Column  


お客様に向けてやり直している、私が経験してきた赤裸々な美容論。




もう遺作にするつもりで、真剣に書いています。笑







時々、なんで無名の私が、こんな赤裸々に、剥き出しで




電波を通して書いてんだ?ただの自己陶酔や自己満足じゃない??と、思考に入るときがあります。




・・・・いやね、、もう少し隠して生きてたら、私もっとモテると思うのよ。笑




普通の男性はビビるよね、こういう女。笑




現にColumn読んでから、私にお会いする男性は、皆ビビってるし。😂







男女問わず




仮面をたくさん被りながら生きている現代人は、肉体は簡単に裸になれるけど、心まで丸裸になるのは断固として拒否する。







でも




本当は皆、感じたいし、感情を感じたい。




人間だから。







だからミストレスのところに、社会的に地位の高い男性が行くのがそのいい例。




仮面や鎧を脱いで、あるがままの自分の存在を許可してもらえるからね。







SMなんて、、とか言っている人は、残念ながら幼稚な知性の人だと思う。




SMって、精神的なこと。究極の心理学。




昔のヨーロッパでは、高貴な遊びだったしね。







それくらい、だらし無い自分、子供のままの自分、甘ったれの自分、認めて欲しい自分、弱い自分をさらけ出し




あるがままの自分で居れるって、究極の至福状態だから。




コレは男女問わず、皆に共通することだと思う。







そうだそうだ、私は自分の女王様だった。




誰かのためにやっているんじゃなかった。




綺麗に生きるのを諦めたのだった。




あるがままの自分で在るために




ヌードで生きると決めたのだった。




と、カッコよく生きれない自分に未だ葛藤をしながら、一人ストリップをやっています。笑




自分のためにやっていることが、誰かの気付きや勇気になれれば嬉しいです。







新しい記事をUPしたときは、随時このページをトップに持ってくるので




その時のご自身のコンディションや、直感に従って




ご興味のあるページを読んで頂ければと思います。








前置き長っ。







私は今、極秘でセラピスト養成講座というものをやっています。




日本でセラピストというと、なんかアロマセラピストとか、そういうのをイメージする人が多いと思うのだけど




それ、日本やアジアだけの定義です。







私は日本にしか通用しない資格や技術よりも、世界に通用する技術と感性を鍛えているので、あまり日本の一般的な概念は知らないのですが。







セラピスト、、、これを日本語にすると難しいのですが




援助者と訳されるみたいですね。







で、また援助者、、、とかいうと




あるがままの自分を拒否し、ありたい自分に執着している人は




愛と光。。とか




全需要、、、とか、聖母・・・とか薄っぺらいイメージを持つと思うのです。




そういう人に、私が言いたいのは




お前、、、自分がそんな立派な人間だと思うなよ。




あんたは、あんたが思う以上に、クズだよ。マジで。




という事だろうか。








本当の援助者は、必要であれば




鬼にもなれる。




嫌われ役にもなれる。







援助者になるということは、相手にとっての最善の選択が直ぐに出来なければいけない。




職業だけではなく、子育てやパートナーシップといった、素晴らしい人間関係を築いていく上で、とても重宝する才能だ。







いわば、あげまんの要素の一つだと思う。




あ、私の場合はドSなので、例外ですが。笑







援助者になるということは、生半可な気持ちではいけない。




しっかり相手とのバウンダリー(境界線)を守りながら、




共鳴していく 技術 も必要だ。







そのためには、




人のためとか、何かのためとか、そういう上辺の綺麗事ではなく




本当に深く深く




自分と向き合っている事が、最重要。







だから、生半可な人はやれない。







その証拠に、このセラピスト養成講座も、色々と凄い。笑







やるって言ったのに、家族を病気にして、やっぱりやらない。と言い出したり。笑




やるって言ったのに、今はまだ時期じゃない、、とか。笑




こういう人は、ずっとやらないから、じゃあいつだよ?って昔の私なら言っていたけど、今はそういう人にエネルギーを使う暇はないし、本人の自由なので、特に何も言わない。







それくらいセラピスト養成講座、、私は氣力を使う。




私も昔みたいに、体力ないからね。







逃げるのが、良いとか、だめとかではない。







普通の人間は、そういうものだということ。




本当の自分から逃げるのが、普通の人だから。







そういう人は、援助者はやらないほうが良い。クライアントを不幸にするから。










今まで自分から逃げてきた人は、いざやる!となった時




こうやって家族が病気なったり、自分の能力の低さや、誰かのせいにして、自分に原因はない。自分のせいではない。と逃げる。







内面で向き合わなかった問題は、いずれ運命として出会うことになる。byカール・ユング







自分がやりたいことから逃げる人は、思考では自分を正当化しているつもりでも




深い部分で、また自分を傷つけ、




問題を先送りにしているだけで




後回しにすればするほど、問題はどでかくなって運命に現れる。




それ、運命とかじゃななくて、




ただ単に




なかったことにされた過去の自分が、仕返しに来ただけだから。笑











親が倒れたって、自分がやると決めたことを、やる人はやるから。






人生、どれだけ勉強したか?じゃない。




やるか?やらないか?




本当に ただ それだけだ。







怖れを超えた人間には、想像を超えた人生が待っている。







その一つの例が




セラピストの勉強をする!と決めたあと、それを邪魔するかのように、色々な事件が起きた彼女。








現実は、内面の投影でしかない。




と、頭で理解していた彼女は、エゴの自分が邪魔しているだけと言い聞かせ




現実を振り切って自分にダイブした。










当初はいつも自分から逃げてたから、私に何回も泣かされたよ。笑




それでも来るんだもん。凄いよ、彼女本気だよ。







最初は言葉も発せれなくて、涙しか流してなかったのだけど




私に追い込められて笑




ちゃんと自分に寄り添っていたら




最近、別人みたいにグランディングしてきてね。







すごく善い言葉の表現をするようになった。







だから、他の会員様を集めて




ナラティブ・セラピー(物語療法)をやってみた。







ナラティブ・セラピーは、簡単に言うと3人グループで絵本を作るもの。




その彼女の絵。
上手いよね😂皆ビビってた。




ヨーロッパでは、絵本は芸術の域。







そして人間は、人生のシナリオを8歳位から作りはじめ(無意識で)、




それが15歳くらいで完成し




その物語を18歳から生き始めているんですね。※個人差あり







今、自分の生きたい人生を生きていない人は、このシナリオを書き換えると面白いことが起きるんだけど




なんと私がやっているゴッドマザー式のこのナラティブ・セラピー!







自分で自分の物語を書くのではなく




他人の物語を作るのです。




コレは違うお客様の絵。
因みに彼女は、理系。
なんか、ドキッとする絵だよね。。。







ほとんどの人がさ、限られた時間で自分のだったら適当に作んだろ?笑







私は絶対そうだよ。ラーメンとかも人に作るときは、ラーメン屋なみの作るけど




自分でラーメン作って食べる時、面倒くさいから鍋からそのまま食べるもん。笑




一回それで、やけどしたからもうしないけど。笑 あ、どーでもいいわなこの話。




過去のシナリオのシーン。




でも人の人生を作るとなると、ものすごい集中力が発揮されるわけなんですよ。




ということは、




自分が知らなかった、自分の感性が開いてくるんです。







しかも、人様の感性や創造力で、自分の人生を描いて頂くわけなので




もちろん、予想外のものが目の前に出てくる。







これが過去の思い込みや観念をぶち壊すんです。







自分で自分の物語を作っても、結局は過去の延長線上の未来しか思い描けない。







でも、そこに人様の感性が入ることで




根強い思い込みが、一気に壊される。







まさに




共同創造。










理系のお客様は、最初は人の物語を、私がまた物語にするっていう意味がわからない、、と仰っていたのですが




やり始めると、凄い深い物語を描いてたし




絵も、なんか彼女の闇が出ていて、とてもスタイリッシュな絵で私は好きだった。







終わったあとは、描いてもらった絵を写メして待受にしているそう❤







現実でも、面白いことが起き始めているようで




私もとても嬉しい。







私はこのナラティブ・セラピーを、これからもっと深めていきたい。と思って




また学び直してる。







8月から始まるセラピスト養成講座にむけて




次は6月に、また皆でこのセラピーをやるので、私もとても楽しみです。




私が一番好きな絵本は、これ(ΦωΦ)
輪廻転生、
愛とはなにか?
永遠はあるのか?
読むたびに、自分の解釈が変わるのも面白い。