Column


PHOTO by マイキー  ↑







先日、あるお客様の一言。




こちらのお客様は、クライアントはほぼ男性のやり手。




「本当、、女のクライアントって感情的だから面倒くさい!香織さん 女の人相手に本当に凄いよね!私は本当にきつい!」







ある男性は、接客員。こんなことを言っていた。




「女の人は、一度望みを聴くと、欲求がどんどん増えてくる。それを聴かないと最後は憎しみに変わるから、いろいろ大変なんだよ。」










私は、男性が女性を相手にする商売って、女が女を相手にするよりも




簡単に集客出来て良いよなぁ。。。と思った事があったけど




これを聞いて、心から懺悔した。







そういう類の女達は、それこそ自分で自分をわかっていない人達で、私も昔は本当にそういう女達に苦労した。笑







今の私は、そんな客はお客様では無いから、相手にしない。来たとしても私が相手にしないので、他にチヤホヤしてくれる人を求め




そういう類の女は来なくなる。







同性同士だと、結構キツイこと言えるが




でもこれが男対女や、社会的地位がある職業だと、そうはいかないのだろう。




今は、社会的に 男が弱い立場になっている感じはあるよね。










私は、包容力のある男なんて幻想だ。と思っているし




西田文郎先生の名言通り、男は永遠の6歳児だと思っているし




男は、インナーチャイルドの塊だと思っている。




どんなに達観した方でもね!










だから男の人が幼稚でも、それに勝る才能や魅力があれば




私は何も問題はない。










だがしかし!!!







女でいい歳して、インナーチャイルドの塊の人は




結構 許せない 笑。







何故なら、私はそんな女たちに、色々苦労してきたからだ。笑







自分にインナーチャイルドがある事も気づけない女、




自分がアダルトチルドレンなのも気づかない女は、狭い思考だけの世界で生きているから




視野も考え方も狭いく




親しくなりだすと、マウンテングが始まり




そして人を支配しようとする。無意識でね。







※自分の取り残された子供の部分に気づいて、どうにかしようとしようとしている貴女のことは、私は尊敬します。







特に私は、いい歳して独占欲が強い女に纏わり付かれる事が多々あった。







私はこう見えて、身内並みに側近の方々に言わせると




天然記念物並みに 良くも悪くも超絶ピュアらしいから(だから時に残酷)




嫉妬されている事や




支配されようとしている事にも気付かず、ただただエネルギーが弱くなっていっていたんだけど、




昔は それさえにも気付けなかった。







エネルギーが弱っていくわたしを見て(酒の飲み方に出るんだよ😂)




「香織ちゃん、それ、独占欲強い人だから関わらない方が良いよ。そういう人は、香織ちゃんの事も、色々わかったふりして他人に話しているから。サイコパスだよ。」




と、皆が教えてくれても




ええ??そうかなぁ??




と、忠告を聴かず、最後は痛い目を見て




『やっぱりそうだった!』とか言っている。😂







そして一人で、見抜けなかった自分に対して




狂ったように怒っている。。。。まるで一人コントだ。😂







※私の場合は、傷ついている自分を認めたくなかったから、怒りで表現していたんだよ。傷ついている自分を認めると、悲しみで動けないでしょ?怒りのエネルギーは原動力になるからね。怒ってるほうが行動派の私には楽だったのだ。










女って恐ろしい。




女って面倒くさい。




聡明な女って、そうそういない。。。。




何で私は、面倒くさい女に生まれ、面倒くさい女相手の仕事を選んだんだろう。。。







私はそう思いながら、この仕事をしてきた気がする。もちろん無意識でだ。







だから、人がずっと怖かった。




男の人は、皆優しいから、男の人は大好きなんだけど。😂







独占欲の強い女達のエネルギーは半端ない。







いい歳して、自分をhold出来ていない哀れな女たち。







私は絶対に、こんな歳の取り方はしない。




。。。。。。













あ”?











おいちょっと待て。







でもこの人達に感情が動いているって事は、










この人たちって、、、










私のシャドウ?!
















くーっ!








受け入れたく無いが、これは宇宙の秩序。。。。例外はない。










自分の人間関係(現実)は、全て自分の内側の投影。




↑ハイここ、何度も言ってますねー!大事なところです。










そんなこんなで、昨年から 表現アートを通して




自分の中での 本当の破壊と創造が始まった。







で、先日




ゴッドマザーに個別で呼び出しがかかり、個人セッションを受けてきた。







私の飲み込みが早いのと、




ある事で、私の中に滞りがあり、1人悶々としていたのを、察してくださった。







で、詳細は避けるが




私はセッションの中で、埋もれていた三人のインナーチャイルドを見つけ出した。







その中の一人が、こういうことを言っていた。




小学3年生位の女の子だ。




『私の大切なものに、触らないでっ!!』




こういうのって、イメージで来るから、言葉なんていうのは後付けなんだけど。。。




自分のものを、取られる!これが無くなると私の価値が無くなる!と怯えていた。







ゴッドマザーに通訳を求めると




その女の子が大切にしているものを、




人生というキャンバスに例えてくれた。







。。。。。。




私の真っ白い美しいキャンバスに、勝手に触らないで!




私の大切なものを、取らないで!




これは私のものっ!







小3の女の子は、必死でそのキャンバスを守っていたよ。




取られると、自分という存在が無くなる。と怯えてね。




もう可愛すぎた。







でも彼女は、もともと太っ腹な子だから




キャンバスは、無限に大きいという事に気付いたら、皆で一緒に絵(人生)を描こう!とか言ってたよ😂










皆、インナーチャイルドというと、怖がる人もいるんだけど




めちゃめちゃ可愛いよ(^o^)❤❤自分だしね。










ああ~。。。。




独占欲の強い女たちは、この子の存在を教えてくれるために




何度も何度も、私の前に現れてくれたんだなぁ。。。




私に恐れの感情があることを教えてくれるために、そういう女の人達と




接点があったんだなぁ。。。って瞬間的にわかった。







やっぱり彼女たちは、私だった。







シャドウだよ。







そこからまた、意識を深くして




いろいろ見ていったんだけど、あんまり言語化したくないから




気になる方は直接聴いてください。







トラウマを通るのは、やっぱりきつかったけど、




最後は案の定




本当に、愛しかなかったよ。







ただ




そこに在る。







皆 ありがとう。




って感じだった。







同時に、独占欲が強い女の人達は、本人も気づいていないけど




彼女たちも深い部分では、苦しいんだろうなぁ。。って、わかった。







でもそれは、私の問題ではなく、当人たちの問題だから、自分で解決していくしかない。







こういうのは、若い時の方が良いと思う。




ある程度歳重ねて、自分と向き合う事が出来る人は、ほぼいないと思うから。







自分を知っていく行為って




それまでの人生を、全否定したくなる過程が出てくるからね。やっぱりそこそこ幸せな人には難しいよ。










心の垢が抜ける=垢抜ける  







セッション後に会った相手には、涙でメイクは全部落ちてたけど




綺麗になったね。




って、言われたよ(^o^)







その後はしばらく頭痛が続いたけど、、、




もう頭で考えさせない。もっともっと感じて生きてほしい。




って、身体に言われているようだった。







ゴッドマザーの元での、BODY&ARTのときのWORK。
エネルギーワークのときかな?
BODYは本職だから、本気でやったらペアの方が私が触った瞬間泣きだされてたよ。電流が走ったって。

私、仕事の時ってこんな顔してるんだぁ・・・・いい顔してんじゃん!祈ってるみたいだね。って、自画自賛。手も良い手してるし。
髪がボサボサなのがちょっと。。。だけど。😂

もちろんカメラマンのマイキーが、私以上に私をわかってくれているのは大きい。





みなさんも、ぜひ




真剣な時の自分の写真を撮ってもらって、しっかり見ることをオススメします。







別に人に評価してもらうためじゃないよ。




人の評価なんて、どうでも良いんだよ。







だいたい人の事評価する人は、自分の人生生きてない人だから、そんな奴の意見に価値などないんだから。







カメラなんか気にせず、自分に没頭している時。。。。




自分が知らない もう一人の自分が、そこに居るよ。







そんな自分を見て、きっと自分をもっと好きになると思う。







本来の美しさを思い出そう。




解放して、内側から美しく。