Column 

維新!のゲーム実況に向けて、

一番興味がなかった幕末の歴史を学びなおしているのですが、

やっぱりあの時代は、日本においてもとても重要な時代だったとはいえ

全然面白くないわぁ笑。

あの時代は、血の気の多い男の人達が、

いかにも好きそうな時代よね。

でも、私が唯一

興味を持てるのが、それぞれの剣士たちの

美しい名刀🌟

これはもう有名すぎると思うけど、
沖田総司の菊一文字則宗。

 

 

数年前に、日本刀女子というのが流行りましたよね。

あれ、私もそうでした。

 

やっぱり

魂がこもっているものは、存在感が違うんだよなぁ。

 

それは人間も同じよね。

自分自身としっかり繋がっている人は、何を着ていようが

シワやシミがあろうが、存在感が違う。

 

逆に

外見ばかりを一生懸命綺麗にしようとしている人は

自分にほんとうの意味で、自信がない人なんだなぁ。。。って、

私は思うよ。

 

全ては自分の内面から。

外見は、内面の一番外側。

 

ゲーム実況を通して、こういう雑学や

骨董品などの鑑賞の仕方(見方)とか、

美しさも一緒に伝えていこうと思っています。

 

 

さてさて新しいメニュー Hygge.

今までのように、ただ受け身で情報を垂れ流しにしていた人には

もうさっぱりわからないメニューでしょう。(受付は終了しています。)

 

 

これ、ただ食事を気をつけるとか

自分に似合うものを着るとか、部屋を片付けるとか

そういう上辺のことじゃないんです。

 

日本では、昔の私も含め

ちゃんとLIFEをしている人って、本当に少ないんですよね。

 

仕事ばっかり

社交ばっかり。

そういうところにエネルギーを注いで、

LIFEは 後回し、これくらい いいや。

 

という感じ。

 

衣食住を本当に満たすと、人生がとてもシンプルになる。

 

例えば

何でそんなに働くの?何で東京じゃないと駄目なの?などを

徹底的に探求していくと

その答えは自ずと導き出される。

 

・・・だけど、それに気づいてしまうと

今まで頑張ってきた自分を全否定することにもなるとエゴは察するので、

殆どの人は、そこまで自分を深めない。

 

ここのエッジを超えると、本当に違う世界に行くんだけどね。

勿体ないと私は思う。

 

以前の私も正にそう。

LIFEを生きていなかった。

 

ただ、生きるために生きていたという感じ。

衣食住に密着するなんて、非効率なことだと思っていましたからね。

 

例えが難しいんだけど

太った太ったって言っている人って、

太るためにお金も時間も使ってきたわけじゃないですか?

それを今度は、痩せるためにまたお金や時間を使う。

っていう感じ。

 

超非効率。

衣食住に密着してたら、心身のブレもすぐにわかる。

 

LIFEを整えてから

世間や親、学校。。。。。集合意識レベルでの洗脳が解けた感じ。

 

これは

本当にLIFEを生きて、本当の豊かさを体得している人にしか、伝わらない。

他人軸の人には、一生わからないこと。

 

でも、それで良いと私は思っている。

 

自分の狭い経験値で分かる範囲、

自分の感覚や思考を使わなくていい簡略化された情報ばかり欲しがる方は

今後の当サロンのお客様の層ではないのだし。

 

日本の変なところって、

出来る人よりも

出来ない人に合わせる風潮が強いよね。

 

これ、なんか国の策謀なの?

 

人間って、そんなに能力に差ってないんですよ。本当に。

脳科学でも、そう言われているんだよ。

 

私も結構人を見てきたし

何でも平均的に出来る側だったから、

出来ない人に合わせる風潮にイライラすることもあったんだけど

 

出来る人が、特別優れているわけではないのだ。

 

じゃあ、出来ないやつは、何で出来ないんだ?って話なんだけど

出来ない人は、

やってない。

 

ただ、これだけなんだよね。

 

※不器用でも、ただ直向きにやっている人というのは、出来ない人間に入らないよ。

 

何でそうなるのか?っていうと

出来ないフリをしている人はね、

 

自立したくないの。

 

ずっと子供でいたいから。

子供で居ると楽じゃん。ずっと被害者側でもいれるし。

 

だから、

自分の感情にも選択にも、行動にも責任を取りたくないから

世間体を気にして、皆と同じ。ということに安心するの。

 

そして

親が、家族が、旦那が、彼氏が友達が、お金が、歳が、仕事が、

とか人のせいにばかりして

自分より出来ない人を探しては、マウント取ったり

被害者ぶったりしているのよね。

 

要はただ平和ボケしてるだけなんだけど。

 

本当に好きなことして生きたければ

自立する覚悟

元に戻ろうとする甘えを捨てること

からなんだけど、

出来ない人は、ここをやろうとしない。

 

いい年した

出来ない大人の拗ね方って、本当にたちが悪いものだ。

 

こういう人、50歳過ぎた辺りから、孤独になるらしいよ。

更年期が一つの区切りだろうけど。

 

でも、そういう人はとても多いってよく聴く。

私の周りには、居ないけど。

 

そういう人たちの悩みって、悩みたくて悩んでいるから

相談なんかも、真剣にのる必要はないものなんです。

 

私はこれからは、

出来ない(やらない)人間は、置いていく。

出来ない(やらない)人間に、視点を合わせない。

 

自分を生きていない人間の言うことに耳を傾けない。

喋らない。

 

これらは、もう散々やったし。

 

人間は、環境で変わる生き物ですし、私は素直だからすぐに影響を受ける。

だから環境には神経を研ぎ澄ませたい。自分のためにも。

 

今までは、何やかんやいいながらも

いろいろなタイプの人間が、共存できた地球だったけど、

これからは、

本当に真っ二つに別れていく時代になるみたい。

 

私はこの話

自分もそうだし、周りを見渡していても

本当の話だと思っている。

 

今までは、エステティシャンカンセリングという職業柄

何かお悩みがある人たちに対してやってきたけど

それはもう、終わり。

 

これからは、元気な人達と関わっていきたいと思う。

 

だから新しいメニューも、

悩みを私にどうにかしてほしいって思っている人は、

絶対に申し込まないでください。

 

このメニューは、皆平等で

愉しく自分を探求していくもの。

 

自分自身を、本当の意味でおもてなししたい方たちと

好きを生きる!と決めている方々と

明るく穏やかにやっていくために作っております。

 

 

 

 

 

 

 

ではでは~!

今日の真島の兄さん尻ーず🍑は、コレ!

超絶ブラック企業 真島建設設立⬇
西田がフルスイングでぶん殴られるのが、もう私のツボで😂😂😂

 

 

スタッフ募集のポスターがコレなんだけど⬇

社歌もあるんだよ。
因みに龍が如くは、ヤクザのゲームだと思われている方も多いと思うけど
主人公は、絶対にヤクザではない。というのがこのゲームのポリシー。

でも、龍が如くの海外版の英訳は
YAKUZAなんだけどね😂

 

 

アットホームで明るい職場

って謳い文句は、ブラック企業の代名詞だし

 

パワフルでアグレッシブな人材を求めています。

の訳は

カチコミかけられるパワフルさと、

勘で爆弾処理も出来るアグレッシブな人材っ!!

という意味ね。😂

 

でも凄いよなぁ、、、最初は10人しかいなかった真島建設。

最後は組員。。構成員、、、スタッフ何千人の規模になって

神室町ヒルズも、本当に建てたからね😂😂

 

やっぱり兄さんは、私のヒーローや!