Column


先日お客様から久しぶりに




私とは別世界のSNSに生息する美魔女、キラキラ女子、、、って言っても




40歳過ぎた人なんだけど、




そのエステティシャンの○○さんって、香織さん知ってます?と聞かれたのですが、もちろん知るわけもなく。。。





お客様も、『こんな人いるんだ。。』と、




若干引いた感じでお話されていて、それが面白かった。笑





話を聴いていると




え?まだそんな人種、生息してるの?って感じで(物質至上主義)




面白くなってきて、その方のブログを2記事くらい読んでみた。





一記事読んだだけで、心臓が痛くなってきたんだけど。笑





そこには、40歳過ぎた若作りのおばさんが、マジとかヤヴァイとかそういう言葉遣いでブログを書いていた。




・・・・痛いなぁ・・・と思ったけど




私もやっているんだよね😂へこんだわ。





話し言葉で書いたほうが伝わると思ってわざと崩して書いていたのですが、、、、、
私も 36歳になります。。。。
年齢で人を決めつけるのは好きではないですが




品格を問われる年齢って、必ずあるからね。。。。




その方を見て、これからは綺麗な日本語美しい言葉遣いで記事を書いていこう。とマジで思いました。




・・・・・・・・




笑。




どんな人でも、自分の欠片ですからね。









さて今日は、サロンにお越しになったことはないけれど




いつも このちょっとおかしいコラムを、読み続けて頂いている貴女に




招待状です。




ちょっと長くなるのですが、今日の記事は、こういう方に読んで頂きたい。





✔夢は叶わない。とか思っているかた。




✔夢を諦めてしまった方。




✔健康、美容の本質の情報が知りたい方。・・・は次のコラムへ。




✔5月20日 空けれる方。
ご興味ある方は先を読んでください。




私がカリスマ美容師に憧れて、リュック一つと5千円と夢だけ持って高校卒業式の次の日に、東京に上京してきた。という過去があることを、覚えて頂いているでしょうか?





で、見事その夢は敗れるのですが。笑







正確には、美容師にはなったけどカリスマ美容師にはなれなかった、、、、




というと人のせいにしているみたいで嫌なのですが




諦めたわけですよ、自分で。





でも当時から、シャンプーの指名とかは、なんだかダントツで笑。





夢を諦めて、田舎に帰る。。。なんて大旗振って、親を説得して上京してきた私にはなかったので




食いつなぎで、エステティックの道に入りました。







西田家は、ライオンの子育てですから、親もどんな想いで東京に出したと思ってる?成功するまで帰ってくるな。とか言う親なので 笑。(今思うと、本当に両親には感謝しかないわ。)








とにかく自分なりにやってきて、




他人軸の幸せではなく




自分軸の幸せというものを体得した訳です。








そして、それから15年後。





表現ARTとの出合いで、自分の初めての夢を叶えることが出来なかった自分自身を、許せるようになりました。(これは、ゲシュタルトの崩壊と言って心理の話なので、また別記事で。)





その直後だよ。。。。





当サロンのお客様Rさまを介して




当時 カリスマ美容師で一時代を作った美容師さんをご紹介頂いたのは。







別に紹介してほしい。とか言ったわけではないし




私は、当時のカリスマ美容師達に幻滅してるわけですから




正直会いたくもないわけですよ。





嫌いだし、




何より古傷が痛むし・・・・笑







でもねぇ~カリスマ美容師のカット直後のRさまの髪を見たら、




なんか涙出ちゃってねぇ。。。














美しくて。














気高かったんだよ。




斜に構えている私を、一瞬で黙らせるその技術。




あれは忘れないね。
(Rさまは、当時はまだ3回目くらいで、私もRさまのお身体にそんなに沢山ふれていなかったのです。でも、ヘッドトリートメントのとき、Rさまだけ、私の手に髪が絡まらなかったんだよ。今もそう。普通は手に髪が絡むの。)







そしたらR様が、その私を見てカリスマ美容師に手紙まで書いてくださったようで




なんか、あれよあれよという間に、カットして頂けることになったのです。





言っとくけど、カットだけで2万円だからなっ!




カッチョ良いだろ。







そのカリスマ美容師。
もう新規はやってなくて、それでも切ってほしいってお客様は後を絶たず、1年以上待ちらしいんだ。





いやぁ、、その日の記憶を思い返すと




当日は本当に恐かったね、カリスマ美容師に会うのが。




カリスマ美容師が恐いんじゃなくて




自分の古傷、、、トラウマが、どんな反応をするのか?
私の中で美容師とカリスマ美容師は違うから、本当に恐かった。







そして湧いてくる




『私なんかが、行っていいのだろうか?』




という自分自身へ感じている無価値感。










正直、当日のことは覚えていないと言うかあんまり言葉にしたくないんだよな。





あの言葉にならない感情を言葉にして、枠に当てはめてしまうと




なんか清らかなものを冒涜している感があるので




自分の中に、大切にしまっておきたいのです。










でもカット後の話を少し。








泣くよな。








そりゃ泣くわ!









圧倒的な技術だった。




次元が違ったね。





しかも本当に謙虚な方で
一番ビックリしたのが、私が普段美容の本質とか、




技術=人間力  とか言っていることと、




全く・・・
まーーーーーーーーったく同じことを仰ってたわけよ、そのカリスマ美容師が。




あれ?私、、、この方とどこかでお話したっけな??とか、ちょっと錯覚起きるくらい一緒のこと仰っていたわけですよ。







で、対等に扱ってくださるわけ。







鏡越しに、カリスマ美容師と対話しながら




夢って、、、、形を変えて、想像を超えて、叶うんだ。。。。




と、思った記憶がある。







15年越しだよ。笑




結構ドラマになると思いません??笑







でも同時に、恐れの感情もわいてくるわけです。







それは
・・・・・・・私なんかが、、、




・・・・・私なんかが、こんなすごい人に、こんな扱いを受けていいのだろうか?







自分の無価値感を手放せないでいる、もう一人の自分への声掛けが、ハンパなかった。




※エゴ=自我は、無価値感を手放さないほうが、色々なメリットがあるんだよね。




例えば無価値感を持っていれば、自分は被害者でいれる。




頑張らなくていい。努力しなくていい。挑戦しなくていい。傷つかないでいい。




挑戦しなくていいから、失敗もないから人に馬鹿にされない。




何より自分自身に幻滅しない。




とかね。人によってケースは様々だけど。







Rさまとカリスマ美容師のお陰で、




私の表層上のトラウマ(=私には、夢を叶える力はない。という無意識の思い込み)は癒やされたんだけど




一旦記憶の蓋が開くと、そこから色々な記憶が蘇ってきて(俗に言うインナーチャイルド)、




しばらくは自分自身と徹底的に向き合って、自分を癒やす時期がありました。







そして去年のクリスマス。




久しぶりに朝まで飲んだ、あのクリスマス笑







私はハートを全開に開いて、沢山の人達と繋がって共同創造をしていく!




と、決めました。







しばらく現実で動きはなかったのですが




ここにきて、動き始めました。







それを貴女と、




ネットではなく




生でシェアしたいと思います。







続く>>