

失うものがない人間は、狂気の域。

もう無敵なのだ。笑

ずっと自分には、自己投資して

自分を見つめてきたのに、なんで苦しいんだ?とか

人格者の教えは、ちゃんと守ってきているはずなのに、、、、

出来ない自分が、まだまだ駄目なのか?とか

そうやってジャッジている自分を、ジャッジし続ける。

量子力学を知ったときなんて、コレで私の人生、本当に変わるんだ!!

と、大興奮したのに、

よくわからない現実が、どんどん起き、トラブルだらけに。

よくわからない現実が起きるのは

自分が自分をわかっていないからだ。

というのが、今ならよくわかるが

当時はもう、外側ばかりに答えを求めているから、本当にわからなかった。

表現アートを通して、出会ったもう一人の自分によって

私は結局 全てが他人軸で

本当の意味で、自分 というものが、なかっただけだったというのを 

思い知らされたときはもう、、、、笑

今までの人生を、全否定したくなった。

表現アートで、どんどん過去の置き去りにしてきた自分と仲直りして

内側の滞りを流し、自分を思い出してきた今は、

あるがままの自分で存在することが、出来るようになった。

私は全部を破壊して、本当の意味で裸になった。

裸になった今、本当に幸せだ。

私だけではなく、私の周りのみなさんも幸せそうで

花を見ながら 呼吸をしているだけで、生きてることに感謝で涙が出るときもある。

この前なんか、サロンの準備をしていたら

あんまりにも幸せすぎて、

私、もう今死んでも後悔ないわ。。。。と思ったし。笑

でもね、この前、ある統計学で私の人生は、35歳で一旦終わる。って言われた。

35歳までは、心技体、魂を、確立、、

自立させることがテーマだったそうで、

当たっててびっくりした。

これからの私の人生は、共同、共創、パートナーシップと言った

人と関わることが、テーマになるのだそうだ。

本当の癒やし、、、治癒が起きる時・・・

チネイザンの創設者  謝明 徳 老師

手や指に治療力が宿るのは、心が善意で満たされている時のみである。相手に触れるときには、精一杯の気配りと慈愛、愛情を持って触れなさい。あなた自身の中心から触れるようなタッチであれば、相手のココロは開かれる。まるで朝陽を浴びた花びらのように。

と言っているが、

自分が相手を治す。とは言っていない。

自分自身に、体・心・魂で本当の治癒が起きる時。。。

それは、

自分が自分を許せる時・・・・

自己受容以外ない。

本当の健康は、自己受容から始まる。

一人ひとりが、あるがままの自分に戻れた時

私達は、元はONEだった。ということを、思い出していくのだから。

令和は、平成の延長ではない氣がする。

本当に、自分を生きる覚悟が出来ているか?

これを問われている氣がするよ。

1人が目覚めれば、1000人が目覚める。

皆で歌って踊って描いた絵❤

それでは皆さん、素敵な休日を。